スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

【南アルプス遠征】甲斐駒岳【そして撤退。。。】

一週間前からてるてる坊主を毎日作っては快晴祈願をしていたが、
全く天候は回復することなく、おそらく自分の登山歴に中では最も最悪、
最悪の天候下での山行となった。
所属している山岳会の山行報告にあげようと思ってたけど、
あまりにひどい撤退具合のため、自分のブログにだけあげることにした。。。
まぁひどい山だった。
それでもとてもいい思い出になった。

【行程】
2017/10/12 15:00
甲斐駒岳直下の北沢峠着

テン泊

2017/10/13 6:30
北沢峠初

2017/10/13 7:30
仙水小屋

2017/10/13 8:00
仙水峠

2017/10/13 10:00
駒津峰直下にて撤退を決意

2017/10/13 12:00
北沢峠

2017/10/13 16:00
仙流荘チェックインあとは野となれ山となれ

【内容】
IMGP4291.jpg

朝六時に松江を出発し、14時には甲斐駒岳の下にある
仙流荘に到着する。
車をそこに置いてここからはバスに乗り換えて甲斐駒岳直下にある
北沢峠に移動した。
車を降りた瞬間、アサキマダラが飛んでいた。
高山にしかいない蝶がそこいらで飛んでいる。
さすが長野!

IMGP4297.jpg

翌日の雨予報にもかかわらず、
登山客はとても多かった。
皆さん小屋泊なんだろう。
こちらはテント三張りと食料と酒。
相当な重量だった。

IMGP4316.jpg


バスに乗っての道中。
この辺は紅葉が素晴らしかったが、
残念ながらバスから降りてみることもできず、
ぼちぼち山を登る。

IMGP4312.jpg

猿もいた。

IMGP4360.jpg

今回お世話になった長衛小屋。
トイレはきれいだし水は豊富だし。
全く問題なし!
ビールもキンキンだった。
一日目の夕食はホルモン鍋。
とんでもなくうまい!

IMGP4330.jpg


酒が進んだ。
そういえば二日分と思って
日本酒二本とウイスキー一本持って上がったけど、
なぜか翌朝起きたらすべてがすっからかんだった。
沢に流されたのだろう。

IMGP4363.jpg
朝5:30に起きてみると早速の雨模様。
テントも自分たちのパーティ三張り以外では一張りしかいない。
シーズンなのに。。。
まぁ天候が天候だけにしょうがないかもしれない。

IMGP4385.jpg

すぐにカッパを着こみぼちぼち登る。
登山道はとても緩やかで辺りには苔むした樹林帯が広がっていた。

IMGP4380.jpg

沢もとてもきれいだった。
しばらく沢沿いを進む。
晴れてたらさぞ映えただろうに。。。
今回はあきらめる。

IMGP4382.jpg

歩くこと一時間。
すぐに仙水小屋が現れる。
テン場もあり、10張り程度なら張れそうだった。
地下からボーリングでくみ上げた水がとめどなく流れていた。
水温4度。
とても冷たく、おいしい水だった。

さらに三十分登り、
仙水峠に。
この辺りから雨と風が容赦なく押し寄せる。
かなり修行だった。

IMGP4397.jpg

そこから登ること一時間。
ぼちぼち樹林帯はハイマツに代わり、
森林限界が近づいてきた時だった。
もうすぐ、駒津峰。
そこから一時間半で山頂だった。
ここで風が容赦なく吹き付けてきた。
とても立っていられない。
思わずしゃがみ、しばらく四つん這いで登ってみる。
だめだ。
とても楽しくない。
その時、先頭を歩いていた勇敢な先導人、Yさんが言う。
「気持ちは山頂を目指しているけど、
とても危険のため、ここで引き返そう!」

この人はなんていい人なんだと心から思った。

全員ですごすご撤退!
本来は北沢峠でもう一泊テン泊し、
翌朝から仙丈ヶ岳に登る予定だったが
急遽変更。
皆で仙流荘まで戻り、一杯飲んで速攻で寝た。
しっかり寝た翌朝長野を経ち、土曜の夕方には島根についていた。

北沢峠に降りたときは全員びしょびしょ。
何人かは登山靴の中も浸水し、ぐちゃぐちゃ。
風がビュービューし立っているだけでも寒かった。
撤退は懸命だった。

南アルプスの中でも名前が知れている甲斐駒岳だが、
シーズン中にも関わらず登山道ではだれにも会わなかった。
また、長衛小屋で昼食を食べていると
何組か下山をしてきたメンバーがいたが、
山頂はみぞれが降っていてとても寒く、
ガスで展望もなかったらしい。
行かなくてよかった。。。

IMGP4394.jpg

今回同行させてもらった最高78歳、平均年齢65以上のメンバー。
自分は荷物持ちとして参加した。
厳しい登山だったが、
とても楽しい登山になった。

教訓。
雨だったら、山はやめよう。
スポンサーサイト
2017-10-15 : 登山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

忘れる努力

今日、色々なことを忘れることにしました。
かなり時間がかかったけど、
色々なものを捨てました。
写真とか連絡先とか。
ホント、ほとんどすべてを捨てて、ゼロになりました。

やってみて思ったのです。
ホントになくなりました。
すごいさみしかったです。
悲しかったです。
色々な接点が全くなくなって、
今はかなり放心しています。

でも、やってよかった。
清々しく思えます。
そして心から思えました。
どうか幸せになってください。
今まで、ありがとう。

今夜は最後に、それだけ思って眠りにつこうと思います。
たぶん、明日になったら、本当に思い出せなくなっているだろうから。
最後の最後に思います。
どうか、いつまでも、元気で。
2017-10-05 : つれづれ系 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

夏用登山靴新調!スカルパ ミラージュGTX

IMGP3948.jpg


今期夏山開山当初から夏靴の摩耗を気にしていた。
ソールがはがれかかっている。
ソールがかなりちびている。
ところどころやぶれそうだ。
なにより今シーズンでこの靴は三年目だ。
初めはこんなにはまらないだろう、ただ登れたらいいだろうと思って、
安い靴を買ったのだが、まさかここまでのめりこむとは思っていなかった。
今度は長くはける靴がほしいと半年探し続けた。
色々な登山屋さんに行っては試し履きした。
あんまりこれだというのがなかった。。。
あったけどめっちゃ高かったり。。。

そんな時、ふと米子にあるアシーズブリッジ米子店からセールの手紙が来る。
10月中頃に甲斐駒岳遠征を控えている自分としては
大きなザックが必要であったため、
これを機に店に顔を覗かせてみる。
ザックは必要だったため買った。
オスプレイの60Lのものにした。
それ以外にも何かいいものないかなぁと思って
店内をぶらぶらしていた。
※ホントはタープがほしかったのでタープを見ていた。
ふと止まると。
靴が置いてあるではないか!!!
それも欲しかったスカルパ!!!ミラージュGTX!!!
赤い彗星のようなデザインもよい!!!
機動力三倍になるかもしれん!!!
しかも超安くなってやがる!!!
すぐに取り置きしてもらい、すぐにコンビニでお金をおろし、
10分後には買っていた。
サイズもぴったしだった。
こいつは奪われるわけにはいかんと即決即断だった。

靴選びで半年待ったかいがあった。
最高の買い物でとてもうれしくなった。
正直ザックよりもうれしい。
とりあえず時間もあったため三の沢最終堰堤までサクッと散歩。

IMGP3992.jpg


買ったばかりでまだ足になじまず、
登っているときはかかとがちょっと痛かった。
下りの時にはなんのしこりもなく下ることができた。
なにより今までの柔らかい靴とは安定感が違いすぎる。
とても歩きやすい。
今回は散歩だったが、縦走を想定して
寝袋やら椅子やら水やらを相当詰め込んで15㎏くらいにして登ったが、
難なく登れた。
※高いザックの破壊力も半端なかった。いいものはいい。

このままだと甲斐駒岳遠征中に足が痛い~><って
なりそうなので、
あと数回は山に登ってみて足になじませ
10/12~10/15甲斐駒岳遠征の時には
問題なく使える靴にしておきたい。

IMGP3962.jpg
2017-10-04 : 登山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

島々⇒徳本峠⇒上高地【初遠征】

登ったのが七月末なので今更感が半端ないのだが、
書いておかないと忘れるので。。。
7/29~7/30と上高地に遠征に行った。
ルートはクラシックルート。
島々という登山口から徳本峠を抜け、上高地を目指すというものだ。
昭和の初めは上高地への直通ルートがなかったため、
このルートが一般道だったらしい。
確かに登山道らしい急な勾配もなく、まったり登ることができた。
。。。ザックが大いに失敗したが。。。

【行程】
7/29
5:30島々 ⇒ 8:00二俣 ⇒ 11:30岩魚止小屋 ⇒ 14:00ちから水 ⇒ 15:30徳本峠
7/30
6:00徳本峠 ⇒ 8:00明神橋 ⇒ 10:00河童橋

まったりペースだった。

初の遠征でドキドキしながら準備をした。
今回はメンバーの会計&料理担当だったので
どうなるか心配だったけど、まぁ適当に準備した。
この遠征のために安もんの60Lのザックをインターネットで購入。
こいつが本当にいけなかった。
登山道具はけちるもんじゃないなと痛感した。

IMGP3378.jpg
島々の登山口まではタクシーで移動。
かなり整備されていた。
近くにトイレもあり、不便は感じなかった。
ダラダラ登り二俣まで。
二俣までは車で来れるらしく、車の轍が残っていた。
治山活動も盛んなのだろう。
二俣のトイレもとてもきれいそうだった。

IMGP3399.jpg


そのままだらだらと徳本峠を目指す。
登山道は本当に整備が生き通っており、藪なども一切なかった。
辺りから湧き出る沢がとてもきれいで心が洗われた。

IMGP3423.jpg


二俣辺りから肩に激痛が走る。
安物ザックのせいだ。
ザックって普通腰で抱えるように背負うと思うんだけど
こいつは違った。
肩にもたれかかってくるようにずっしりと重く、
歩くたびに体力を奪われる。
どこの安物買ったとかはとても書けないが、
(超有名メーカーの逆輸入したやつらしい。メーカー名は山やる人ならだれでも知ってる。)
まぁちゃんとしたやつ買おう。
そう心に誓った。

まぁそれにしても沢がきれいでカメラのシャッターを切るのに夢中になった。
小さいカメラがほしいな。
すぐ出せるように。

IMGP3435.jpg

暑さを感じることなく、急な坂もなく、
まったり森林浴しながら歩けた。
ほぼ、ピクニックだった。

IMGP3456.jpg

それでも先は長いため、ところどころで小休止をはさみながら
登る。
苔むした森も気持ちよかった。
七月末なのに全く暑さを感じない。
天気が曇りということもあるかもしれないが、
それでも気持ちよく登れた。

IMGP3477.jpg

IMGP3480.jpg


岩魚止小屋までは順調に進む。

IMGP3493.jpg

岩魚止小屋は休業してからかなりの年月が経っているらしく、
崩落が激しかった。

IMGP3495.jpg
再会はかなり難しそうだと思った。

ここで大休止。
昼食とする。
ここから三時間。
徳本峠小屋までは大山夏山登山道と同等の
急勾配&長丁場だ。
確かに長かった。

岩魚止小屋から少し歩いたところにある
最後の滝を離れると、急に沢から離れるため
無性に熱くなる。

IMGP3497.jpg

また、雨も降り出したためみんなしてカッパを着こんだ。
初遠征にして雨か。。。
まぁそんなもんか。
ザックのせいで肩がかなり激痛だったが
なんとかだらだらと登る。
途中ちから水という水場がある。
これが最後の水場らしい。
ちから水というくらいだからガンガン出ているものかと思えば
ちょろちょろと出ているくらいで
1Lの水筒二つをいっぱいにするのに
5分くらい時間を要した。

IMGP3500.jpg

無事、四時に徳本峠着。
そそくさとテントを立て、
晩御飯の支度に入る。

IMGP3508.jpg

今回のテントは二つ。
緑が女子部屋。
黄色が男部屋だ。


IMGP3507.jpg

徳本峠小屋はなんかの文化遺産らしいけど
それを思わせないくらいに落ち着いた雰囲気だった。

IMGP3502.jpg

小屋は本日いっぱいらしい。
なるほど確かに人が多い。
雨だというのにテン場にも5張り程度テントが並んでいた。

IMGP3528.jpg

夕食はカレー。
山といえばカレー。
皆でビールを飲みながら作って食べた。

翌日は普通に上高地に下山。
明神池も梓川も初めての俺にとってはとても新鮮だった。

IMGP3617.jpg

曇天の梓川。
快晴の日に来たい。

IMGP3570.jpg

明神池には朝靄がかかっていた。
とても新鮮だった。

IMGP3618.jpg

晴れてたら穂高岳が望めたろうに展望は皆無だった。
まぁそれもいい思い出。

その後風呂に入り、島根へと帰路に就いた。
このコースだと誰でも行けるしそんなに急ではないうえに
とても気持ちがいい。
また、機会があればアタックしたい。
2017-09-11 : 登山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

祝100000ヒット!

なんかやたら放置をしていたブログだけど今日覗いてみたら
100000ヒットしてやがる!
誰だ!踏んだの!!
俺は100002ヒットだった!
なんかちょっと悔しいぞ。

今天我思考的事は開始12年目にしてめでたく
十万ヒットを達成することができました。
ありがとうありがとう。
なんだかんだともう12年も書いてるんだなぁと思うと感慨深いものもあるけど
まぁ続けてよかったなぁというものもあったりする。

だらだら今後も続けていく予定。
2017-08-24 : 日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

【沢デビュー】阿弥陀滝→三鈷東谷

途中で見つけた花


沢行きたい沢行きたいとずっと思っていた。
思えば山に登り出した時には沢だとか雪山だとか
全く興味がなく、行くことはあるまいと思っていたにも関わらず、
目まぐるしい進歩のようにも思う。

今年になってうまい具合にモンベルのセールで沢靴が売ってて
その場で即買った。
使う機会を虎視眈々と狙っていたら、
所属している山岳会で阿弥陀川を登って三鈷東谷から湧き出る
T冷水で冷やし中華を作って食べるという山行をするということだったので
これしかないと思い、ついてくことにした。

日時:2017/6/18(日)
ルート:川床(10:00) ⇒ 三鈷東谷分岐(12:00) ⇒ T冷水(13:20) ⇒ パーティ
⇒ 川床(17:00)
とても疲れた。。。


IMGP3013.jpg

6/18(日)4:30、朝起きたら船通山の山頂にいた。
この写真は大山。
おかしい、布団の中じゃない。
それもそのはずだ。
前日、6/17(土)は船通山の山頂避難小屋で
ちょっとしたパーティが行われたのだった。
日付が変わるころまで続いたパーティは
翌日の俺の阿弥陀川山行のことなど関係なく盛大な盛り上がりを見せ、
終了後もいびきの合奏が俺の眠りを妨げ、
とんでもない状態での目覚めとなった。

IMGP3022.jpg

船通山山頂の朝は神秘的な雰囲気に包まれていた。
中国山脈は目覚め少しずつ目覚めを待っているようだった。

IMGP3011.jpg

山々は雲海に包まれていた。
感動の元、船通山を下山した。

その後大山へ移動。
10時集合で大山には8時過ぎには到着することができた。
とりあえず寝る。
さすがに前日ほとんど寝てないのにこれから山はちょっと無理だ。
何度やめようかと思ったことか。
しかし、この日は行ってよかった。

がっつり本末さん

沢は本当に気持ちがよかった。
寒かった。
沢靴は買ってよかった。
足にジャストフィットだ。


IMGP3227.jpg

途中で見つけた花
花がきれいだったり

IMGP3184.jpg
雪があったりした。

IMGP3212.jpg

ささっとT冷水。
とても冷たかった。
ここを10分程度登ると本当に湧き出ているところまで
行くことができるらしい。

IMGP3196.jpg


それぞれがそれぞれ、持ってきた具材を冷やす。
ノンアルビールやフルーツなど。
そしてパーティが始まる。
俺は煮卵とささみの野菜巻きを作ってきていたので
それらと一緒にそうめんを頂いた。

IMGP3201.jpg

うまい!
こういうパーティ山行も楽しい。

だらだら帰って終わり。

とんでもなく疲れた!
二連続山行、やめようと心に誓った。
2017-06-25 : 登山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

だらだら大山徘徊山行

新緑の大山南壁


特にあてもなく大山周辺を週末徘徊してみた。

夏山山開き


前日夏山開き祭に参加し松明行列を見る。
これは何度見ても圧巻の一言に尽きる。
あと何回見に来れるかは知らないが、
機会があればまた来たい。

翌日夏山登山道だらだら登り。
クソ人ごみの嵐で速攻登る気をなくす。
ただ、夏山の空気は気持ちよく、
気分はよかった。
人が多いことをのぞいて。

山頂祭の剣ヶ峰

剣ヶ峰もめっちゃきれいだった。
そそくさと降り三の沢へ。

南壁の雄大さがはんぱなかった。

新緑の大山南壁

今期もぼちぼち、夏山が楽しめそうである。
2017-06-06 : 登山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

Hiroshi

Author:Hiroshi
-MENU-


初めまして、こんつは。
Hiroshiと申します。
どうぞよろしくお願い致します。
私生活を脈絡なく綴る
日記ブログです。

○登山・・・鳥取県大山中心に
・登山歴3年の初心者。
・米子クライマーズクラブに所属。


○バイク・・・たまにツーリング
・愛車:CBR250R 2013年式
・バイク歴は7年くらい

○カメラ始めました:
・愛機:Pentax K-70

○キャンプ・・・
・最近は登山&キャンプ、
ツーリング&キャンプの合わせ技が多い

島根県在住

経県値&経県マップ

まだまだ未熟です><

月別アーカイブ

ランキング

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


以上のランキングに登録しております。

ブログ内検索

PHOTOHITO

PHOTOHITOブログパーツ

アクセスカウンター


現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

History

NEARDB

Get Firefox

皆さんもFirefoxユーザになってみませんか?
Get Firefox

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。