FC2ブログ

Google Adsenseが・・・

 なぜかFC2ブログではGoogle Adsenseが使えなくなっているということです・・・
FC2の全ブログでAdsenseが利用不能に

 Google Adsenseとはこのブログの右下の方にくっついていた広告のことです。アフィリエイトの一種です。私はあまりアフィリエイトが得意ではないのでまったくもうけられないんですけどうまい人はうまいみたいです。
 なぜ使えなくなったんでしょう・・・軽くショック・・・
スポンサーサイト



テーマ : 日記
ジャンル : 政治・経済

2006-05-30 : 日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

芸術の越境と社会科学

 ゴッホは日本の浮世絵に強い影響を受けていたというのは有名な話でしょう。特に後期の画風を見てみるとタッチや色使いにその特色を見て取ることができます。
 夏目漱石、芥川龍之介などもヨーロッパの文学に影響を受けたというのもやはり有名ですね。
 今日、日本の尺八のような楽器がアルゼンチンの方にもあるという事実を知りました。(楽器名は忘れましたが・・・)特に交流がなかった土地に同じ音を出そうとして努力した人たちがいた。ロマンですね。
 歴史はロマンではありません。至極残酷な場面も時として私たちに突きつけることがあります。たまにそんなことをこのブログに書いたりもしてますね。詳しくはカテゴリーの「歴史研究 ~北東アジアの追及~」のところを見ていただきたいです。しかし、このような芸術でなぜか越境していた部分を見ると私は感動します。戦争がどうの、紛争がどうの、争って奪って傷ついて。そんな残酷な世界の中でも共鳴しあえるなにかがある。すばらしいことだと思います。
 と、すさまじく感情的なことを書いていますが、こういった感情的なイデオロギーも社会科学を探求するイニシアティブとして持っておくべきだと思いました。皆さんもイデオロギーは忘れずに!!

テーマ : 雑記
ジャンル : 政治・経済

2006-05-28 : コラム : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

ありがとうの言葉の意味

 本当にありがとうと言うのはすごく難しいです。でも勇気を出して言わなければいけないときもあります。そんなときは全力で「ありがとう」と言わなければいけない、絶対に。そんなことを思った今日この頃でした。

テーマ : 日記
ジャンル : 政治・経済

2006-05-24 : 日記 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop

満州国の熱い資料

 時間があったのでアジア歴史資料センターをうろうろしていたら面白い資料を発見しました。一度読んで見られては?

【表題】
満洲国ニ於ケル治外法権ノ撤廃及南満洲鉄道附属地行政権ノ移譲ニ関スル日本国満洲国間条約締結及関係公文交換ノ件(十月十八日(一回)~十月二十日(二回))
【作成者】
枢密院
【作成年月日】
昭和12年10月18日
【レファレンスコード】
A03033300800
【出展】
アジア歴史資料センター
http://www.jacar.go.jp/index.html


まぁ参考までに。満州国研究の人は特に必須資料ではないかと。

テーマ : 歴史
ジャンル : 政治・経済

2006-05-23 : 歴史研究 ~北東アジアの追及~ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

昨日は記念日

 昨日は記念日でした!!いや~、感動しましたよ!!なにがって・・・10000キロ走りましたよ、原付が!!9999.9キロを写メりたかったけど気がついたら10000.9キロになってましたよ!!うを!!すぎた!!みたいな。
 7777.7キロは写メったんですけど9999.9は無理でした。寂しいかぎり・・・ってかそろそろ原付が限界に達しつつあるのは気のせいでしょうか?

テーマ : 雑記
ジャンル : 政治・経済

2006-05-19 : 日記 : コメント : 24 : トラックバック : 0
Pagetop

さてと

 ちょっと気分が落ち込んでいた今日この頃。そろそろ勉強を始めないと!!ゼミ生の皆はちゃんと勉強してるんかなぁと気になる今日この頃。とりあえず、今度の飲み会で交流を深めましょう。皆ガンガン来てや~!!

テーマ : 日記
ジャンル : 政治・経済

2006-05-16 : 日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ブッシュ大統領

米大統領支持率29%に低下・政権運営は危機水域
NIKKEI NET   2006/5/13

 ブッシュ大統領の支持率、もうこんなに低くなってたのか・・・知らなんだ。ブッシュ大統領は2005年に第二期が始まっており次の選挙は2009年の可能性が否定できません。アメリカの政策、今後どうなっていくんでしょうか?

テーマ : アメリカ合衆国
ジャンル : 政治・経済

2006-05-13 : 日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

テロの必要性とはなにか

『新たな集団的アイデンティティ(安全保障共同体という名の暴力共同体)の形成・維持において、「テロリスト」のような排除、抹殺すべき対象は日常的にも必要不可欠となりつつある』
土佐弘之 『安全保障という逆説』 青土社 2003 P292



 なんらかの集団的アイデンティティはそれ自体が安全保障という概念も範疇に入っている場合が多いです。NATOや日米安保条約がその代表だといえるでしょう。それらの集団的アイデンティティの維持のためには必然的に仮想敵が必要のなってきます。(敵がいなければ集団的アイデンティティは意味ないですから)そういう意味で「テロリスト」は必要不可欠になってきていますね。・・・国際関係上の平和構築の矛盾している点の一つではないかと思います。
 歴史を見たとき、テロリストはどこにでもいました。例えば15年戦争中中国東北部で勢力を誇った関東軍もある意味では「テロリスト」だったのでしょう。張作霖爆破事件はテロだったのではないでしょうか?しかし張作霖は日本にとって、もしくは関東軍にとってなんだったのでしょう?う~ん、テロと歴史のリンクは難しそうですねぇ・・・

続きを読む

テーマ : テロリズム
ジャンル : 政治・経済

2006-05-12 : コラム : コメント : 5 : トラックバック : 0
Pagetop

『満洲の日本人』について

 『満洲の日本人』のレジュメを発表しました。結果はまぁ最悪だったんですが、とりあえずもう少し書評をうまいところ作れるようにならないといけないなぁと思いました。もっと読み込まないとなぁ・・・
 この本は満洲の中で住んでいる日本人を対象にした本です。なので満洲の中に住んでいる日本人のことを体系的に学ぶにはいい本だと思います。ただし、期間が19世紀末から1931年にかけてですので満州国が建国されてからの動向はつかめません。
 さらにあくまで日本人の話ですので他民族で構成されていた満洲を理解するには不向きな本だといえるでしょう。
 異文化理解とはやはり異文化との接点の中に生み出されるものです。満洲の中の日本人はほとんど異文化と接していなかったということは記述されていましたがではどこで接していたのか、そこで何が生み出されたのかを考察していくことが重要でしょう。
 とりあえず、もう少し満洲についてリサーチを続けようと思います。

テーマ : 歴史
ジャンル : 政治・経済

2006-05-10 : 歴史研究 ~北東アジアの追及~ : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop

返却期限について

 自由になりたくないですか?僕は・・・なりたいです・・・。
 ということで、どうして人は返却期限というあまりにも無意味な力に拘束されなければいけないのでしょう。借りた時点で返すという契約を結んでいるにも関わらず、どうして・・・。ちゃんと返すのに・・・。契約はちゃんと守るのに・・・
 別に返したくないというわけではないんです。読んでないんです。読む時間もないんです。いえ、ホントは読みたいんですけど・・・時間を作ればいつでも読める気がするんですけど・・・
 本を借りたら常に延滞してしまいます・・・。いつか返却期限という拘束力から解放されたいと願っている今日この頃・・・無理ですね。信頼性の問題ですからね。
 ということで、本当にほしいと思った本は買うことにしましょう!
2006-05-10 : 日記 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

ダイエット!!から見る定義付け

番組のダイエット法に苦情、TBSが注意喚起
NIKKEI NET 2006/5/8

 なぜ人は痩せたがるのか・・・そこに何の意味があるのか・・・ただ欲望に任せて食を進めることのどこに罪の意識を感じるのか・・・それは人の性であり美徳の一つでもあるというのに・・・
 と、言いつつも私も現在ダイエット中です。ダイエットというか筋トレです。ムッキョにならねば!(笑)
 しかし時々思うのですが、人は痩せていなければならないという定義付けはいつなされたんでしょうか?実際少し前までは太ってもいいか・・・とか思っていたような気がするんですがいざ太ってみたらショックだったりします。痩せねば!!とか思いますし(笑)
 痩せねば!!と感じるだけでなく、例えば勉強せねば!!とか、(これはしないといけませんが・・・)遊ばねば!!とか、(これも適度にね)なにか強制力を感じる毎日・・・ん?支離滅裂な文になってきたぞ(汗)
 まぁとにかく、そういったなんらかの日常的な定義付けはどこで刷り込まれたのか、探ってみると結構面白いところにたどり着くように思います。なぜ私は女嫌いになったのか・・・とか。(これは本当に私の場合)ただしこの自己分析はちょっと大変ですけど・・・

テーマ : 雑記
ジャンル : 政治・経済

2006-05-08 : 小話 : コメント : 5 : トラックバック : 0
Pagetop

日中対談再開

 日中対談が再開されました。
北京で日中政策対話始まる・外相会談再開が議題に
NIKKEI NET 2006/5/7

 どのような結果に終わるにしろ、政府間対話の継続は今後の日本外交の指針にも関わります。中国側の誠意ある対応と日本の戦略的な外交手腕に期待したいです。

テーマ : 時事
ジャンル : 政治・経済

2006-05-07 : 外交・安全保障 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

どうしておなかは減るのかな?ついでにどうして眠くなるのかな?

 腹がすいたら飯を食いたくなります。眠くなったら寝ます。どうしてでしょう。そんな素朴な疑問・・・人間の欲求って怖い・・・
 もっと禁欲的に生きるんだ俺!・・・そうしないと時間が!時間ができない!!・・・無理

テーマ : 日記
ジャンル : 政治・経済

2006-05-06 : 小話 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

飲み会に参加しませんか?

 貴志・井上(治)ゼミ飲み会に参加しませんか~?誰でもいいです。我こそは実は貴志・井上(治)ゼミ生だと自負しておられる方はぜひご参加を!!
 予定などはいまだ未定ですが詳しくは掲示板に書き込むつもりです。詳しくはこちらを。

【島根県立大学】総合化演習Ⅰ・貴志俊彦ゼミ・井上治ゼミ
http://6242.teacup.com/zemi/bbs

 なにか質問がある方は横の方にある連絡用フォームから私にメールを送るなりコメントに書き込みするなり上にある掲示板に書き込みするなり。たくさんのご参加を待ってます。

テーマ : 日記
ジャンル : 政治・経済

2006-05-05 : 日記 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

お悔やみ J.K.ガルブレイス

経済学者のガルブレイス氏が死去
asahi.com 2006年05月02日


 書くことを忘れていました・・・しまった・・・
 ガルブレイス氏の死去は衝撃的でした。直接著作を読んだことはないのですが私の総合的視点に大きな影響力をもたらした方です。なかでも公共性の要素を氏の著作である『良い世の中』のなかで

・全ての人の雇用の機会と向上へのチャンス
・雇用の安定を維持するための確実な経済成長
・子供たちが社会参加できるための教育、家族の支援
・国内外の社会的混乱からの解放
・収入のない人への安全ネット
・自分の能力と向上心しだいで目標を実現できる機会
・インフレにより将来に向けた援助・福祉が挫折しないようにすること
・協調的で思いやりあふれた諸外国と関係維持

としたのは衝撃でした。経済によっているという批判はうけますが一つの指針として影響力があります。
 彼の偉業を後世へとつなげていけるように学問しようと思います。
2006-05-04 : 小話 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

GWに入りまして・・・

 休みです!GWです!!GWは和製英語で本当は映画かなんかで登場した。皆さんはどこかへ行きますか?私は・・・行きません。アパートで待機です。勉強せねば!頑張ろう!!

テーマ : 日記
ジャンル : 政治・経済

2006-05-03 : 日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

東アジアの超域性

 国家を定義する3要素として「主権、民族、領土」の三つが上げられます。
 主権とは「国民を支配する唯一最高の権威(主権)をもった権力機構」のことを指します。日本で言えば内閣にあたるでしょうか。主権は国民にあるとはいえ意思決定機関、この定義上の権力機構は内閣でしょう。
 民族とは「その領土内でひとつにまとまった国民(民族)」のことです。多民族国家は世界中に点在していますが領土内では一つの「国民(民族)」です。
 領土とはそのまんまですが「国境によって区分された領土」のことです。国家間で規定された領土内のことです。
 さて、これが国家の3要素なわけですが、東アジア諸国においてはこれらの3要素はそれぞれの国家によって大きく異なっている場合が多いです。政治体制でも一党制、共産制、共和制、立憲君主制など、様々です。
 では、そんな東アジアの超域性とはなんでしょう。東アジア共同体、ASEAN+3の必要性が近年叫ばれていますが、なにをもって東アジアを規定できるでしょう。・・・勉強しましょう。

テーマ : 国家・民族・集団意識
ジャンル : 政治・経済

2006-05-02 : 歴史研究 ~北東アジアの追及~ : コメント : 5 : トラックバック : 0
Pagetop

適度に休みましょう

 ずっと本を読んでいたらすごく疲れるということが判明しました。さらにずっと授業だとすごく疲れるということも判明しました。集中力が続きません。適度に休んで適度に勉強!これが一番いいライフスタイルだなぁと実感した今日この頃。
あとゆっくり寝る時間も必須!!

テーマ : 日記
ジャンル : 政治・経済

2006-05-01 : 日記 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

Hiroshi

Author:Hiroshi
-MENU-


初めまして、こんつは。
Hiroshiと申します。
どうぞよろしくお願い致します。
私生活を脈絡なく綴る
日記ブログです。

○登山・・・鳥取県大山中心に
・まだまだ初心者です。
・米子クライマーズクラブに所属。


○バイク・・・たまにツーリング
・愛車:CBR250R 2013年式
・バイク歴は7年くらい

○カメラ始めました:
・愛機:Pentax K-70

○キャンプ・・・
・最近は登山&キャンプ、
ツーリング&キャンプの合わせ技が多い

島根県在住

月別アーカイブ

ランキング

以上のランキングに登録しております。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

ブログ内検索

PHOTOHITO

PHOTOHITOブログパーツ

アクセスカウンター


現在の閲覧者数: