FC2ブログ

それは、いっぱいのコーヒーから

最近暑かったせいもあり、
ここのところほとんどコーヒーを飲む機会がなかったが、
今日は久しぶりの雨でツーリングも出来ず、
(最近、土日大体雨のような気がするけど。。。)
家に引きこもるしかなかったので、
とりあえずコーヒーを買ってきた。

この飲み物、人によって大きく飲み方が違うのが面白い。
気軽にカフェによって一杯飲む人。
缶コーヒーしか飲まない人。
家でインスタントコーヒーを入れて午後のひと時を味わう人。
産地からこだわる人。
そもそも嫌いな人。
その他色々。
多種多様である。
そんな中、Hiroshiがどれに該当するかというと、
3番目、「産地からこだわる人」だ。

好きな豆はマンデリン、コスタリカ。
主に苦い系の豆が好きだ。
大体コロンビアなど、渋い系の豆をちょっとブレンドするが、
そのまま飲むこともある。
サイフォンはあまり好きではなく、
(高いから持ってないというのもある。)
ネルを使ってゆっくり蒸らして煎れる。
手動だがミルも持っているし、
生豆を買ってきて自家焙煎もする。
(焙煎した場合、一杯煎れるのに30分くらいかかるからあまりやらない。。。)
と、コアなコーヒー好きを主張しているようだが、
缶コーヒーもインスタントコーヒーも好きで、
よく飲む。
ここまでコアなコーヒー好きは珍しいかもしれないが、
大体の人は身近にある飲み物だし、
意識も強い飲み物だと思う。
(たとえ嫌いな人でも、嫌い!と意識しているわけだし)
気分によって、そのあり方も大きく変わる。


そんなコーヒーが、みんなに一杯。
そんなコーヒーが、みんなにいっぱい。

違ってるから、飲むのも楽しいよね^^
たまに、しんどいけど。。。

s-IMGP0944.jpg
スポンサーサイト



2010-10-31 : コラム : コメント : 5 : トラックバック : 0
Pagetop

昨今のゲゲゲの鬼太郎

---------- 昨日の日記の補足 ------------
今日、最後のごみ出しをしてきました。これでバイト先に行くことはないでしょう・・・。
と、言いつつ3月18日に親を連れて行きます。
よかった、よかった。
卒業式を機に親といい飯食いてぇという方はぜひ、当バイト先をご利用いただきたく思います。

ちなみにバイト先で一番きつかったことは、
いつもおかんが「そんなバイト辞めてしまえ」という旨のメールを送ってくることだったのではないでしょうか・・・。
しかし、それでも辞めないでよかった。
辞めることはいつでもできる。しかし、そこでくじけず続けたほうが自分のためだ!!
そんなことも、バイトで学ばせていただきました。
そんな補足です。
------------------------------------
ということで、

今日、たまたまTVをつけたらゲゲゲの鬼太郎がやっていた。
正直、度肝ぬいた!!

公式Webサイト
http://www.toei-anim.co.jp/tv/kitaro/

夢子ちゃんいねぇ!!



どこ行った、我らがアイドル夢子ちゃん!!消えてしまったのか!!??しかもなにげに夢子ちゃん的ポジションに猫娘がすべりこんでやがる!すげぇうけた!!
ってか鬼太郎!!

メイド喫茶行くな!!!!



マジうけた。君、何歳だね!!??(映画だったら350歳くらいって設定らしい。アニメは知らん。350歳でも10歳くらいでもまずい・・・)
しかもコーヒー頼んで萌え萌え~って言われてた。ひでぇよ鬼太郎・・・。俺の幼いころの鬼太郎イメージ丸つぶれだよ・・・。
ってか小さな子供が鬼太郎見て

子供「ねぇママ、僕もここ行ってみたいよ~」

とか言い出したらどうするんだね!!??
その子供の年齢とか何歳だね!!??
今からそんなところに行ってたら将来がかなり危ぶまれるよ!!
ついでにその妹とかが

その妹「私も~」

とか言い出したらどうするんだね!!??
お母さんすごい困るでしょ。

おかあさん「ここは駄目な人が行くところだから行っちゃいけません!!」

とかわけのわからん説教しないといけないでしょう!!
なんかもうこの設定カオス、だなぁ・・・。

そのほか猫娘がケータイ持ってて「ヲイ、お前ら妖怪なんじゃないんかい!!??」というような突っ込みとか根本的に絵がすげぇきれいになってて「近代化が著しいな・・・」と、感慨にふけってしまったりした。
みんなも暇だったらテレビつけてみてね。昔なつかしのアニメがやってるから。
2008-02-28 : コラム : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

寒すぎる浜田 ~寒がりな自分~

 昨日、浜田に帰りました。これからまた気合入れて頑張るぞ!!寒いけど・・・ってか寒がりなんです。激しく寒がりなんです。寒いです・・・・・ってことでネットやめて帰ってレポートせにゃ!!
 

テーマ : 歴史
ジャンル : 政治・経済

2007-01-06 : コラム : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

生命ある、コトバ

誰かの言った何気ない一言、そんなコトバに踊らされ、新しい自分を気づく

 冬が好きなんですよ。寒いのは苦手なんですけど、ひんやりして落ち着いた空気とか雪の白さとか。そしてなによりこたつ!!!!とか(笑)

 夏はあまり好きじゃなかったです。暑いのが問題ではなく。なんとなく、なんとなく明るすぎる光が自分を貫いて、その傷口からなにかが出てきそうだったりして。

 ある日、ある子が言いました。

「私は夏のこのまとわりつくような空気が好きだったりする・・・」

 そんな一言で新しい自分に気づき、新しい自分になっていく。



*追伸
 QRコードとやらを付けてみました。これでケイタイからも見れるみたいです。お暇でしたらぜひ!

テーマ : 日記
ジャンル : 政治・経済

2006-07-15 : コラム : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

大学教育とその可能性の意味

 大学教育とはなんでしょう。このようなニュースを見るたびに考えさせられます。

遅刻学生から罰金100円 「教育上必要」と琉大教授
Yahoo!ニュース

 学問とは、自らを鍛えることに意味があるように感じます。少なくとも私自身はそうやって大学生活を2年間続けてきました。もちろんいろいろな出会いもありましたし、挫折や絶望も味わいました。今ももしかしたら味わっているかもしれません。そんな中、自分の中で新しい「学ぶ場」にいると最近は自覚しています。これから本来の「学問」の場に戻るのか、それとも今の新しい「学ぶ場」にいるのか、これからその決断をしなければいけませんが、今のところは「学問」の世界にいないということははっきりと言えます。(そのことが少し怖かったりしますが・・・もともとこちら側の人間ではなかったので不安だらけです)
 今は本来とは違ったアプローチをしていますがこれもこれでありなのではないかと思っています。多くの人を失望させはしましたが本人は案外満足していたりします。今後はどうするかは知りませんが・・・こういう大学の形もありだなぁと最近では思うようになりましたしね。
 このように大学生活は人それぞれにとって大きく違うものです。さらにその形は変容するかもしれません。方向性が変わったり方法を変えてみたり。それは人それぞれ。
 それら個人の選択に対して「金銭」という形で懲罰を与えることはどうでしょうか?大学教育の本質とは単純に「学問」の世界を教え込むことだけなのでしょうか?もちろん「学問」の方向へ行くことは大いに結構だと思います。私も一時期は志しました。しかし、それ以外の可能性を完全に否定するような今回の懲罰の仕方には反感を覚えます。その行為自体「学問の可能性」を否定しているように見えてなりません。
 「学問」とは「自らを鍛えること」。その鍛え方を強制することはできないのでは?逆にその鍛え方を模索する4年間なのかもしれませんから、むしろ教育者としてはその部分を伸ばしていけるよう努力するのではないでしょうか?

テーマ : 時事
ジャンル : 政治・経済

2006-07-10 : コラム : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop

呼称の多様と自己認識


 これはあくまで私の主観でしかありません。しかしケースを変えれば、あなたの主観にもなりえます。おそらく、確実に。


 
 最近思ったことですが、(ってか結構前から気づいてましたが)私の呼称は人それぞれかなり違ったりします。とりあえず大学の周りにいる人たちは私のことを

山、山さん、山くん、山本君、山本さん、山本先輩、山本、じぃじ、Hiroshi、Hiroshi君、Hiroshiちゃん、しゃんべん、あにき

などと呼びます。だいたいこれくらいでしょうか?とりあえず思い出せるだけ。実家をあわせるとさらに増えます。

ひろっさん、ひろまん、やまもっちゃん、もってぃ

 だいたいこのくらいでしょうか?なんか思い出したらさらに増えそうです・・・ちなみに後ろに行けば行くほど少数派。前の方に書かれている呼称で呼ばれることがほとんどですね。しかし、少数派の人は今でもこんな感じで私のことを呼びます。ちょっと私自身聞いてて面白いです。なんで一般的な呼び方をしないんだろう・・・みたいな。
 呼称についてはだいたいどこに行っても同じように呼ばれるという人と全然違う呼ばれ方をするという人の二通りがあるように思えます。私の場合は場所、年齢、性別などによってかなり違います。だから呼称がたくさんあります。
 これらの呼称は私の本名とかなり乖離して一人歩きをしていますね。それは私が認識している私ではない部分なのではないでしょうか。例えば私は私のことを本名で認識していて、それに付随して「私は優柔不断だ」とか、「私は泣き虫だ」などというように私自身を定義付けしているとしましょう。しかし、私のことを"山"と呼ぶ友人Aは私のことを「Hiroshiは頑固だ」とか、「Hiroshiはすぐ怒る」というふうに認識していて、それが"山"という呼称に投射されているのかもしれません。人それぞれがHiroshiという人間はこうだと思い、それを呼称に投射しているのだとすれば、Hiroshiという人間の認識は本当に多様であるように感じられますね。
 もっと切り込んでみて、私のことを"山"と呼ぶ人間と私のことを"山本さん"と呼ぶ人間とにはそれぞれになんらかの共通点を見出すことはできませんか?例えば"山"と私のことを呼ぶ人間は私のことを「頑固だ」と共通に考えていて、"山本さん"と呼ぶ人間は私のことを「泣き虫だ」と共通に考えているというようにです。どうなんでしょう?
 このように考えていくと不思議な気分になります。私という人間は私一人なのにも関わらず、誰かから見た私と他の誰かから見た私は大きく違ってきていませんか?もしくは私から見た私と誰かから見た私でもいいかもしれません。どれが本当の私なんでしょう。
 私は私でしかありません。ゆえに私の認識は私がします。しかし、私は多様だったりします。そのような多様な私を認識しなおし、新たな私を考えてみるとさらなる私が見つかるかもしれないですね。


私が誰であろうと、あなたが誰であろうと、それらは全て私次第。

テーマ : 雑記
ジャンル : 政治・経済

2006-06-12 : コラム : コメント : 8 : トラックバック : 0
Pagetop

実家です・・・

 ただ今実家なんですが・・・

帰りたくなかったです!!

ええ、ズタボロでしたとも・・・結局進学は大反対、両親にボロカスに言われ、自分の価値観を全否定され完全にしぼんでます。そんな今日この頃。ダメな奴です・・・しかもその後勉強やらなんやらをするならまだしもいつの間にやら爆睡・・・気づいたら3時間経過・・・

なにしに帰ったんじゃい!!??

まぁそんな帰省でした。あと数時間後には大学に帰らないと・・・
 しかし、ズタボロにはなったものの、実家はやはり落ち着くものです。爆睡もできましたし。なぜでしょうね?どんな力が働いているんでしょう?私の実家は田んぼだらけの何もない所なんですがそれでも落ち着きました。最近この帰省も含めて厄日続きなんです。死にそうな日々が続いているんですが、(それは誰も同じですが・・・)実家は落ち着きますね。
 やはり「ありのまま」でいられるからでしょうか?周りに人がいるとどうしても気を使ってしまう事も多いですし、ときには自分を作ってしまう事もあります。そんなことなく、常に「自然体」でいられる。それが故郷なにかもしれません。どこにいても「自然体」でいたいものです。

とりあえず、頑張れ俺!頑張れ皆!!

テーマ : 雑記
ジャンル : 政治・経済

2006-06-04 : コラム : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

Hiroshi

Author:Hiroshi
-MENU-


初めまして、こんつは。
Hiroshiと申します。
どうぞよろしくお願い致します。
私生活を脈絡なく綴る
日記ブログです。

○登山・・・鳥取県大山中心に
・まだまだ初心者です。
・米子クライマーズクラブに所属。


○バイク・・・たまにツーリング
・愛車:CBR250R 2013年式
・バイク歴は7年くらい

○カメラ始めました:
・愛機:Pentax K-70

○キャンプ・・・
・最近は登山&キャンプ、
ツーリング&キャンプの合わせ技が多い

島根県在住

月別アーカイブ

ランキング

以上のランキングに登録しております。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

ブログ内検索

PHOTOHITO

PHOTOHITOブログパーツ

アクセスカウンター


現在の閲覧者数: