大山正面登山道

剣ヶ峰
弥山山頂にて。
剣ヶ峰が美しい。

山口さんに誘われて大山の正面登山道を登ってきた。
こんなところ本当に登れるのだろうかと疑心暗鬼だったが、
意外と登れた。
が、とても怖かった。
こんな登山は初めてだ。
とてもいい経験になった登山だった。

■ルート
桝水高原スキー場(8:00)

そのまま桝水高原からだらだらと取り付いて弥山まで直登

弥山山頂(12:00)

桝水高原スキー場(15:40)

下山(16:00)
結局八時間
ちょっとかかりすぎ
ルート


例のごとくちょっと遅刻して桝水高原スキー場着。
ささっと着替えて登山開始。
まだスキー場はオープンしていなかったため、
整備する機械があちこちで動き回っていた。
辺りは雪だらけだったが、全く寒くなく、
あまり雪山を登っているという感覚はなかった。
桝水高原スキー場てっぺんからアイゼンを装着。
IMGP1462.jpg


スキー場はなんというかまったりとした空気だった。
シーズンもほぼ終わり、あとは冬眠というか春眠でもするんだろう。
たいして客を歓迎するような感じでもなく、
のんびりとしていた。
そのあたりから登山が始まる。
標高がまだ低いため雪もゆるく、アイゼンなんか使わなくても登れるのではないか
と思ったほどだった。
ちなみにストックは持っていかなかった。
必要ないとのことだった。
ストックなしの登山は初めてだと思う。
その意味は後々知ることとなる。

斜度は結構きつかった。
40度くらいとか言ってた人もいた。
ここを滑ったら止まらないだろうなとひやひやしながら
藪を伝いながらてっぺんを目指す。

森林限界を迎えてからが怖かった。
ピッケルをさすも全く刺さらない。
景色、非常にきれいだが、とても怖い。
眼下に桝水高原スキー場があるのだが、
その斜度があまりにも緩やかすぎることに違和感を感じる。
なんてところだ。
滑らないように一歩一歩に細心の注意が必要だった。
壁は一面氷だ。
ちょっとした気のゆるみが滑落につながる。
ここを滑り落ちたらまず止まらないだろう。
確実な死が待っている。
ピッケルをしっかりと雪に刺し、
アイゼンで足場を固めて一歩一歩確実に登る。
IMGP1475.jpg


徐々に標高が上がっていき、
ドンドン空気は冷たくなってくる。
下はまったりとして閑散としたスキー場。
そこから数時間登ればそこは確実に己との戦いとなる戦場だったのだ。
S__311402507.jpg
これ、一応自分です。

S__311402510.jpg
とても急斜面。
写真じゃ伝わりにくいと思うけど、
スキー場よりはるかに角度が付いた斜度だということがわからんだろうか。
また、周りにつかむものが一切ない。
路面は雪に見えるが、カチカチの氷である。
一度滑ったらおそらく下まで止まることはない。
IMGP1486.jpg
ここまで登るとスキー場は尾根の向こうに隠れてしまった。
斜度もだいぶましになる。
山頂も近い。

ピッケルでの滑落防止がいかに大切か、今回の山行では思い知った。
うまくピックを刺し、抱え込むようにして持ち、アイゼンで足場を固める。
本当に安定した。
絶対に落ちる気がしなかった。
その体制のまま一歩一歩確実に登る。
すごい時間はかかるが、その一歩の積み重ねが必ず山頂につながっている。
冷や汗をかき、不安になる思考をなんとか押しのけて
登るしかなかった。
YCC.jpg



正午頃。ようやく弥山山頂までたどり着く。
登りに四時間かかった。
かなりハードだった。
山頂は登山客であふれていた。
そこここから色々な人が色々な方法で姿を現す。
バックカントリー組も多かった。
S__311402502_0.jpg


時間がなかったためそそくさとカップ麺を食べて下山へ。
下山中もとても怖かった。
何とか落ちないように、滑らないように気を引き締める。

藪の中に入ったとき、本当に良かったと思った。
藪なんて全くいいものではないが、
この時ばかりは心から感謝した。
つかむものがある。
この安心感がすごかった。

その後まったり下山し、帰路へ。

こんな厳しい山行は初めてだった。
怖かったが、とても楽しかった。
貴重な経験ができた。
また、次回も参加したいと思う。
スポンサーサイト
2017-03-21 : 登山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

続カメラのレリーズ【Pentax K-70】

先日、カメラのレリーズがどうしてもほしくて色々と研究を重ねた結果、
安い社外品のレリーズを買った。
そして後悔をして、悩んだ末に高い純正レリーズを買った。

20170218_142109.jpg

左が純正、右が社外品。

■純正のいいところ
・小さい・・・自分が使っているカメラバックに入る
・電池がいらない・・・接続するだけ
・軽い

■社外品のいいところ
・タイマーなど色々な機能がついてる

使用用途が登山とかツーリング時の写真撮影で
あまり多く荷物を持てないので断然小さくて電池がいらなくて軽い純正のほうがうれしい。
ただ、機能はあんまりなくて、タイマーついてないから
シャッター開放してる時間は別のストップウォッチとかで
計らないといけないいけなかったりとかするけど。。。
シャッター切るだけが目的だったら問題ないように思う。
とりあえず、純正メインで使っていく予定。
2017-03-04 : Pentax K-70 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

キリン峠BC

IMGP1363.jpg


厳冬期のキリン峠には行ってみたいと思っていたが、
とても怖いところゆえになかなか勇気が出なかった。
たまたま所属している山岳会で行ってみようぜという声が聞こえてきたので
真っ先に声を上げた。

俺も行きます。
前日はバイク仲間の新年会で遅くまで飲んでいたが、
そんなことは関係ない。
早朝に起きて大山に向かった。

日時:2017/2/26
ルート:
7:00 奥大山スキー場 → 車で大山古道まで移動
7:30 大山古道入口
9:00 鍵掛峠
11:20 文殊越
13:30 キリン峠
=== ここからBC ===
14:40 木谷入口付近
ちょっと迷子
16:00 奥大山スキー場


前日にバイク仲間の新年会でしこたま飲まされ、
もう起きたくない状態だった。
なぜか五時に目覚める。
これは行くしかない。
色々と支度して七時には奥大山スキー場についていた。
これはよかった。
大山南壁のモルゲンロートだった。

IMGP1351.jpg

大山が真っ赤に燃えていた。
超絶きれいだった。
こんなにきれいに燃えている大山を見ることも少ないように思う。
目を奪われた。

その後、大山古道に移動。
まさかここから登るとは思わなんだ。
今回、三人だったが、全員雪道は慣れていたようで
だらだらと鍵掛峠を目指す。

IMGP1376.jpg

9:10鍵掛峠。
どこか妖艶な雰囲気をかもしだしていた。
エロい。
でもちょっと怖い。
この時期にここまで来ないと見れない、絶品の鍵掛峠だった。
これ以降、雪が降り出し視界はゼロになる。

ここからスノーシューをアイゼンに切り替え、鍵掛峠から文殊越まで直登で
急斜面を押し進む。
がりがりだった。
雪庇も怖い。

雪も結構降ってきてどんどん積もってくる。
世間一般ではもう雪解けが進んでいるというのに、
さすがは大山。
まだまだ厳冬期の気配がそこここで漂っていた。
幸いにして風はほとんどなく、
されとてさほどのラッセルが必要なほどでもなく、
三人にルートを開拓して文殊越を目指す。
このルート、一般ルートではないはずだが、
そこらにピンクロープが結んである。
誰かが通るんだろう。
面白いルートだった。

11:30文殊越到着。
他にトレースはなかった。
しかしちょっと進んだらバックカントリーのメッカになっていて
そこらにスキーやボードが滑走した後が消えずに残っている。
今日も何人も登っているのだろう。
俺もワクワクしながら、ボードを担ぎなおした。
しかしながら、ここからとんでもない重雪で
とてもアイゼンでははまって前に進まないため
再びスノーシューに履き替える。
ここからの斜度は半端なかった。
がっつり先頭を切ってガシガシ上る。
そんなにラッセルはしんどくなかったが、
何せ斜度が急すぎる。
すごい消耗した。

IMGP1414.jpg

がっつり登って
13:30。
キリン峠に就く。
ここから眺める大山東壁は恐ろしい。
畏怖の象徴にも見える。
吸い込まれるような、お前は帰さないぞと訴えかけるような
そんな悪魔のような様相の大山を見ることができる。
怖かった。
それでもそんな恐れ多い大山をこの時期に拝むことができたのは
本当によかった。
もう二度と来ないかもしれない。
ましてやこんなに雪が積もった厳冬期のキリン峠だ。
よっぽど覚悟がなければ来れない。
来てよかった。
ここまで戦ってよかった。
そう、心から思えた。

昼ご飯は食べている時間がなかったので
早々に帰路に就く。
帰りはスノーボードに履き替えバックカントリーをした。
ボードが自分一人で他はスノーシューだったため、
キリン峠からの直滑降は避けた。
本当はしたかったが、なだれ、滑落の恐れが
あまりにも高い急斜面だったため、
少し降りたところから滑り出す。
それでもターンするのも強烈な体力を必要とする
重雪で、ところどころだらだらと降りながらのBCとなった。
なにより開始六時間後のBC。
足が悲鳴を上げていた。
かなり疲れていた。

当初は文殊越えでスノーシュー組と合流予定だったが、
思いのほか下まで滑り込みすぎていたため、
そのまま南西に進路を取り、冬季は封鎖されている
県道45号線を目指し、そこから車が止めてある奥大山スキー場を目指す。
この時、一人での滑走となってしまい、方向感覚も自信がなく、
とても怖かった。
幸いにして県道45線上でうろうろしていたら
同行していた二人と偶然にも合流でき、
大事にはいたらなかったものの、
怖かった。
単独BC、絶対やめようと思った。

とはいえ、とても楽しい山行だった。
知識と経験と技術を積み重ね、またこんな山行がしたい。

IMGP1424.jpg
2017-02-27 : 登山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

初BC【恩原三国山】

IMGP1342.jpg


2017/2/19日曜。
初のBC(バックカントリー)に恩原三国山にスノボー担いで登ってきた。
最高の天気に恵まれ、最高の山行になった。

恩原三国山
9:30恩原三国山スキー場

12:20ギラガ仙???

14:30下山

週間天気予報では曇天真っ盛りで全くの景観など期待していなかったが
朝起きてみたらところどころに青空が広がり、
スーパーコンディションの中での山行に心が躍る。
だらだらとみんなで恩原三国山に向かった。
ちと遠い。
6:30に大山を出発して
恩原三国山着が9:30.
遠い。
でもよい山だった。

IMGP1245-2.jpg

急斜面は一切なく、気温も高く、風もなく快晴。
雪山にしてはパンチにかけるが、
歩いていてとても気持ちがいい、間違いない気候であることには
変わりがなかった。
ザックにボードを担ぎ、スノーシューでザクザクと前に進む。
あまり沈まなかった。
昨晩、新雪が降っているはずだが、
風でかなり飛ばされてたのかもしれない。
ツボ足でもあまり問題はなさそうだった。

IMGP1319.jpg

雪崩の心配もなさそうな感じで
路面もまったり平坦。
スノーシューハイクにぴったりの山だった。
なにより景色が絶景。
遠くに蒜山大山も望める透き通った空気の中を歩く。
高揚感がはんぱなかった。

今回はわざわざスノボー用のウェアでスノボーを担いで上がった。
人生初のバックカントリーだ。
今の装備でBCができる気がしなかったので
今までやっていなかったが、やってみたら意外とできた。
これは楽しい!

IMGP1345.jpg
ここ、ギラガ仙からの下りを一気に滑り降りる。
時間にして三分。
ここまで三時間くらいかかったろうけど、
その三分を堪能する価値はあった。
ふわふわのゲレンデでは絶対に堪能できない
パウダースノーの中を木々をかわしながら滑り下りる。

IMGP1301.jpg

初めての体験だったけどとんでもなく気持ちよかった。
スプリットボードにお金いっぱい出す気持ちがわかった。
ちょっとほしくなった。

14:30全員無事下山。
とてもよい山行だった。

今年、雪山には何回行っただろう。。。
わからんくらい登っている。
とてもいい。
マジでいい。
今年の雪はいい。
天候にも恵まれて最高の雪山を堪能している。

しかし、そろそろ無雪期の山に登って
山頂デイキャンプがしたい今日この頃。
山頂雑炊が食べたくなった。

来週はどこの山に行こうかな。
2017-02-20 : 日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

龍頭滝(pentax k-70 レリーズ)

20170205_ryutugataki5.jpg


さすがにせっかく一眼レフ買ったのに手押しはまずいだろと思い、
レリーズを買った。
ペンタックス純正は高いのでレリーズは社外品でも問題ないだろ
と思い、社外品を買った。
結論・・・こいつはいけない。

20170205_142344.jpg

まぁこんな感じでくっつける。
いけないのは、K‐70からレリーズの仕様が異なっているということだ。
普通にはつかなかった。

20170205_142248.jpg

これが買った社外品のレリーズ。
先端のジャックを見ると、若干細い。
これは超マイクロステレオ端子というものらしい。
φ2.5のやつ。
しかしK‐70はφ3.5のマイクロステレオ端子というやつでないと
つなげないのだ。
細い。
φ2.5は細すぎる。

ということで互換プラグを買ってφ2.5 → φ3.5にしないといけない。

互換プラグが売ってない。

φ3.5 → φ2.5はよく売っている。
しかし
φ2.5 → φ3.5は全く売ってなかった。
少なくとも島根県の色々なホームセンター、電気屋さんをうろうろしてみたけど
全然売ってなかった。
しょうがないのでアマゾンに頼む。

20170205_142255.jpg

これである。
接続来ると上記のような写真になる。


しかしこれがよくない。
まず、接続が甘い。
グラグラする。
あまりくっついているように感じない。
さらにレリーズで撮ろうとするけどかなり撮れない。
シャッターが落ちない。
結局本体の二秒セルフタイマー使った方が早いし
正確だったためセルフタイマーで撮影を行う。。。
家に帰って速攻でアマゾンで純正を頼んだ。
純正の性能に期待。

とりあえず雨の中龍頭滝を撮りに行ったのでその映像。
20170205_ryutugataki7.jpg

この日は雪解け水と雨で水量が相当増えてて
雄滝はただの水の塊だったけど、
雌滝がすごいいい滝でした。
2017-02-05 : Pentax K-70 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

山岳パトロール@大山夏山登山道

所属している山岳会、YCCが大山の山岳パトロールを行うとのことだったので
若輩者の自分も参加してきた。
事前の天気予報では吹雪とのことだったので
景観は一切期待できない修行山行かと思っていた。
しかしながら下山時、雲が晴れ最高にきれいな大山北壁と三鈷峰を
拝むことができた。

2017/1/21
8:15 大山どんぐり村集合
8:30 大山寺駐在所
9:20 南光河原駐車場
10:50 六合目避難小屋
11:50 八合目
これより先は吹雪のため先に進むと危険と判断
撤退
13:00 元谷避難小屋 昼食
13:30 元谷避難小屋を出発
14:20 大神山神社

前日、1/20金曜夜。
寒波到来によりすごい風が自宅付近を吹き荒れる。
翌日の山行が非常に不安だったが、
朝起きてみると風、雪の影響は思ったよりひどくなく、
集合場所にも時間通り到着することができた。

大山寺駐在所へメンバーと一緒に乗り合わせで集合するも、
同行する警官が無念の遅刻だったため、
出発が9:00を過ぎることになる。
まぁ仕方ない。。。
下は全く吹雪いていなく、とても新鮮な空気の中を登ることができた。
これぞ雪山の醍醐味。
天気予報で吹雪となっていたためか、
他の登山客はいなかった。
六合目まで三人くらいしか会わなかった。

六合目から、尾根に出るため様相がかなり変わる。

IMGP0854.jpg

七合目付近。
ものすごい風と吹雪で視界はほぼゼロだった。
11:24の一枚。

八合目、撤退を決断。
確かにこれ以上は危険だ。
そんな中、上からバックカントリーでスキーで滑ってきた五人組がいた。
七合目付近で遭遇するが、一名が目の前で滑落する。
三四メートル落ちて動かなくなる。
非常に危険な場面だった。
見ている方もとても怖かった。
数名が「大丈夫か!?」と大声で確認をしており、
数分後本人がスキーを外し、なんとかよじ登ってくるところを確認できた。
人数がいた方がいいだろうとYCCも数分その場に待機。
最終的には本人と仲間の力で何とか救い出していた。
バックカントリー、こんな恐怖もあるのか。
おそらく本人はとても怖い思いをしただろう。
これにめげず、心身を鍛え、また山に登ってほしいと思った。
もちろん、自分自身の心身も鍛錬を続けなければと
肝に銘じるいい機会だった。

そのまま誰も降りていない行者コースをラッセルで降りて
元谷避難小屋で昼食。
とてもおいしかった。

IMGP0878.jpg

小屋から出ると、
ガスは消えており、光り輝く太陽の下で
大山北壁が輝いていた。

20170121_輝きの三鈷峰
三鈷峰。
これはいい一枚。

IMGP0875.jpg
光り輝く三鈷峰をバックに記念撮影できた。

IMGP0897.jpg
どんぐり村からの伯耆富士。
楽しい山行だった。

また行きたい。
2017-01-22 : 登山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

【修行】大山ユートピア

世間一般の天気予報では
今日は雨だよ^^
と書かれているにも関わらず、
タクティクスは完遂しなければ意味がないという
信念は俺にはまったくないけど、
なんか集まったし
やっぱ帰ろうぜ!って誰も言わないし、
登りたいし。

本日、大山ユートピアに登ってきました。

○メンバー
本末さん、荒川さん、俺
○ルート
7:30 豪円湯院
8:00 大神山神社
8:30 元谷

ひたすらラッセルやら藪漕ぎやら
行きは砂滑り→上宝珠越からのユートピア避難小屋

12:00ユートピア避難小屋
クリームシチューを作る

12:30 下山開始

15:00
よくわからないところまで降りて
下宝珠越まで上がる

16:00 豪円湯院


積雪期のユートピアは行ったことがなかったため
前からとても行きたかった。
たまたま山岳会のサイトをのぞいてみたら
行きまっせと書いてあったので
すぐに行きますとメールを送る。
夏は何度も登っている。
ユートピア?
まぁ散歩みたいなもんだ。
これがいけなかった。

当日、天気予報は雨模様。
でも行くといったからには行かなければいけない。
集合場所に行ってみると
時間通りに三名が集結していた。
(俺含む)
ここで、誰かがやっぱ帰ろうぜ!って言えばよかったのかもしれない。
しかし誰もそんなことを言う人間はいなかったのだ。
登るしかなかった。
ウキウキしていた。

IMGP0563.jpg

7:30
豪円湯院付近でパッキング。
俺はこの日ユートピア避難小屋で
クリームシチューを作る気満々だったので
水2.5リットル、牛乳500mlの合計3㎏の
液体を背負った。
サクサク登ってシチュー食うぜ!
これは安易だった。
相当安易だった。
サクサク登れるはずもなかった。

8:00.
大神山神社で参拝。
開始三十分にして早速雨脚が強くなる。
各自ザックカバーをして雨に備える。
おかしい。
今日は散歩登山と思っていたが、そうでもないようだ。
さらに誰も帰ろうといわない。
やる気満々だ。

8:30
元谷。
まだまだ登る気満々だ。
よしいったれ。
俺もここまで登って覚悟を決めた。
砂滑りコースをがりがりと登る。
道、だったかな??
まぁとにかく登る。

IMGP0579.jpg
途中、ホントに道がなくなりみんなでラッセルする。
これぞ雪山だぜー

IMGP0583[1]
藪もいっぱいこぐ。
これぞ雪山だぜー。

汗どろどろになる。

IMGP0587[1]
ユートピア避難小屋。
とんでもない風が吹いていた
危うく風で体が持っていかれそうになった。
すごい。
これが山の力か!
何とか踏ん張って、ざくざくと一歩一歩を歩く。
とにかく小屋へ。
その一心で歩いた。


IMGP0586.jpg
12:00
ユートピア避難小屋。
途中迂回もしたせいか
登りで5時間近く使った。
下ごしらえしてたので10分くらいで作る。
一応高山用のガス持って行ったけど
あまりに寒すぎて火力が安定しない。
すげーな山。
なんとか沸騰させる。
山シチューとてもおいしい。
感動して帰路に就く。

帰りも四時間くらいかかった。
とても楽しい山行だった。
温泉気持ちよかった。
これから寒波も来ていよいよ雪山厳冬期到来。
今年は雪山がとても楽しみ。
2017-01-09 : 登山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

Hiroshi

Author:Hiroshi
-MENU-


初めまして、こんつは。
Hiroshiと申します。
どうぞよろしくお願い致します。
私生活を脈絡なく綴る
日記ブログです。

○登山・・・鳥取県大山中心に
・登山歴3年の初心者。
・米子クライマーズクラブに所属。


○バイク・・・たまにツーリング
・愛車:CBR250R 2013年式
・バイク歴は7年くらい

○カメラ始めました:
・愛機:Pentax K-70

○キャンプ・・・
・最近は登山&キャンプ、
ツーリング&キャンプの合わせ技が多い

島根県在住

経県値&経県マップ

まだまだ未熟です><

月別アーカイブ

ランキング

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


以上のランキングに登録しております。

ブログ内検索

PHOTOHITO

PHOTOHITOブログパーツ

アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

History

NEARDB

Get Firefox

皆さんもFirefoxユーザになってみませんか?
Get Firefox