FC2ブログ

面接中の危ない発言

面接にて。


人事「大学ではなにを勉強してるの?」

俺「はい。満洲国の情報戦略について研究しています。」

人事「・・・へぇ~。そう。それで、君は満洲国を認めているの?」

俺「はい。満洲国は確かに傀儡国家でありましたが、現在にまでつながる問題も多いと思います。満洲国を現代でどのように考えるかが重要だと思います」

人事「・・・・・・・・・・・・・・・・・・へぇ~。そうなんだ・・・。」



・・・今後面接では絶対に満洲なんて単語は出さねぇ!!!!
ちなみに政治色の濃い発言もご法度だと最近判明。


人事「学外活動はなにかしてるの?」

俺「はい。浜田には外国人の方が多いので、毎週日曜に外国人の方に日本語を教えるボランティアをやっています。」

人事「へぇ~。外国人が多いってことは浜田ってなにか産業でもあるの?」

俺「はい。まぁ漁港なんでよく船が入るというのはあると思います。最近では北朝鮮の船が入る入らないでもめていました。」

人事「・・・・・・・・・・・・へぇ~。そうなんだ。」



しまったぁぁぁ!!!!そんな失敗談。そこ、まんまと落ちました。
面接ってのは限られた時間しかありません。その限られた時間の中で、自分のすべてを相手に伝えるのは無理。(満洲と一言言っただけで、危ないと思われる・・・)短時間でどれだけ自分をよりわかりやすく、表現できるかが勝負なんだろうと再確認した面接でした。あと、危ない発言は禁止の方向で・・・。
とりあえず、俺、いっつも一言多いなぁ(汗)思えば結構言った・・・。

「学閥が嫌いです」
「友人には頼りにされてると思います。・・・・・・たぶん・・・。」
「そうですねぇ・・・。まぁそれはなしですねぇ・・・。」

etc.......

うおぉぉぉ!!怖ぇぇぇ!!!なんでこんなこと言ってんだ俺ぇぇぇ!!!!!・・・それでもなぜか選考進んでるところは進んでたり。(落ちるとこは落ちるけど・・・)世の中よくわかりません・・・。
スポンサーサイト



テーマ : 日記
ジャンル : 政治・経済

2007-03-31 : 就時事 : コメント : 6 : トラックバック : 0
Pagetop

目を覚ませば・・・

 目を覚ませば、そこは・・・



江津だった・・・。




ん?おかしい。俺は確か浜田行きのバスに乗ったはずだ。しかし、「終点、江津~」とかアナウンスが言っている。おかしい。確かにここは江津駅だ。浜田駅ではない。

 ・・・寝過ごしたぁぁぁ!!!!

どこでも寝る性質があるHiroshiです。大爆睡中、浜田を通り越し、江津へ。そして下車。いかんなぁ・・・。超過料金払わなけりゃいかんのかなぁと思いつつ、こそこそと下車したものの、特にそんなこともなく、「ありがとうございました~」と言われた。いえ、こちらこそ・・・。ちゃんと駅に着いたら起きようね。
 JRでなんとか浜田まで帰ってきて現在大学。なんか懐かしいなぁ・・・と感慨にふける。今から就活も山場です!!みんな頑張ろうなぁ☆

テーマ : 日記
ジャンル : 政治・経済

2007-03-30 : 就時事 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

桜が咲いて

 就活で渋谷へ行ったとき、ふとビルの隣に咲いている桜が目に入った。まだ全然満開にはほど遠い、2~3房咲いている程度だったが、妙に斬新に写った。それは桜を見るのが久しぶりだからか、(一年ぶりだけど、一年ぶりだ。人は桜を一生で80回程度しか見れない)人ごみにもまれて嫌気が差しているためか、(東京は、人が多い…)綺麗だった。ちょっと元気が出た出来事。

テーマ : 時事
ジャンル : 政治・経済

2007-03-27 : 就時事 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

志望業界について

 自称友達思いの友人Tを新宿駅で2時間待ち続けた俺は友人Tより友達思いなんだろうか…。別に俺は自分が友達思いだと思ったことはないんだが…。
 ある企業にエントリーしたとき、

希望勤務地
1、東京
2、大阪
3、名古屋
4、福岡
5、広島
6、こだわらない
7、高松

………。
こだわらない>高松…。
隣に座っていた友人Tは、怒っていた。ちなみにその企業、本社は大阪。高松に恨みでもあるのだろうか。業績が伸びないとか?
 友人Tは男とカフェに入るときは適当なジュースなどを頼むのだが、女と入るときはコーヒーを頼むらしい。その違いはどこにあるのだろう…。
 友人Tは、斬新な男です。思えばけっこうな付き合いです。頑張って就職決めようね。

 そんな友人Tと友人Sと三人で夕食を一緒に食べているとき、俺の常識のなさが露呈した。まぁ俺の常識がないことは今に始まったことではないのでここでは棚上げにしておきたい。(ってか常識ってのはどうやったらつくんだろう。これはかなり昔からの俺の大きな疑問だ。勉強すればつくんだろうか?少なくとも、大学の勉強ではあまりつかなかった気がする…)志望業界に対する熱意のようなものがないのか、単純に調べていないだけか、俺の業界研究はあまり思わしくない。そこを駄目だしされ、俺自身、どうしてその業界を狙っているのかここで再び考えさせられた。
 ある日、三つの規模が大きく違う企業を一日で訪問した。一つは連結売り上げ1兆を超える学のない俺などには到底入れない超一流大手総合商社。一つは業界5位で着実に業績アップを狙っている、これまた俺などにはとても入れない専門商社。業績アップへの意欲は説明会でも感じることができた。そして最後は売り上げが100億もいかないが、(これは商社ではすごく少ない。経常利益は6000万でそれを160名の社員で分配してるから単純計算で一人辺りの平均年収は370万前後になる)創業84年で一度も赤字を出したことがないという堅実な経営をしている総合商社。(これは貿易系商社ではすごいことだと思う。円の変動による業績の低迷、バブルや通貨危機、金融ビッグバンなどをこの企業はすべて黒字で乗り越えたと自負しているのだ)どれがいいんだろう。かたやM&Aで企業を飲み込み、いらなくなったら切捨てを繰り返して築き上げた売り上げ1兆。かたや土地も株もしませんと断固としてバブル景気に乗ることなく、堅実に84年間も生き続けた小さな総合商社。…これらを見ていたら、わからなくなる。大きければいいのか?
 今日、メーカーも見てみた。日本のチェーンの約7割はこの企業が作っている。車とか、機械とかの。売り上げもいいし、規模もまぁまぁ大きい。人事の人はちょっと無表情だったけど、まぁそこは理系だからしょうがないとしておいた。(ちなみに俺の志望業界、ちょろっと理系。)すごくいいものを作っているのだが、営業はほとんど商社相手だった。このチェーンを売りたいと、思った。そのメーカー、グループを組んでいて、グループ内の商社の方の選考は進んでいる。けっこう魅力を感じていたりする。
 そんなことを思ったここ数日の就活の日記。

テーマ : 日記
ジャンル : 政治・経済

2007-03-26 : 就時事 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

実家のこと、浜田のこと、卒業式のこと

 先ほど、広島でテストセンター受けてきました。あれ、焦るね!!問題自体は難問ってわけじゃないけどとにかく焦った。なんかブルブル震えながらクリックしまくってた記憶しかない…面接のときの記憶とかもなくなるからもっと度胸つけてちゃんと覚えておくようにしないと今後きついなぁ…と、すぐあがってしまいます。Hiroshiです。

 先日、先々日はお休みでした。久しぶりに学校に行って履歴書もらったり成績証明書もらったりお金はらったり髪切ったりetc...まぁ、そんな下ごしらえをサクサク片付けて「まぁ報告がてら、一回実家に帰って休むか…」と実家に帰ったところ、夕食の際、父親と話す時間が。そのとき…


「お前なんか誰も雇わんわ!!!!」
「わしなら雇わん!!!!」
「お前使えんからなぁ!!!!」
「まぁ地元に帰れや」(←一番意味わからん。そもそも東京で就職したいわけじゃない)
etc............................


罵詈雑言の嵐……。休めなかった…。進学のときといい、あのおっさん、なにがしたいんじゃ!!??…まぁ心配なんでしょう。しかし父親の手のひらの上ではしゃぎ回ってるようにしか思えんのがしゃくだ…。自立!!!!
 そんなこんなで、一泊で浜田に帰る。バスの予約などなどをして就寝。朝広島に来て現在に至る。まぁ色々あったけど、「布団で寝た」という意味ではしっかり休めた二日間でした。これからまた、オリンピックセンター、カプセルホテル、ネットカフェの連発なんで…。頑張るどー!!!!

 そして明日は大学の卒業式です。お世話になった先輩方を見送ることができないのが残念で仕方ないです。…すみません。お世話になりました。この場を借りてお礼申し上げます。俺も頑張って自立します。これからもHiroshiをよろしくお願いします。ご卒業、おめでとうございます。
2007-03-18 : 日記 : コメント : 6 : トラックバック : 0
Pagetop

@実家

ということで今、実家に帰りました。東京二週間…。きつかった…。一週間カプセルはきつかったなぁ…。でも得るものは多かったなぁ…。東京って都会だね。
面接、厳しいなぁ…どうやったらうかるんだろ?
この前、初めてGDだったなぁ…。あれ、面白いね☆俺の班、特にリーダーとかなかったからスムーズに話が進んでよかった。
面接もけっこうしたなぁ…疲れたなぁ…
まぁここ二日は休みます。
それから動きます。
よろしく~☆

テーマ : 日記
ジャンル : 政治・経済

2007-03-17 : 日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

面接って…&変なアンケート

 明日から三日連続面接です。そんなん一日3回面接してる方々とかmixiで見てるから別になんともないんかもしれんけどね、そういえば俺、面接通ったことない…ってまだ二回しか経験はないんだけど…二つとも落ちてるし…うわあぁぁぁ、緊張だ…。どうやったら通るんだ…明日のはかなり受かりたいぞおぉぉぉ!!
 おい!ポジティブだ俺!!笑顔と大声だぁぁぁ!!

 そういや今日、変なアンケートに答えた…
「就活ですか~?大変ですね~。私、就活支援してるんですけどよろしければアンケートにご協力ください。15秒で終わるんで」
とのこと。なにやら携帯番号とかも書かなければいけなかった…書かなかったら、
「あ~、最後までよろしくお願いします~」
とか言われた。面倒なのでデタラメなの書いといた。(本名は名乗った。まぁこの名前はたくさんあるので…)こういうのって、どうなん?東京って怖いなぁ(汗)

テーマ : 日記
ジャンル : 政治・経済

2007-03-12 : 日記 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

休んでます…

 今日は就活がお休みです。お休みといってもエントリーシートや履歴書を書いたり、その他色々と一次や面接の準備なんかをしていたら一日は終わってしまうのですが…でも、企業訪問がないだけ楽です。企業訪問はあっちもこっちも見てそれに対してエントリーシート出さなければいけなかったりして色々疲れます。(そういうエントリーシート、大抵面接で使いますみたいなやつなんで)そういえば、最近毎日のように就活日記をつけているおかげか、けっこうHit率がすごいです。観てくれた方、ありがとうございます。すみません、垂れ流しで…
 今日は完全な垂れ流し。明日からまた本格的に回ります!!!!ということで、しばし休息☆

テーマ : 日記
ジャンル : 政治・経済

2007-03-11 : 日記 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

東京で一番疲れるところ&歴史における価値観の変容

 どんよりとした息苦しい空気。ピッという電子音が鳴り響く空間。世話しなく動く人の気配。東京で一番疲れるのは、企業の説明会でも満員電車でも人がごった返す休日の新宿でもない。ネットカフェだ。ここに、俺は何日泊まったんだろう…我ながらあほだと思う…
 明日は休日。寝るぞおぉぉぉぉぉ!!!!(資料整理、履歴書作成も忘れずに☆)





-歴史における価値観の変容-
 1900年代初頭、初めて満洲に渡った日本人はそこにいる現地民が水溜りで洗濯をしている風景を見て、衝撃を受けたという。詳しくは以下の文献を。

塚瀬 進 『満洲の日本人』 吉川弘文館 2004

 過去には現代とは異なる考え方、価値観が存在していました。それは「時代の精神(spirit of an age)」、「時代精神(zeitgest)」、「文化意識(cultural con-sciousness)」など、様々な名称がありますが、現在ではアナール学派が提唱した「心性(mentalite)」(これ、多分フランス語でちょっと綴りが違います。正確には最後のeの上に´がつくんですが、出し方がわかりません…)という名称が一般化しています。その時代の社会性、経済状況、政治状況などを読み解くためにこの「心性」という概念が生まれました。
 文献を読んでいるとカルチャーショックならぬ、時代ショックのようなものを、よく受けます。現在では考えられない状況がそこには存在していたりします。それは時間軸という横の軸と同時に空間軸という縦の軸も存在しています。上記した満洲の例もしかるものでしょう。水溜りで洗濯物、当時は洗濯機なんてないでしょうから手でゴシゴシ洗っていたんでしょう。これも、現代から見れば考えられないことですよね。
 ただし、「心性」は画一的なものではありません。当時、一億総玉砕と言われた反面、一部では戦争反対という主張もあったわけです。(迫害されてましたが)一言、「心性」といってもそれは多様でその時代だけ特有なものを探し出すことは至極困難です。
 当時の社会を知る手がかりとして、ちりばめられている「心性」を探し出すことは歴史学のひとつの手法ですね。


 …ん?主張がないぞ?まぁ、これは歴史学の入門書からとってきたものなんで、これで勘弁!!

テーマ : 歴史
ジャンル : 政治・経済

2007-03-10 : 歴史認識 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

学歴…

 就活をしていたらいろいろなことに気づくだろう。なんで受かったの?なんで落ちたの?世界は広い。どこにやりがいを感じているのかetc...今日、またひとつ気づいた。
 今日、俺は某王手コンサルティング会社の説明会に参加した。前の説明会がまた延長して2,3分遅刻してしまったが、なんとか説明会には参加できた。それはよかったと思う。
 何名かの社員さんがプレゼンテーションをしてくれて、「ウチはこんなところですよ~」なんて言ってて、でも、ほかの企業で感じるような活気に満ちた説明会ではなかった。ほかの企業は学生さんいらっしゃ~いみたいな勢いで説明会をしているのに、どこか上から見下ろすような、そんな雰囲気だった。それが、学歴だった。
 今まで、コンサルティング業界の説明会は何社か回ったが、みんなすごくプライドが高く見える。それはそういう業界だからいいとして、今日のはすごかった。「私は東京大学の法学部出身です」みたいに最初に学歴を名乗ったり、「彼は名古屋大学経済学部出身ですよ」とアナウンスが入ったり…そういうところってどうなんだろう…。最後の質疑応答で恥ずかしかったが、(あまりにも陳腐な質問なので)一番後ろの席から大声で聞いてやった。
「学歴は関係あるんですか?」
すると、前でプレゼンしていた全員が下を向いて冷笑をうかべ、
「結果を見ると確かに名前の多い大学はありますが、関係ありません」
という答えをもらった。回答も、陳腐だった。
 コンサルティング業界には特に行きたいとは思わないが、泣き寝入りみたいで嫌だから履歴書は、出す。正々堂々自分の出身校の名前を書いて、なんの飾りつけもせず、出す。しかし、この虚無感は何だ。この情けない気持ちはなんだ。
 俺の陳腐な質問に笑ったんだったら、それでいい。そんなことは自分でもよく自覚している。だったら、どうして大学名まで名乗るんだ。どうしてこんな上から見下ろすような説明会をしたんだ。学生だからしょうがないのか。そんな見えない格差を、今日知った。

テーマ : 日記
ジャンル : 政治・経済

2007-03-09 : 日記 : コメント : 5 : トラックバック : 0
Pagetop

そろそろ飲みに行きてぇなぁ… & 研究書、本の読み

 パタンと手帳を閉じ、パソコンの画面を凝視する。よし、メールは送った。明日の予定は確認済み。帰って履歴書を書いて寝よう。と、そろそろ酒を飲まなくなってずいぶん経つ。(え?)日曜くらいには皆いるだろうか?オリンピックセンターのやつらと親睦を深めるためにも(ほとんど知り合い…)情報交換のためにも(名目だけど…)そろそろ皆で飲みに行くか…この時期、ネットカフェは就活生でごった返している。…不謹慎ろうか…毎日が選考になっていき、焦って焦って、なんとか活路を探して。



-研究書、本の読み方-

 これはあくまで私見である。正しい本の読み方は本の読み方的な文庫本が出ていると思うのでそれを参考にしたほうがいい。これは、今後自分が本を読んでいく上で意識しなければならない問題の列挙である。

1、なにを目的にその本を読んでいるか
 本を読むという行為は、それ自体が生産的である。様々なものが詰まっているゆえに、様々なものを得ることができる。しかし、それは大半が必要なものではない。
 本を読むという行為に至るにはプロセスがあるはずである。つまり、欲望。これを得たいという強い欲望があったからこそその本を手にしたはずだ。では、なぜその本を読んだのか、もっと吟味し、己の欲望に従い読んでいく必要がある。

2、なにが得られたか、考えながら読んでいるか
 本には様々なものが詰め込まれている。それを読んでただ知っただけでは意味がない。これはよく陥りやすい大きな間違いである。様々なことを得ることができる。しかし、それは本当に必要なものか。これを常に意識しながら読んでいなければ、目的を失う。もし読んでいる最中に、目的を得られていなければ、そこで読むのをやめたほうがいいときもある。最後までしがみついていたいなら、これが得たいという欲望をさらに大きくし、醜くても貪欲に、必死に、それを得ようと読まなければ最終的に何も得られない。

3、読んだことを、記録しながら読んでいるか
 本はただ読んだだけでは意味がない。膨大な情報量を記憶しておくことは無理である。それを記録しておかなければ何も残らない。一番いい方法は、書くことである。(最近、このブログがそうなりつつある)こうしたらとりあえず得られたものは形に残る。あとはそれを体系的に整理すればよい。

4、自らのものに昇華しながら、読んでいるか
 本を読んだ結果が、いろんなことを知れたでは意味がない。その結果を自分のものに昇華してこそ、次のステップに進める。何を得たのか意識し、体系化し、整理し、自らのものに昇華してこそ、本は意味がある。


最近、そういう読み方をしていなかったのかもしれない。反省しなければ…。就活していても時間がまったくないわけじゃない。その空いた時間をなんに使うかは、己しだい。

テーマ : 日記
ジャンル : 政治・経済

2007-03-08 : 小話 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

今日の出来事

初めて、二次面接だった。
集団面接で2対1。しかも時間は一時間。一人30分。長かった。でも言いたいことは全部言った!!(なんとかなった・・・)びっくりした。けっこう言えるものは言えるらしい。面接が始まる前、一緒に面接受ける人と話してて「自分を色に例えてくださいって面接で聞かれたんですよ~」なんてのを聞いてて焦ってたけどそんなのは出なかった。やることはやった。(しゃべりすぎたかもしれんけど・・・)これで落ちたら、縁がなかったんだと思うことにする。(しかも次が最終面接らしい・・・受かれよおおおぉぉぉ!!)よし、明日も頑張ろう。


そして今日は、晴れてカプセルホテルから解放された!!!!!最高だぁぁぁ!!!!もう一週間は勘弁です・・・。
今日からオリンピックセンター。あそこ、すごい・・・。部屋がその辺にあるビジネスホテル並み!!部屋の中でネットできるし。パソコンを持ってきてない俺はネットカフェ通いだけど・・・次東京来るときはまた使わせてもらおう☆
実はもうカプセルホテルには泊まりたくない…昨日、スリにあった。洗濯物をしようと服脱いで洗濯機の中に入れてお金入れてそのまま風呂に入った。30分くらいしてあがったら洗濯終わってるからあとは乾燥機に入れてと思って風呂からあがったら小銭入れの中身がない・・・。幸い、財布はロッカーの中に入れていたので大丈夫だったけど、小銭は全部盗られた。凹んだ。確かに自分の不注意だ。小銭入れを脱衣所に置いておいたのが悪い。しかし、こんな経験は初めてだったので(中国でもなかった!!)軽くショックだった。場所が歌舞伎町なので、治安は確かに悪い。普通に腕にでっかいタトゥー入れてる人とか、いる。(それも今日初めて見た…)一回、からまれたこともある。(それも、自分の荷物が通路をふさいでたからだけど・・・)それでもなんとなく、愛着を持ち始めていたカプセルホテルだった。(おっちゃんはいい人だった)ショックだった。
一週間という短い時間で、実に多くのことを経験したと思う。今のところ、県大ではカプセルホテル&ネットカフェ宿泊経験でいえば、自分はかなり上級者だ。(そんなのいらんかもしれんけど・・・)東京って、ほんとにいろんなことがある。それらを乗り越えて皆生きてるんだろうなぁと実感した一週間だった。
あと一週間、東京。それが終わったら広島とか回るけど、もう一度来てみよう。ここは、本当にいろいろなことがある。

そんなことより就活に集中だ!!!!

テーマ : 日記
ジャンル : 政治・経済

2007-03-07 : 日記 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

FOMAと新宿 就活中にT氏と合流

 東京、どこでもFOMAがバリ三(死語)だと思ったら大間違いだ!!あの新宿でも圏外になりやがる。俺の泊まってるカプセルホテルはほぼ圏外…。なぜだぁぁぁあぁぁあああぁあぁ!!

と、どうでもいいことを更新している。

現在、今日東京に着いた友人Tとネットカフェ。彼は今、webエントリーに夢中。なんでも医療系に進みたいそうな…。意外すぎる…。
そういえば俺はあまりwebエントリーをしたことがない。webテストにいたってはまったくしたことがない。なぜだ?大手狙ってないからか?う~ん…。まぁいいや。

テーマ : 日記
ジャンル : 政治・経済

2007-03-06 : 日記 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

国会図書館に行ってみた☆&今日の出来事

 今日は就活がお休み。一週間に一度のんびりできる…日じゃない。カプセルホテルはなんと朝十時に閉店する…閉店するときの音楽が九時半から流れ出す…「本日の営業は十時で終了いたします」とか流れ出す。出なきゃいかん。ただでさえ休めてないのに(カプセルホテルは寝にくい…)頑張って出ていかにゃいかん。死ぬ…。
 しかし、今日は目的があった!!!!国立国会図書館に行くこと!!!!いや、夢だったんですよ。とりあえず史料探したいんですよ。ちゃんと前日にHPで場所も確認☆ってことで行ってみた。
 地下鉄国会議事堂前下車。このとき、国会議事堂も見る。警備がすごかった。そして国会図書館が…ん?鉄格子?ん?入り口は?ん?閉まってねぇか?…日曜祝日休刊日…………



うわぁぁぁぁ!!!!!!!!お前ら仕事しろやぁああぁぁぁあぁあぁ!!!!せっかく胸躍らせて行ったのに……ん?そういえばHP確認したよな俺…そのとき見とけやぁぁあぁあぁあああぁぁぁ!!!!!!!!と、自己嫌悪。結構歩いたので疲れた…全て水の泡…悲しい…
 ということで収穫ゼロ…くそぉぉぉ!!明日こそ時間あったら行ってやる!!!!
 そのまま地下鉄でお茶の水まで行ってみる。あんま人はいないだろうという目論見で。まぁ、少なかった。東京にしては。適当にカフェに入って…寝た。椅子で。眠かったので。起きたら一時間くらい寝てた。なんか眠気は取れたけど疲れは全然取れてない気がする…ってかむしろ疲れた…たまってたES書いてそれから新宿に戻った。
 ってか日曜に新宿は人がやばい!!波のように押し寄せてきやがる。前に進めない…ブラブラしてたらジュンク堂発見!!!!!!おおおおお、紀伊国屋だけでなくジュンク堂もあったのか!!!と、早速入ってみる。適当に文庫本一冊買ってカバーをつけてもらう。う~ん、感激(田舎もの)
 そしてまたまたカプセルホテルに戻って現在に至る。…オリンピックセンターはゆっくり寝れるんだろうか…あと二日の辛抱じゃあああぁ!!

-カプセルホテルのススメ-
・女性には向かない!!!!!!(他に泊まったことないからわからんけど俺が泊まってるところは大浴場がひとつしかない…つまり…探したら女性向けのもあるかもね)
・なんか奴隷船を思わせる…寝床とか(寝心地悪い。叩き起こされる。泊まってる人のマナーがすごく悪い人もいる)
・ネットカフェよりはお勧め(ここ、力説したい)


…就活、金かかります…

テーマ : 日記
ジャンル : 政治・経済

2007-03-04 : 日記 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop

池袋西口公園に行ってみた&記憶の連鎖

 石田衣良原作、『池袋ウェストゲートパーク』で有名な池袋西口公園に行ってみた。午前の説明会が一時間近く延長し午後の説明会に行けなくなり(午後の説明会は13:00からだった。このときすでに13:10・・・一応欠席する旨の電話は説明会開始直前にかけた。しかし、この企業とは一生関わることないんだろう・・・。計画性のない自分を呪った・・・)、少しへこんだ。それを癒すためにも公園で少し休んでから帰ろうか・・・と思い至っての決断だった。そばにはバス停があり、高層ビルが立ち並ぶJR池袋駅のまん前に公園なんて本当にあるのだろうかと半信半疑になりつつ、そばにあった地図を見る。こっちが駅、こっちがバス停、こっちが立教大学、ここは・・・公園!?広場じゃねぇか!!!!俺の思い描いた公園はどこに!?芝生とかジャングルジムとか砂場とかじゃねぇのか!!!!と、こんなところでもカルチャーショックを受けた。そこが、池袋西口公園だった。
 とはいうものの、その空間にはゆったりとした空気が流れていた。目の前には噴水があり、なんとなく気分が和らぐ。設置されているステージの上では高校生らしき男女6人がダンスの練習に精を出していていた。そういえば高校卒業してもう4年かと、22年の短い人生しか歩んでいない自分にはあまりにも大きな時間だったあの激動の日々を一瞬だけ思い出した。毎日山手線に乗って徐々に駅名なんかも覚えたりして、満員電車にも慣れてきていろいろな情報に惑わされて疲れて。その空間は初めて上京して右も左もわからない田舎者一人を、一瞬ながら和ませた。確かに自分にはどう見ても広場にしか見えない。しかし、田舎の寂れて何もない公園とはちょっと違う、一つの公園の形がそこにはあった。よし、来週の面接に向けて、企業研究だ!!来週のは絶対、次に進もう!!!!




-記憶の連鎖-

 記憶と聞くと、個人が持っている固有の情報であると思いがちになる。しかし、歴史学的な記憶はそうではなく、大きく分けて二つに分類される。個人の記憶と、集団の記憶である。
 前者は一般的に言う個人の記憶である。例えば数年前、自転車で転んで怪我をした。これは個人の記憶だ。そしてスティグマという形で転んだときの傷跡が残る。具体的な例はなんでもいい。昔は成績がよかった。この場合スティグマとは言わないかもしれないが、成績表もその証拠として残る。(あるいは現在成績がよくないのだったら、それはスティグマかもしれないが・・・)このように個人特有の経験などにより個人の記憶は形成される。
 では後者の集団の記憶はどうか。これは政治的な要因など、外的要因によってなんらかの集団の中に形成されるものである。学生時代、夏目漱石や芥川竜之介などの巨匠が書いた文学を誰しも教科書などで読んだだろう。その集団はその物語のあらすじ、登場人物、作者についてなどあらゆる情報を共有し、記憶している。このようにある集団で共有している記憶があるという事実を忘れがちになっていないだろうか。(あるいは、新発見だっただろうか?)
 集団の記憶にもスティグマはある。特に近現代史においてはよく見かける。(生産されることが多い)例えば日中戦争で日本人は多くの人々を殺した。だから日本は悪だ。逆にそんな昔の話なんか関係ない。という二つの論調がある。(大幅に噛み砕いたが・・・)日中戦争という歴史的な事実があり、それは揺るがしようもない。しかしそれは脳裏から離れることがなく、大半の場合、記憶化されていないだろうか。このような論調はが生まれている時点で、それは記憶化されている節がある。本来歴史には、そのような現代におけるなんらかの認識を付け加えないのが鉄則である。(もしそれを歴史だと言い張るのだったら、自分はその方を歴史家だとは思わないのかもしれない。歴史家は、ただ過去に語りかけその像を現在映し出すという使命のみを担っていて、それに現在におけるなんらかの認識を加えるようなことはしないものであると自分は信じている。それに現在におけるなんらかの認識を加えようとするものは、集団の記憶の生産者であろう。これについては後述する)
 集団の記憶が形成されるには同じ情報を共有しなければならない。ある集団に情報を共有させるためにはその記憶の生産者が必要になる。政府なり個人なり。
 個人の記憶と集団の記憶の最大の共通点はどちらも変質するということではないだろうか。変質の要因は時間、認識、衝撃的な出来事など、様々である。
 その最大の差異は個人の記憶は個人が生産者であるのに対し、集団の記憶は生産者が対外にあるということではないだろうか。
 なにはともあれ、個人が歴史を構築するとき(歴史だけに限ったことではないが)、常に自分の周りには集団の記憶も存在するということを留意すべきであろう。


最近、長い更新ばっかだなぁ・・・果たしてこれは生産的なんだろうか・・・

テーマ : 歴史
ジャンル : 政治・経済

2007-03-03 : 歴史認識 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

激動の東京。そして、

 東京、広すぎる…とりあえず今日は無事目的地まで着けた。よかったよかった。
 今日は紀伊国屋書店を発見できた。おおすげぇ!!!!早速入ってみる。面白そうな本はないかねぇ…と探索。っと、ここで9階建てだということに初めて気づく…でかっ!!!!今まで三階建てには入ったことがあってそれでも驚いたのに一気に9階…。ちょっと感動した。目的の本棚は5階にあってそこまで登る…階段、きつい。エレベーターもあったのだろうけど興奮で探すのも億劫だった。おりゃ~!!!!このワクワク観も堪らない。ガキみたいだけど(笑)そして、そこは本だらけだった。なんと「満洲」の棚まであった。こんなに出てるのかと感激。自分の指導教官の本も置いてあった。ひょんなことから今うちの大学の助手をされている坂部さんの論文も発見した…こんなの出してたんだ…しかも編者が山本有造…満洲国研究では著名な方だ。名前は知ってた。…世界ってすごいなぁ…。何か買わねばととりあえず適当な文庫を一冊買う。紀伊国屋のカバーをかけてもらった。なんか感激(この辺田舎物)
 東京って何かするのには必ずお金が必要になる。休む場所がない。履歴書を書くため、時間稼ぎにその辺のカフェへ。飯を食うため吉野家に。不思議なシステムだと思う。ただ、時間が余ってるだけなのにそれをつぶすにもお金がいる。ようは自分の時間のつぶし方が下手なだけかもしれないけど。
 しかし、確かにボーっと立っておくのがもったいなく思えるくらいに物がある。これは単に自分が田舎者だからだろうか…


 そして今日、初めて一社落ちた。行きたかった総合商社。これ、凹むねぇ…友達の日記とかで「今日、一社落ちた」なんて一文、その辺にいっぱい書いてあるのに実際自分がなってみるとどうしようもなく凹む。この一文を書いたやつはみんなこんな気持ちなんだろうか。…反省点はあげだしたらきりがない。履歴書、面接、エントリーシート。そもそも自分の就活に対する思いもまだまだなのかもしれない。それでも、ショックだった。なんかこのまま受からないんじゃないかとか自分ダメなやつだとかそんな色んな不の妄想が膨らんでいく。これも、皆経験してるんだろう。それは色んなやつの日記から読み取れた。そのたびに「気合だぁ!!」とか言ってたけど、あ、そんなんじゃないんだ、と今日知った。そんな単純なことじゃなくてもっと深く、もっと深く、もっと深く自分を掘り下げて色々考えてそれをESに書いたりして。それって気合とかそんな一言じゃ表せないような苦しく、でも必要な作業。もっともっと自分もしないと。

 そんな色々激動な日々。それが就活なのかもしれない。色々見て回って、企業だけじゃなく、一緒に就活してる人と話したり、人事と話したり、紀伊国屋に行ったり。出会いと別れなんて確かにそうだと思った。特にこの季節。春。学生は卒業式や入学式。今までその枠の中で考えてきたことが一気に広がりを見せる。それが就活なのかもしれない。
 明日も説明会だ!履歴書も書かないといけないし、風邪も引いたので今日は早く寝ます。気分入れ替え、明日も勝負!!

テーマ : 日記
ジャンル : 政治・経済

2007-03-01 : 日記 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

Hiroshi

Author:Hiroshi
-MENU-


初めまして、こんつは。
Hiroshiと申します。
どうぞよろしくお願い致します。
私生活を脈絡なく綴る
日記ブログです。

○登山・・・鳥取県大山中心に
・まだまだ初心者です。
・米子クライマーズクラブに所属。


○バイク・・・たまにツーリング
・愛車:CBR250R 2013年式
・バイク歴は7年くらい

○カメラ始めました:
・愛機:Pentax K-70

○キャンプ・・・
・最近は登山&キャンプ、
ツーリング&キャンプの合わせ技が多い

島根県在住

月別アーカイブ

ランキング

以上のランキングに登録しております。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

ブログ内検索

PHOTOHITO

PHOTOHITOブログパーツ

アクセスカウンター


現在の閲覧者数: