FC2ブログ

【新年登山】20150103吾妻山登頂【ここはゲロ山だった】

DSC_4234.jpg
雪山登山を始めてからいろいろな人との出会いがあって
ソロ登山じゃなくいろんな人にいろんなところに連れて行ってもらえるようになった。
ちなみに。。。


米子の山岳会に入る決心を固めた。
もう逃げない惑わない。
皆さんすっごいいい人たちで一緒に登ってて
超楽しかったし色々教えてもらえて
とても勉強になる登山だった。
ホント山のネットワークっつーのはすごいね。
いろんな知識が凝縮されてる。
自分の限界も色々とわかった。
色々教えてもらった。
今回はそんな冬の吾妻山登山に同行した日記だ。
夏の吾妻山の一般登山道はとても登りやすいし
景色きれいだしで登っててとても登りやすい。
しかし雪山となると事態は一変していた。

DSC_4206.jpg

2015/1/3 05:00
JA雲南大東支店にて待ち合わせ
移動と合流を繰り返し
7:00 吾妻山到着。
今回は八名の登山者が集まった。

○今回の俺の装備
・まぁ登山で使う靴とかストックとかカップめんとかその他色々
・スノーシュー(これがないと冬の吾妻山登頂は不可能だと思われる)
・尽きぬことを知らぬ気合と根性(これがガチで一番必要だった)

07:20登頂開始!!!
試合開始のゴングと共に皆で即ラッセル開始!!!!
八人で編隊を組んでムカデ行列のごとくラッセルを繰り返し
ただひたすらに突き進む。
本当に突き進む。
その一択しか今の俺たちにできることはなかった。
とにかく突き進む。

DSC_4207.jpg

残念ながら俺は始めの数分だけラッセル先頭を
しただけで後は最後まで後続に回った。
ムカデラッセル、先頭が行き踏み固めたり道作らなかったりとかで
一番しんどいのにほとんどできなかった。。。
体力と経験と知恵が足りなさ過ぎた。。。
雪山、本当に難しい。。。

ラッセルを繰り返すこと二時間。
信じられない光景が目の前に!!
凍りついた中国山脈の山々。
写真では伝えることができないくらいに
神々しい風景だった。
心が山になっちまうよ><
これは本当によかった。
これ見に来た!!

DSC_4212.jpg

さらに五分後。
雄大な吾妻山が眼前の聳え立つ。。。
これも見に来た!!
もう俺を山にしてくれ!!
感慨に浸っている暇はない。
これから、こいつを攻略するんだ。

DSC_4218.jpg


09:26吾妻山本体の攻略を開始する。
なんでも一般登山道はもっと別の場所にあるらしく、
ここは通常は歩行できないらしい。
雪山だからこそ飛び込んでいけるところらしかった。
スノーシュー、大枚はたいて買ってよかった。。。

しかしすさまじい斜度だ!!
もうだめだ!
もうだめだ!!
弱音が何度も飛び出した。
皆は弱音を吐くことなくがりがりとラッセル行軍を続けていた。
こいつら、物の怪の類に違いない!!
残念ながら値を上げた俺は後ろからついて行ってたんだけど
ついて行くだけでも半端ない体力を使う。
鬼か!吾妻山!!

DSC_4224.jpg


10:24無事、吾妻山山頂到着。
すさまじいラッセル行軍だった。

DSC_4234.jpg


山頂の景色もすばらしかった。
眼前の休暇村吾妻山、夏は草原に囲まれたすばらしい景色を
見せてくれるのだが、
今は雪の下で静かに眠っているようだった。
夏、また寄らせていただきます。

DSC_4232.jpg

途中、今回の登山に誘ってくれた森加さんのGPSが紛失するという事件が発生。。。
色々とくまなく探してみたけど結局見つからなかった。。。
とても高価なものなのに。。。

その後、近くの吾妻山山頂小屋で休憩、昼食。
この山小屋はすばらしかった。
無料!
トイレ水付き!
小屋内になべとか常備してある!
もう山小屋が寝袋持ってきてくださいって言ってた。
ちなみにその日も泊る組が五六人集まってた。
ラッセルありがとうございますって言ってた。
このくそ寒い中とまるってホントすごいと思う。
楽しそう><
まぁ雪が溶けたら考えようかなって思う。

DSC_4237.jpg


その後14:14下山。
登りはラッセルしてたってのもあって
登頂に三時間くらいかかったのに
下りは一時間くらいで降りれてしまった。。。

DSC_4239.jpg


帰りに出雲湯村温泉で一風呂浴びて帰宅。
最高に楽しかった~。

DSC_4241.jpg


雪山登山、すさまじい体力とすさまじい危険と
すさまじいお金がいるんだけど
ホントにはまった。
ガチで楽しい!
ぜひまた行きたい。
スポンサーサイト



2015-01-04 : 登山 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

【謹賀新年】夏山登山道とか北壁とか

新年、明けましておめでとうございます。
今年もなにとぞよろしくお願いします。



俺の専属美容師である飯塚君に髪を切ってもらうとき、俺は決まってこう注文する。

俺「短くしてください」

しかしこれで飯塚君は大体理解してくれて
いい具合に髪を短く切ってくれる。
さすがプロだ。

今日もいつものごとく飯塚君に短くしてもらうよう
頼んでみた。
しかしこの日、それだけでは満足できなかったのかなぜか彼は聞き返してきた。
飯「どういう風に短くしましょう???」
俺「若く見えるようにしてください」
考えるまでもなかった。

そんなこんなで俺は飯塚君とどうでもいい話をしながら
だらだら一時間くらい散髪をしている。
今日もそんなどうでもいい話で散髪は終わるはずだった。

マネージャーさん「山本さん、明日大山登りますけど一緒に行きませんか??」
俺「行きます。」

即答だった。
さらに購入を悩んでいたスノーシューも即効で買いに行った。
五万した。
後悔はない。
そんなこんなで俺の大山冬山登山は散髪をしながらいきなり決まったのだった。


12/29 07:00大山南光河原駐車場集合

DSC_4019.jpg


今回は森加さん、高橋さん、絹さん、俺の四人のメンバー。
ベテランの森加さんに案内されて大山夏山登山道を登ることになった。

この日は空気がすごい澄んでて登っている最中とても景色がきれいだった。
大体がすってるときにしか登っていなかった俺だけど
今日はこの景色に感動した。
山中付近はやっぱりガスってたけどね^^;

DSC_4048.jpg

DSC_4052.jpg

DSC_4024.jpg


10:48登頂完了。

DSC_4056.jpg


すさまじく寒い。
死んでしまう!!
おとなしく山小屋に非難をしてカップめんを食す。
カップめん、間違いがないうまさ!!

その後、ピッケルを使って滑落防止訓練をした。
結論・・・滑落したら助からない。


訓練でわざと滑って転がって
ピッケルにしがみつくんだけど大体勢いがすごいついてて
ピッケル握り締めてても全然止まらんのよね。
そこで気づいてしまった。
滑ったら死ぬ。
気をつけて登ろうと思った。

あとはスノーシューつけて北壁目指してみたり色々とした。
大の大人が雪遊びしてる光景は見てて楽しかった。

DSC_4066.jpg

DSC_4070.jpg

DSC_4074.jpg


14:30頃下山完了。
七時間の行軍だった。


雪山登山、ガチではまりました。
今年もがっつり登りましょ~
2015-01-01 : 登山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

Hiroshi

Author:Hiroshi
-MENU-


初めまして、こんつは。
Hiroshiと申します。
どうぞよろしくお願い致します。
私生活を脈絡なく綴る
日記ブログです。

○登山・・・鳥取県大山中心に
・まだまだ初心者です。
・米子クライマーズクラブに所属。


○バイク・・・たまにツーリング
・愛車:CBR250R 2013年式
・バイク歴は7年くらい

○カメラ始めました:
・愛機:Pentax K-70

○キャンプ・・・
・最近は登山&キャンプ、
ツーリング&キャンプの合わせ技が多い

島根県在住

月別アーカイブ

ランキング

以上のランキングに登録しております。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

ブログ内検索

PHOTOHITO

PHOTOHITOブログパーツ

アクセスカウンター


現在の閲覧者数: