FC2ブログ

コールマン288Aポンプカップ交換

20161001_131218_R.jpg


ラーメン食いたくなったからラーメン食ってきた。


松江学園通りの天真爛漫。
野菜ラーメン。
うまい。


ちなみに担々麺が一押しらしい。
しかし俺は辛いがゆえに担々麺は食えない。。。
野菜ラーメンもすごいおいしかったよ^^


さて本題。
先日、ランタン使おうと思ったらポンピングしても
圧が一向にかからない。。。
。。。壊れた???そういえばまだ本番で使ったことない!
適当に燃やして遊んでただけだ。
それで壊れて終了なんてもったいなすぎる!

キャンプ屋のおっちゃんに相談してみたところ。

おっちゃん「それ、ポンプカップ交換したら楽勝で治りますよ^^」
とのこと。

そんな簡単に治るんだろか?
とりあえずやってみることにした。

■準備物:
20161001_162349_R.jpg
・ポンプパップ・・・スポーツ用品店で買ってきた。600円くらい
・リュブリカント・・・同じくスポーツ用品店。900円くらい
・ラジオペンチ
・ティッシュとか

■作業時間:
10分程度 一瞬で終わる

とりあえずサクサク始めて見た。

20161001_162613_R.jpg
1、ポンプカップを抜く。
ラジオペンチでガリってやったらすぐ抜ける。
そんなに悩まなくてもよい。
30秒くらいで終わる作業

2、ポンプカップの交換をする
20161001_162658_R.jpg
ポンプカップを抜くとこんなん出てくる。

20161001_162737_R.jpg
ぐりぐりと先端を取って

20161001_163942_R.jpg
交換する。
リュブリカントをポンプカップに塗りたくる。
多めに塗っておくこと。
これ塗らないとポンピングが困難。
他の潤滑油でも代用できると思うけど、
まぁ必須アイテム。
なんで今までもってなかったんだろ??


あとは抜いた時と同じ手順で元に戻す

20161001_163434_R.jpg
ちなみに写真右が旧ポンプカップ。
左が新ポンプカップ。
ちょっと変色してる。
さすが20年物のポンプカップだ。

20161001_163455_R.jpg
見た目はわからないが重ねてみたらよくわかる。
写真だとわかりにくいけど
新ポンプカップの中に旧ポンプカップがすっぽり入る。
経年劣化の摩耗で一回り小さくなったんだろう。
ホント簡単にできてしまった。。。

20161002_180854_R.jpg
無事復活。
これだけの作業でも全然変わるんだなと
実感したメンテだった。
スポンサーサイト



2016-10-02 : キャンプ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

コールマンガソリンツーバーナー買う

コールマンのガソリンツーバーナーを楽天オークションで
購入するも、あまりにひどいものだった。
まぁ中古なんてそんなもんかもしれない。
製造年月日を見てみると1990年10月・・・
二十年以上前のもんかよおい。
まぁ普通に火はついた。
使用に関しては問題なさそうだ、
しかしながらちょっと汚すぎる。
水洗いしてみたけど一向に良くなる気配はない。

DSC_3874_R.jpg
近くで見たらよくわかるけど結構錆がひどい。

DSC_3872_R.jpg
火が付くところだけは全オーナーが耐熱コーティングしてくれたみたいだ。

DSC_3871_R.jpg

俺の全さび落としスキルを発動する時が来たようだ。。。

○装備
1、パーツクリーナー
2、サンポール
3、錆クリーナー
4、ぴかーる
5、コンパウンド各種
6、ワイヤブラシ
7、ボンスター
8、ウェス
9、乗りと気合と根性(これが一番大事)

DSC_3875_R.jpg
とりあえずサンポールに漬け込みつつ
中性洗剤で洗いつつ
ボンスターでごしごしすること二時間位。

DSC_3877_R.jpg
ピカピカにする。
しかし無理だ。
二十年物の錆はステンの中にしっかり核を作っていて
容易に落ちるものじゃなかった。
おとしても核の跡が残るし。

DSC_3876_R.jpg

そのあと塗装とかもして。。。
とても疲れた。。。

DSC_3878_R.jpg

最終的にBBQしてツーリングして。
ここはとても天気が良いキララ多岐。
気持ちをいやした。
2016-05-22 : キャンプ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

デイキャンプ【水分峡自然公園】

DSC_3029_R.jpg

デイキャンプはしたことなかったしはっきりいって全く興味もなかったんだけど
してみて思ったことがある。

デイキャンプ楽しい

すごく寒い季節になったんだけどまだキャンプできるだろ!
ということでキャンプに行った。
12/6(日)のことだ。

広島に遊びに行っていてどっかキャンプできるところないかなぁと思ってたんだけど
近場で水分峡キャンプ場というところがあり、
行ってきた。
これはよかった。

いろいろあって11:00頃キャンプ場イン。
適当にテン場を見繕って準備する。
彼女がスパイスからカレーを作ってくれるというので
楽しみだった。
ホントスパイスから作ってくれた。
なんかよくわからん葉っぱを煮ていた。
何ができるんだろう。。。

俺はというと米研いだり準備したり、
色々もたもたしていた。

DSC_3027_R.jpg

そうこうする間にカレーはいい感じに出来上がっていた。
食べた。

これはうまい。


DSC_3029_R.jpg

とてもいいキャンプでした。
もう寒いからやめとこうかなと思ってるけど、
あったかくなってからのキャンプが今から楽しみ!
2015-12-13 : キャンプ : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

【心洗浄化プロジェクト】ソロキャンツー@西中国国立指定公園聖湖キャンプ場

2014/9/20
朝起きたとき、とても暇だった。
予定を考えてみても、なにもないのだ。
強いてあげるとすれば月曜になったら仕事をしないといけない。
予定というよりは日常がそうなのだから思い返す必要すらなく
それが俺だった。
今日という休日。
何してすごそう。


時刻は9:00くらいだったかと思う。
さて、とツーリングマップルに目を通す。
いや、前から目を通していたページだ。
中国地方のP31。
西中国山地国立指定公園聖湖キャンプ場。
http://www.walkerplus.com/spot/ar0834s07857/
無料!
それに心が惹かれた。
むしろもう何日か前からは心のどこかで決めていたのかもしれない。
だから我慢はできなかった。
俺は10:00からキャンプの準備を始めた。



旅は一人がいい。
今年30になったがもう五年位前からそのことには気がついていたように思う。
もちろんみんなで行く旅が嫌いというわけではない。
むしろ好きなんだと思う。
気がある仲間で缶ビール片手にわいわいと
談笑する楽しみは俺も熟知しているつもりだ。

しかし、旅は一人がいい。
好きに動ける。
これにつきる。
好きにバイクから降りる。
好きにカメラのシャッターを押す。
好きに飲む。
話し相手はいない。
ただただ、無心に飲む。
ただただ、だらだらする。
ただただ、時間を忘れる。
それが一人旅だ。


11:00には雲南市を脱出していた。
松江高速三刀屋ICから上に登り、
松江道 ⇒ 中国道 ⇒ 千代田ICで下車する。
その後ちろちろと下道を歩いて13:30前後には芸北の近くの
レストランで昼食を食べていた。

DSC_2893.jpg


出発が遅れたので昼食抜きも考えたが、
順調にこまを進めることができた。
意外に近いな、芸北。

昼食後、さらっと下道を流し14:30には
キャンプ場、聖湖キャンプ場にインできた。
ここはいい!!

DSC_2894.jpg
これ炊事場。
夜は蛍光灯がついて明るくなります。
料理する分にはまったく問題なし。

DSC_2895.jpg
これトイレ。
水洗!
トイレットペーパーもついてた!!
和式だったけど超きれい!!

DSC_2899.jpg
これサイト。
サイトって明確なものはなかったんだけど
そこここに好きに泊れる感じ。
乗り入れ可!!
ただ、フラットではないので泊るにはいささか工夫が必要。

DSC_3009.jpg
広いキャンプサイト。
サイトって言うかすき放題泊っていい感じ。

DSC_3017.jpg
とても気持ちがよかった。
夜になると星空もいい感じでした。


管理人さんがいるらしく、
施設の環境はしっかり整備がしてありかなりよかった。
芝生のところはだめだが、それ以外はバイク、車の乗り入れ可。
無料。
水出ます。
トイレ水洗です。
なんならトイレットペーパーもついてます。
文句はなかった。
テントの設営その他準備諸々を30分程度で済ませ、
とりあえずコーヒーを飲む。

DSC_2903.jpg


キャンプ場のコーヒー。
最高にうまい。
ミルも持ってきてたんで豆からがりがりして
ドリップする。
やかんが大事だと痛感させられる。
キャンプの場合、邪魔になるからほとんどやかんなんて持っていかないんだよね。
あるとよいです。


コーヒーを飲んでいたら結構日が傾いてきたのであわてて買出しの旅に出発。
この辺ホントなんもなんだよね。
片道30分走ってなにもない。。。
わずかにポプラを見つけた。
いやいかん。
今回のキャンツーでは一つの大きな試練を乗り越えなけらばいけないんだ。
俺はやむを得ず、スーパーに電話をした。


俺「そこ、どこ行けばいいんす??????」
おばちゃん「もうすぐそこだわね。その辺右、あっちを左」

わけにわからない説明を受け、どうにかこうにはスーパーを発見することができた。
肉とかビールとか買い込む。
問題はない。

帰り。
さすがに風呂に入りたい!と思い、日帰り入浴ができる
三段峡ホテルに立ち寄る。

DSC_2907.jpg


なんでも女将さんいわく外来の入浴は17:00までとのこと。
しかし今日は宿泊客が少ないらしく、
女将さんの好意により入浴を許してもらえる。
ありがとー女将さん。


この温泉はいい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
DSC_2908.jpg


ここを独り占めにした。
湯質とかはよくわからんけど景色がいいよね。
ゆっくりお湯に入れた。


とはいうものの時間が押してたんで
17:30にはお風呂から出る。
いや、いい湯だったよ女将。
また来ます。

名残惜しみキャンプ場に。
キャンプ場遠いんだよね。
三段峡ホテルから30分くらい走ってようやくキャンプ場につく。
あたりはもう暗くなっていた。

DSC_2918.jpg


急いで米を研ぐ。
あたりはもう暗い。
しばらく水につけている間に野菜を切ったりして
親子丼を作る準備に取り掛かる。
エッグホルダーに入れてきた卵だったが、
バイクの振動にも割れている形跡皆無だった。
エッグホルダー。
こいつはいい。

DSC_2927.jpg

DSC_2929.jpg



米は色々と放置にしてたら勝手に炊き上がっていた。
親子丼も作りなれてるんで失敗などありえん。
20:00
ビール片手に問題なく夜食に入る。


その後、20:00~24:00までだらだらと酒を飲みながら周りを観察する。
やはり子供連れの家族が多く21:00すぎまではキャンプ場は騒がしかった。
22:00以降は静まり返り星空の下ゆっくりだらだら酒飲んでタバコ吸って
写真撮ってだった。

DSC_2964.jpg


これはいい。
しかしながら。。。



22:00以降は気温が急激に下がりとても寒かった。
俺はTシャツ、長袖シャツ、ウィンドブレーカー、冬用のライジャケを装備した。
靴下履いてグローブもはめた。
温度計を見たら7度。。。
そりゃ寒いわな。。。

さらにこの頃ガスランタンの灯りが消える。
まさかと思い駆け寄ってみるとまさかのガス欠。。。
驚いた。
ガスランタン、結構ガス食うのね。。。
米は炊けてたんだけど
明日はお湯も沸かせないし
ご飯作れないし。。。
明日の朝食は水一択になった瞬間だった。
炎。
大事だね。

24:00前後無事就寝。
パンツ一枚で寝たけど寒すぎて上着を羽織る。
とても気持ちがいい睡眠だった。


翌日、10:00起床。
普通キャンプ場の朝は早いんだけど俺はそんなこと知ったことではない。
ひたすら寝た。
とてもよい睡眠だった。

起床後は片付けに終始し、
そのままだらだらと帰路に着いた。
16:00帰宅。




とてもいい旅だった。
一人旅、寂しいけど心が洗われる度で言えば最大級によい。
なかなか行く機会は少ないんだけど、
ぜひまたソロキャンツーに行きたい!

2014-09-21 : キャンプ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

【心洗浄化プロジェクト】キャンプツーリング@岡山県黒木キャンプ場

盆連休に四国の石鎚山ふもとの面河渓でキャンプして以来キャンプにはまりまくっている俺。
今回のキャンプも八月末から入念に計画して実行に移したキャンプだった。
場所は秘境に行きたい!!ということで近場でツーリングマップル眺めて見つけた
岡山県の黒木キャンプ場にした。

一応、計画は以下のとおり。

http://truthandliberating.blog22.fc2.com/blog-entry-888.html

予定:集合8:30 マルティ
実際:集合9:15 マルティ

DSC_2772.jpg


いつも通りの集合時間45分後全員集合、(俺とミムさんの二人だがな!!)
出発9:30。
いやー、通常運行だよ予定の一時間後ろ倒し。
思わず笑った。
ミムさん悠長にタバコ吸い出すし。
めんどくさくなったから俺も吸った。

とりあえず快調に距離を稼ぎ
11:00 モンベル大山店到着。
このとき予定を30分稼ぐ。
ショッピングを楽しむ。
こういうところにくるといろんなものがほしくなっちゃうんだよなー
タープとかタープとかタープとか。
まぁこのときは我慢する。
そもそもバイクパンパンでもうつめなかったし。

DSC_2774.jpg


さらに快調に大山蒜山スカイラインを巡航し、
蒜山手打ちうどんやす坊に到着。
ここで加納さんと合流する。

DSC_2778.jpg


まぁあとは加納さんがうまくしてくれるだろうと思って
色々とどうでもよくなる。
入念に計画したのが全部どうでもよくなるwwww

やす坊では蒜山焼きそばを食べる。
そういえば蒜山焼きそばは食べるの初めてかもしれない。
すごい甘いソースだった。
まぁ好きな人は好きかもしれない。

DSC_2781.jpg


その後、色々と紆余曲折あり14:30黒木キャンプ場にチェックイン。
はえええええええええええええええ。
こんなに早く着くとは思わなかった。
16:00くらい覚悟してたのに。
さくっと準備して15:30くらいにはテントの設営を完了している。
うん、出発一時間遅れだったけど
なんかどっかで取り返したらしくいい感じの時間に買出しにいける!

DSC_2795.jpg


と思いきや、買出しして温泉入ってキャンプ場に帰ったらなぜか19:30だった。。。
三時間もなに買出ししてたんだろ俺ら。。。

その後、肉焼いたりカレー作ったり酒飲んだりしてたら夜は更けていく。
加納さんがなぜか22:00くらいには爆睡しちゃって
あんまりゆっくり話ができなかったけど
とりあえずよい夜だったと思う。
この夜な夜な大自然の中で語り合うのがキャンプの醍醐味だよね!
1:30頃無事就寝する。
楽しかったー。

DSC_2805.jpg


あんま写真出したくないけど
翌朝10:00のわれら三人のキャンプサイトの図。

DSC_2817.jpg

いやー、だらしないねー
独身のおっさん三人で昨日作ったカレーのあまり食って
どっかから買ってきたピオーネ食って
コーヒー淹れて飲んで
だらだらしてる図。
ホント三時間くらいキャンプ場でだらだらしてた。
思えばこのときのだらだらも相当よかった。
コーヒーうますぎ注意報出てた。

その後さくっと走って山田養蜂所で蜂蜜ソフトを食う。
ここのソフトはうまい!
蜂蜜うまい!!

DSC_2833.jpg


この日はすっごい天気もよくて
カメラのレンズもいっぱい太陽の光吸収してくれて
シャッター押すだけで最高の写真が取れた。
写真撮っててとっても気持ちよかった一日。

DSC_2826.jpg

DSC_2845.jpg

その後昼飯食って湯原温泉に入る。

DSC_2887.jpg

ここ。
湯原温泉の砂湯ってところ。
写真の右下に人がいっぱいいるようなのが見えるんじゃないかと思う。
みんな裸で入ってる。
ホント露天風呂!!
すべて丸見え!!
無料。
湯質よかったです。
丸見えで近くに若い子とかいっぱいいるけど
それでもいい!!っていうなら入ってみたほうがいい!!
温泉好きだったらとても満足だと思う。

その後高速をぶっ飛ばして帰る。
帰宅時間は19:00くらい。
とても疲れたー
楽しすぎたwwwwwwwwwwwwwww

その日は疲れまくってて22:00くらいには爆睡してしまった。


結論


中国地方に秘境はない!!


秘境行きたかったら四国とか和歌山とかホント辺境行かないとないな。
黒木キャンプ場も地図上はよっぽど辺境だけど
キャンプ場めちゃめちゃ栄えてたしな。。。


キャンプ事態はめちゃめちゃ楽しくて
ほぼ死にかけました><
今年中にはもう一度くらいは行っときたいな。
せっかく1度まで耐えれる寝袋買ったんだし!
2014-09-15 : キャンプ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

Hiroshi

Author:Hiroshi
-MENU-


初めまして、こんつは。
Hiroshiと申します。
どうぞよろしくお願い致します。
私生活を脈絡なく綴る
日記ブログです。

○登山・・・鳥取県大山中心に
・まだまだ初心者です。
・米子クライマーズクラブに所属。


○バイク・・・たまにツーリング
・愛車:CBR250R 2013年式
・バイク歴は7年くらい

○カメラ始めました:
・愛機:Pentax K-70

○キャンプ・・・
・最近は登山&キャンプ、
ツーリング&キャンプの合わせ技が多い

島根県在住

月別アーカイブ

ランキング

以上のランキングに登録しております。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

ブログ内検索

PHOTOHITO

PHOTOHITOブログパーツ

アクセスカウンター


現在の閲覧者数: