FC2ブログ

鳴滝見てMT-09乗ってきた@岡山県新見市

今日はマルティツーリングで新見市まで走ってきた。
なんか今日は20台くらい集まって大変なことになってた><

まぁとりあえずサクサク走って新見まで着く。
今日の試乗はこれ!

DSC_1791.jpg


YAMAHA MT-09!!
きたあああああああああああああああ!
ヤマハが出した三気筒!!
ヤマハらしい新車だと思う!

試乗コースがわからなかったので
とりあえず3kmくらい乗り回させてもらう。

加速、よし!若干高回転型!
とても軽く取り回しよし!
バーハンのためライポジ楽すぎる!
振動ない!
とても乗りやすいバイクだった!

ガソリンが14Lしか入らないから20km/hだとしても
300km巡航はできないみたいだ。
積載性も若干悪そう。
ただ、走りはとても楽しく
ホントフロントタイヤがハンドルの真下にある感覚で
走ってて楽しかった。
モタード感覚で乗れるスーパースポーツみたいな感じ。

その後近くにある鳴滝を見に行く。
ここのよかったけど遊歩道が腐ってて橋がかなり危険な感じだった。
そろそろ直した方がいいような気がする。。。

DSC_1804.jpg

やっぱり滝は撮ってて絵になるなー。
シャッタースピード遅くするだけでもうなんかいい感じに撮れた感じだしなー

DSC_1810.jpg

滝自体はとっても気持ちがよくて
マイナスイオンたっぷりの中散歩できた。
うん、ここはよい!

今日も楽しいツーリングでしたよん^^

DSC_1827.jpg
スポンサーサイト



2014-06-15 : CBR250R : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

試乗会行ってきた@ボンネビル、モンスター696

今日はキララ多岐に輸入バイクの試乗会に行ってきた。
試乗はまぁいいんだけど大体ちょっと走っただけでそのバイクのことなんかわかるんかいな!
まぁフィーリングは大事だけど何度も乗ってみてそのバイクの癖っていうか
いいとこも悪いとこも色々わかってきそうなものなんだけど。。。
まぁなんか行こうぜ的なノリになったから行って乗ってきた。

試乗の条件は以下の通り。

1、免許とかメットとかグローブとか持ってきてね^^
⇒ あたりまえだバカ野郎!持っていくぜ!
2、10kmくらい試乗させてあげるよ^^あんまりスピード出しちゃだめよ^^
⇒ マジかよ!!??10kmも走っていいのかよ!!??
3、一回500円払えや!なんか適当におまけもやるからよ^^
⇒ 合点承知!!


ってことでガリガリ試乗していくんだぜ^^
今回乗ったバイクは以下の通り。




1、トライアンフ ボンネビルT100

DSC_1729.jpg


きたあああああああああああああああああああああああ
夢のバイクきたあああああああああああああああああああああああ
最初からクライマックスきたああああああああああああああ
上であれだけ試乗についてボロカス書いてる俺だが
試乗一発目が夢のバイク「トライアンフ ボンネビルT100」!!!!!!!!
こいつには一度は乗ってみたかった!

昔からクラシック系のバイクが好きで
今でもSR400に乗ることが夢だし
初代バイクぼるたんは今でも好きだし
なによりトライアンフ!ボンネビル!ネーミングかっこいいしで
いつか乗ってみたいバイクだった。
できれば保有もしてみたい!!!
が。。。
高すぎるんだよ。。。


カワサキ W800・・・新車90万くらい
ホンダ CB1100・・・新車95万くらい
トライアンフ ボンネビル・・・新車130万以上

・・・
同じ感じのクラシックバイクで
排気量も大して変わらんのに新車価格が40万も違うんだよ。。。
まぁそんな感じで夢は夢なんだけどとりあえず一回乗ってみた。


■感想:
865ccの有り余るパワー!
ボルティとは比べ物にならん加速力と安定性だった。
本当に素直なバイクでスロットル回せば回すだけ走る感じだった。
最近はカウル付きのバイクに慣れ切ってしまっていたせいで
感じたことはなかったんだけど
走行中の向かい風も気持ちよかった。
長時間はしんどいんだろうけどね。
振動もほとんど感じなかった。
うん、シングルに慣れすぎてるせいだなw
インジェクション車なのになぜかチョークもついてた。
意味ねえじゃん!
引っ張ったら回転数があがった。
いらんだろこれwwwwwww

走った感想。
あまりに普通すぎた。
うん、その一言に尽きる。
ホントに不満は一切ない走りなんだけど
楽しい走りをするバイクかと言われたらそうじゃないかもしれない。
いかんな、クラシックバイクからしばらく離れちまったから
その魅力が分からなくなってしまったのかもしれない。。。
いずれにせよ、これ買うならストリートトリプル買うだろうなーと乗って思った。


2、ドゥカティ モンスター696

DSC_1744.jpg

こいつはすごかった。
何となくで乗ってみたがホントモンスターだった。

250cc並みのホイールベース!
ホントハンドルの下にフロントタイヤがある感じで
めっちゃ軽いしめっちゃ軽やか。
コロコロ倒れる。
その割にエンジンはマジモンスターで
くいっとアクセルひねったらドゥルンドゥルンに
爆走しだす。
速い速い!!
とても楽しかった!
が、ホント高回転型のエンジンだと思う。。。
60km/h巡航がしんどそうな感じだった。
積載性もすさまじく悪そうだったし。
峠道をちょろっと走るとかだったらホントに爽快なんじゃないかなーと思う。

DSC_1749.jpg


そのほか色んなバイクに乗れたんだけど予約もすさまじく殺到していて
俺はこの二台で乗ることをあきらめた。
トライアンフのデイトナ675なんか速攻で3時間待ちとかになってたw

DSC_1721.jpg


まぁほかのバイクは楽しそうに見えるんだけど
なんだかんだと自分のバイクが一番かわいいんじゃないかなーと思える走行会だった。
2014-06-08 : 日記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

【船通山】斐伊川の源流を登る【登山】

奥出雲町にある船通山は雲南市にも流れている斐伊川の
源流が流れ出している山だ。
雲南市在中だったら斐伊川は誰でも知ってるんじゃなかろうか。
登山を初めてとりあえず斐伊川の源流を見てみたかったので
今回登ることにした。

午前中は部屋の掃除とかバイクの洗車とかしてて
買い物行って色々として昼飯食って
午後から登頂開始となった。

とりあえずこの看板があるところまでカンタで行く。
DSC_1625.jpg

ここにバイク放置してあとは徒歩。
あばよ相棒、また来るからな。
DSC_1626.jpg
こんな感じで放置。
一応鍵だけは抜いてあるんだけど何が起こっても不思議じゃない状態だな。。。


とりあえず今回の装備を紹介。
DSC_1627.jpg
杖を二本にした。
登山のスタイルって色々あると思うんだけど
二回山に登って痛感したことの一つは
杖は二本がよいということだった。

1、歩調を整えやすい
2、両手両足で登ることができるため負荷を分散させることができる

まぁこんなところかな。

DSC_1624.jpg
あと前回大山登山の時から愛用しだしたサロモンの登山靴。
これがよい。
やっぱり登山靴だと登山中の踏ん張りが効くし
今日の登山で痛感したんだけどすべらないんだよね、濡れてても。

なぜか店員さんに
「これいいっすよ^^この靴底マジいいっすよ^^」
俺「じゃあそれもくれ」
と、ノリで買った5000円の靴底も装備されている。
疲れを軽減させてくれるらしいんだけど
5000円の効果があるんだかないんだかよくわからん。

DSC_1628.jpg

そんな感じで13:40、登頂開始!
船通山の登山道は島根側からは二か所、
鳥上滝コースと亀石コースがあるんだけど
今回は鳥上滝コースから登って亀石コースから降りてくる感じで登ることにした。

DSC_1636.jpg
鳥上滝コースは本当に斐伊川源流のすぐ隣を登って行くコースだった。
この小さな川があんなに大きな川になるのかーとか感慨深く思いながら登った。

DSC_1652.jpg
登山道もしっかり整備されていて崖を登るみたいなところはなかった。
ただ、梅雨入り後の毎日の雨で登山道は相当ぬかるんでいた。
船通山の登山道はほとんど石畳を登っていく感じなんだけど
その石がすべるすべる。
登山靴履いてたからしっかり踏ん張って登ったけど
普通のスニーカーだったら大変なことになってたような気がする。

DSC_1649.jpg

ちゃんとした舗装路もついてる。
DSC_1669.jpg

途中にある鳥上滝。
DSC_1666.jpg

登山道の中腹以上はホントに霧の中を練り歩いた。
DSC_1671.jpg
こういう山を登るのも斬新で気持ちがよかった。
湿った山の匂いがした。
しかし眼鏡曇る曇るのカメラのレンズも曇る曇るで
大変だった。

DSC_1674.jpg
そして山頂。


なんも見えんがな!


すさまじい霧でホントになにも見えなかった。
ちなみに登り切ったのが15:22.
登山開始から山頂まで約二時間かかった。
一人だとペース早いねー。

DSC_1679.jpg

山頂には山小屋もあった。
トイレもついてる!
ご飯もって来ればここで休むことも可。

DSC_1680.jpg

頂上付近にある樹齢1000年のイチイの木。
木っていうかはじめ見たときは岩かと思った。
これでも生きてるみたいだ。
すごい生命力を感じた。

DSC_1696.jpg
その後下山開始。
帰りは亀石コースを行くことにする。
まぁ下りなのでペースも早い。
杖を二本にしたのも良かったと思う。
下りは大体体力を使い切っていて
もうへとへとなんだけど杖が二本あると両手両足で踏ん張って
頑張って降りることができた。

DSC_1703.jpg
亀石コースはどっちかといえば山の中を突き進む感じで
斐伊川の源泉とかはあまりなかったように思う。
川が近くにないのでぬかるんでいることもなく
岩だらけでもなく本当にきれいな登山道だった。

DSC_1712.jpg

そんな感じで無事下山完了!
16:57でした。

ぬかるんだ登山道を登ったので全身が泥だらけになってしまった。
DSC_1714.jpg
ということで温泉直行。
ヴィラ船通山。


ここはよかった。

ぬるぬるの粘りがある湯質で肌がすべすべになった。
日本三大美肌の湯らしい。
おすすめ。


今回の登山もとても楽しく登れた。
全身がくたくただよw
筋肉痛がやばいよw
来週はどこに行こうかな。
2014-06-07 : 登山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

鳥取砂丘はもう砂漠でいいと思う。

島根に生を受けて30年くらいが経過したが
実はかの有名な鳥取砂丘には行ったことがなかったりした。

「島根??ああ、砂丘あるとこね」
「ちげーよw出雲大社あるとこだよw」

県外でこんなやり取りを何度かしたことがあるようなないような。
今回は鳥取砂丘までツーリングに行った。
前日大山に登り切り、
なぜか誕生日を祝ってもらった後のツーリングだったから
正直しょっぱなから心が折れそうだったのは内緒。
頭ガンガン痛いし筋肉痛で朝から足がガクブルしとったw

http://30d.jp/hiroshi0526/40

なにかmixiとかfbでつながってなくても
ブログ見てくれてる方いるみたいで。。。
ほんとありがとうございます><
写真ほしいとのことだったのでURL貼っておきます。
ここにあるので適当にDLしてやってください^^
2014/7/1までは自由にDLできるみたいなんで。


とりあえず適当にマルティに集合して9号をつっきって
鳥取砂丘へ。
今日はメンバーが多かった。
シーズン真っ只中ということもあって
18台。

DSC_1523.jpg

この台数で9号突っ切るのは結構大変だった。
信号通過するだけでも
メンバー全員が通過する前に青信号が赤信号に代わってしまったり。。。
まぁしょうがないんだけどね。

途中、道の駅大英の後ろにあるコナン博物館で休憩。
アガサ博士の車が置いてあった。

DSC_1524.jpg

そんなこんなでその辺でジェラード食ったり
昼飯食ったりして鳥取砂丘へ。

DSC_1581.jpg


暑すぎた。

ガチ砂漠だろここ。
この日は七月並みの気温で外気余裕で30度越えの中、
砂漠の中に突入していった俺たちは
ホントきちがいだったのかもしれない。
いずれにせよ、先週三徳山登山、今週鳥取砂丘散策と
なにやらツーリング以外のことに時間を食いすぎな気がしなくもない。
まぁ楽しいけどもう三年くらいは封印していいぞ。

DSC_1572.jpg

暑さにかまけて謎のテンションで騒ぎまくっている若者が二人ばかりいた。
だめだ、俺にもうあの脚力はねーわw
過去にあったかどうかは忘れたけどw

あと梨ソフトがうまかったな。

DSC_1584.jpg


その後、隼駅へ。

DSC_1585.jpg

まぁここにきても隼に乗りたいとは微塵も思えんな。
軽くて取り回しがよい友達みたいなバイクが好きなんだよな、俺。

その後、山中を流して道の駅風の家で集合写真。
楽しかったー。

DSC_1623.jpg

この時すでに19:00。
これから日も暮れてくるし、気温も一気に下がるし
明日仕事だしだったので
俺は蒜山ICから高速で帰った。
疲れたwwww

今週のツーリングもマジで楽しかった!!
来週バイクに乗るのが今からすでに楽しみすぎて仕方がない!!
2014-06-02 : CBR250R : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

【登山】大山攻防戦【してきた】

登山を開始して早二週間目!
一度三瓶回ってマジではまっちまったよ!
ということで今週は大山登頂にチャレンジしてきた!


例のごとく午前中は買い物やらなんやらでつぶれる。
なんと登山靴購入!
写真撮らなかったけどやっぱりかっこから入った方がよい
ということがこの前の三瓶登山でよくわかった!
適当な靴はいて適当なかっこで登山したら
靴ずれとかして自分が痛い思いするだけだわw
ということで登山靴ゲットン。

購入する際、以下の助言を参考にした。

1、登山靴を買え。トレッキングシューズではない
2、何も言わん。ゴアテックスにしろ

そんなことを聞いてアルペンスポーツに行ったら
サロモンのいい感じのやつがあったから即買った。

■今日の持ち物
・登山靴
・ザック(なぜかスケボー用)
・仕事で使ってる腕時計
・財布やらケータイやら鍵やら
・スティック
・お茶1300ml
・タオル

こいつらで今日は勝負だぜ!

DSC_1411.jpg

何も知らず12:00大山着。
もちろん一人だ!
友達いないからな!
さみしくなどない!
誰か僕と友達になってください。

DSC_1419.jpg


初めはだらだら大山寺とか周辺を散策する。
うん、気持ちがよいぞ。

DSC_1435.jpg

13:00。
まぁそんな感じでだらだらと登り出す。
この日は天候も良く登山客はとても多かった。
登山する人たちってめっちゃ礼儀正しい人が多い。
すれ違うたびに
「こんにちはー」
これは掛け声みたいなものだ。
お互いくじけないための。

DSC_1436.jpg

例のごとく、新緑の気持ちの良い気候の中登ることができた。
8合目までは地獄だった。
幸いにして三瓶山みたいに登山道が荒れているということはなかった。
さすが山100選に選ばれるだけあってしっかり舗装されてた。
登りやすい!
が、1700mは伊達ではなかった。

8合目までは本当に熾烈な上り坂だった。
死ぬ。
マジ死ぬ。
ただ、普段はツーリングで遠くから見ている大山の頂を
間近で見ることができた。
見たときは感動した。

DSC_1444.jpg

DSC_1493.jpg



8合目を超えた山頂付近になると
大山はまた違う顔を見せた。
高山植物の群集。
おー、山頂にはこんなものがあったのか。

DSC_1452.jpg

DSC_1455.jpg

DSC_1453.jpg



山頂近くにトイレ付の山小屋もある。

DSC_1457.jpg

なんでも寝袋持っていったらとりあえず泊まれるらしい。
謎の売店もあった。

DSC_1458.jpg



ビール600円
お茶590円

価格破壊が顕著に見られる売店だった。
この時1300mlのお茶はすでに尽きていたので
思わず手が伸びかけてしまった。。。
まぁ大人の事情だからしょうがないんだろ。

DSC_1459.jpg


そして山頂。
登ったー

DSC_1461.jpg


15:27でした。
登るのに二時間半もかかっちまった。


その後サクサク下山し、泊まりに登って行く若い兄ちゃんの登山客と
「ビール持っていくん??」
「そうなんですよー」
「間違いねーな。それ俺も行きてー」

なんて会話しながら下山した。

下山後モンベル大山でちょっと休憩。
17:14でした。

DSC_1499.jpg



■登山レコード:
登頂開始:13:00
山頂着:15:30
⇒登り二時間半
下山完了:17:15
⇒下り二時間

楽しい登山でした。


■教訓
登山して飲み会してツーリングするのはやめよう。
体がマジでもたん!
2014-06-02 : 登山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

Hiroshi

Author:Hiroshi
-MENU-


初めまして、こんつは。
Hiroshiと申します。
どうぞよろしくお願い致します。
私生活を脈絡なく綴る
日記ブログです。

○登山・・・鳥取県大山中心に
・まだまだ初心者です。
・米子クライマーズクラブに所属。


○バイク・・・たまにツーリング
・愛車:CBR250R 2013年式
・バイク歴は7年くらい

○カメラ始めました:
・愛機:Pentax K-70

○キャンプ・・・
・最近は登山&キャンプ、
ツーリング&キャンプの合わせ技が多い

島根県在住

月別アーカイブ

ランキング

以上のランキングに登録しております。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

ブログ内検索

PHOTOHITO

PHOTOHITOブログパーツ

アクセスカウンター


現在の閲覧者数: