FC2ブログ

三瓶自然の家、クライミング

2018/10/27
三瓶自然の家にクライミングに行った。
難しいかと思ったけど、俺でもちょこちょこ登れた。

IMGP7119.jpg

10メートルくらいの壁でそんなに難しくない。
俺みたいにがむしゃら突撃でもなんとか行けるレベル。

IMGP7131.jpg
でも疲れてぶら下がって休憩。
その後上まで行けた。
もうちょっと練習しないとだねー。
スポンサーサイト



2018-10-28 : クライミング : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

阿弥陀滝ユートピア散歩

IMGP7043.jpg


先日行われた海抜0メートル登山でかなりの体力を消耗した。山力が落ちている!かなりの驚愕だった。荷物が多かったとはいえ、皆に大幅な遅れを取ったうえ、最終的にはばてるという体たらく。だめだ。これはだめだ。ということでソロ修行に出ることにした。行先は大山阿弥陀滝。そこから上宝珠越まで藪漕ぎしてユートピア、親指ピークを回る周回ルートを行ってみることにした。最後に行ったのが三年前だったのでソロで行けるか不安だったが、意外と問題なく行けて、ゆっくり写真も撮れて、よい山になった。

2018/10/21
10:00川床出発 → 11:40阿弥陀滝 → 13:00上宝珠越 → 14:30ユートピア → 15:40親指ピーク → 16:30大休峠 → 18:00下山

安定の遅め出発。ソロになるとどうしても締まりがなくなり、こんな遅め出発になってしまう。いけない。
川床、まだ紅葉が始まっていないなく、ダラダラと阿弥陀滝を目指す。ソロだったので鈴をつけた。二年前熊いたらしいしね。ゴルジュきれいだった。
IMGP7013.jpg
新しい川床の橋。すごいきれい。

IMGP7016.jpg
阿弥陀滝コースの看板。三鈷東谷との分岐にあったけど、こんな看板あったのね。今まで気づかなかった。

ダラダラと二時間で阿弥陀滝に。こんなに時間かかるのね。一時間くらいで着くものかと思ってたわ。ちょろっと写真撮ってここから藪漕ぎ本番なので気合を入れる。紅葉は全然してなかった。

IMGP7031.jpg
阿弥陀滝。藪ばっかりだ。


上宝珠越までの急登を一人で登る。誰も来てないだろと思ってたけどそこここで人の足跡やら気配を感じた。好きな人は来るのね、ここ。ちょっとうれしかった。途中少し道が合ってるのかなぁ??って不安になりながらもなんとかテープを探して宝珠尾根に出る。意外と阿弥陀滝までの道で迷った。雌滝のほうに行ってないかなぁ??ってちょっと不安になったりしたけどばっちり雄滝に着いたなぁ。
ここからは一般道をダラダラ歩くだけだ。紅葉を楽しんだ。
途中、真っ赤に染まったブナの隙間から見えた三鈷峰がきれいだった。
IMGP7043.jpg


ユートピアに着いたら若い男女が小屋の中で休んでいて、女の子の方が動けなくなってた。大丈夫かな。ちょっとはげましたら元気になってた。無事に下山出来てたらいいけど。
ユートピア周辺は紅葉は完全に終わっていた。
この辺風も強くて寒いからねー。
IMGP7068.jpg
天気は快晴で風もなく、弓ヶ浜までよく見渡せた。
絶好の登山日和!

そそくさとカップ麺をすすって下山に入る。早く下りないと日が暮れる。この時点で15:00を回っていた。山登るなら朝早く行かないとだね。
紅葉している親指ピークも撮りたかったけど俺が着いた時にはすでに日が落ちかけてて写真ではほぼ真っ黒になってしまった。実物はすごいきれいだった。
IMGP7081.jpg


ダラダラ歩みを進め、大休峠を過ぎたくらいで日が暮れた。ヘッドライトで下山する。
IMGP7084.jpg


川床の車、登り出すときはいっぱいいたけど、帰るときには俺だけになってた。案の定最後だった。

とても疲れたw体力の低下が甚だしいな。でもいい山になった。またソロ修行に行きたい!
2018-10-28 : 登山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

海抜0メートル登山@夏山登山道

IMGP7000.jpg


何が楽しいのかよくわからないが、山岳会のプランで海抜0メートル(海をタッチして大山夏山登山道山頂まで登る)
登山をしようという目的がよくわからない登山に参加してきた。
目的は海抜0メートルから大山に登るということなのだろうが
俺としてはそんなことして一体なにがあるのかな?達成感かな?とか思って参加した。
たかが夏道だろ、余裕だろと思ってた山だったが、
かなりの修行だった。



【ルート】
2018/5/13
5:50 日吉津 海浜運動公園 → あまりにしんどすぎて途中覚えてない → 11:00 南光河原 → 
ここからかなり修行だった → 13:50 弥山山頂(13:30山頂小屋で昼食を食べた) → 
16:15南光河原
計10:20:55

IMGP7009.jpg
下山後の写真。時計はストップウォッチ。

■詳細:

米工小屋に前泊、ちょろっとビールを飲んでだらだらして寝て翌朝を迎える。
起床は4:00。
準備をして日吉津にある海浜運動公園で全員が集合した。
この時、5:30くらいだった。
この時は適当に歩いてたら終わるだろうと思っていた。
なめてたね、俺。

6:00。
海をタッチして海抜0メートル達成!
そこからそそくさとスタート。
ダラダラ歩く。
大山の麓に着くまではちょっと寒かった。
そこから一気に南光河原まで登る。
結構な急登。
今回、ストックは使わないと決めていたので
気合で足を進めた。
途中、淀江どんぐり村と南光河原駐車場付近に
山仲間が作ったエイドステーションがある。
これには救われた。
アクエリアスと甘いもののコラボが絶妙だった。
バナナもうまい!
フルーツ最高!

IMGP6998.jpg


南光河原についたときにはかなり体力を消耗していたが、
これには救われた。
道中、もっと全体の動きを写真に収めたかったが、
本人の体力不足故、そんな状態じゃなかった。
お恥ずかしい><

11:00。
ここから一気に登山道に入る。
南光河原にデポしておいた車から豚汁グッズを取り出し、
全員で分けてザックに入れる。
俺は水だけ積んで登った。

天候はよろしくなく、天気予報は大きく嘘をつき、
パラパラと雨が滴る様相だった。
それでもカンカン照りの暑い中を登るよりはましかと
思い直し歩みを進める。
足が重たい。
五合目くらいでもう正直限界だった。
先発組には頭が上がらない。
ドンドン見えなくなってしまった。
13:00。
無事山頂へ。
五合目以降はぼちぼち紅葉も終わっていた。
天気も悪く、視界は全くなかったし、
体力も限界で膝が笑っていた。
そんな中、何とか山頂小屋で陣を組んで豚汁を作ってみんなで食べた。
ちょっと薄かったが、やはり山の中で食べるごはんはうまい!
元気が戻った。

山頂で集合写真を撮影後、そそくさと下山。

下山はちまちま登山道を撮れた。
IMGP7005.jpg
別山。
山頂付近の紅葉はもう終わりだろう。

IMGP7003.jpg
7合目付近。
来週にはもう散ると思われる。
天気よかったらなー。
光が当たらないから写真も微妙。

16:00。
足が震えて道中怖かったが、なんとか下山できた。
とんでもなく消耗した山だった。
下山後、小屋で慰労会が行われたが、
適当に鍋をつついて酒を飲んで、各々がそそくさと寝た。
22:00にはみんな寝てたと思う。

翌日、法事があり6時過ぎには退散したが、
消耗が激しく法事もそそくさと引き上げて部屋で寝ていたのは内緒。


海抜0メートル登山。
やってよかったかどうかはわからないが、
まぁいい経験にはなったような気がする。
またやりたいかと言われたら首をかしげるが、
やるとしたら、ちょっとトレーニングからやり直さないとはなしにならないなと
痛感した山だった。
体力、大事だね!
2018-10-14 : 登山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

後立山連峰、船窪小屋遠征

IMGP6809.jpg

山仲間から船窪小屋に行こうと誘われたので行ってみた。
しかし船窪小屋ってどこやねん!
調べてみると後立山連峰のどこかにあるらしい。
北アルプスでも一番の難所とか書いてある。
ホントかな??
とりあえず行ってみることにした。
仕事休んで><
まぁ仕事のことは帰ってから考えればいいわ!
久しぶりの遠征は天候にも恵まれ最高に気持ちがいい遠征になった。

①日時:2018.9.22-2018.9.23
②行先:船窪小屋
③メンバー:山仲間三人&俺
④行動記録:
9/22:七倉山荘(7:00)→鼻突八丁(10:40)→天狗の庭(12:00)→船窪小屋(13:00)→七倉岳(14:00)→船窪小屋(15:00)
9/23:船窪小屋(7:00)→七倉山荘(11:00)

例のごとく21日金曜に松江に集合して
松江の先輩と二人で夜な夜な長野を目指す。
遠い。
どっちかが運転してはどっちかが寝てを繰り返し
二人でなんとか長野まで歩みを進める。
台風の接近もあって道中はガンガンの雨。
山行自体がやめたほうがいんじゃねーの的な状況でもあった。

22日早朝4時。七倉山荘に到着するそこから6時まで仮眠。
寝とかないともたんぜよ。

七時頃。
雨脚もそんなに激しくなくなったので
ぼちぼち登り出す。
悪路とあったけど普通の登山道だった。
途中鼻突八丁というはしご場がしんどいとwebで書かれていたが
まぁ確かに急だったが普通に登れた。

IMGP6716.jpg


山頂付近は紅葉していた。

IMGP6871.jpg


とてもきれいだった。
天狗の庭から見た裏銀座縦走路がとてもきれいだった。
いつかは行ってみたいな、裏銀座。

IMGP6878.jpg


そんなこんなで船窪小屋到着。

IMGP6859.jpg


天気も良く、最高の山日和だった。
七倉岳まで行ってみる。
立山、剱岳、穂高、槍。
有名な山が一望できるいいところだった。

船窪小屋は食事に力を入れているらしく、
夕食もおいしくいただけた。
ごはんとビーフシチューはお替り自由!
アザミの天ぷら。初めて食べたが、おいしかった。
ビールもうまい!

IMGP6819.jpg


夜には滝雲も見られていい小屋泊になった。

IMGP6840.jpg



翌日。だらだら下山してお土産を買って早々に帰路に着いた。
途中に見た鹿島槍ヶ岳。
すばらしかった。
ぜひ登りたい。
IMGP6905.jpg


その日は三重に一泊して三重、京都を観光した
伏見稲荷神社に行けたのはよかった。
IMGP6951.jpg


京都ラーメンでうまい!と言われる一番旭というラーメン屋に行った。
一時間位並んだけど。。。
俺の舌には合わなかったらしい。
まぁおいしかった。
IMGP6959.jpg

でも醤油とんこつはあまり自分の趣味ではないようだった。
IMGP6963.jpg



船窪小屋遠征。
とても楽しかった。

また遠征に行きたいな。
もう来年かな。
そろそろ雪降ってくるしな。
2018-10-07 : 登山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

祖母他界

ばあちゃんが死んでしまった。
2018年9月30日、満95歳の大往生だった。
最後はしゃべれなくなり、ご飯も食べれなくなった。
骨折して足を切らないといけないかもしれないというところまで行った。
そこまでして生きていかなければいけないかと
思うところもあったが、
結局足は切らなくてもよくなり、
病院も退院できるかなと思った矢先の出来事だった。
突然症状が悪化し、9/30日曜の朝8時前にはもう死んでいた。
結局誰も死に目には会えなかったらしい。
今は通夜、葬式も終わり、とりあえず落ち着いたが、
やはりショックは大きい。

とりあえずばあちゃん、どうか安らかに。
2018-10-06 : 実家事情 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

Hiroshi

Author:Hiroshi
-MENU-


初めまして、こんつは。
Hiroshiと申します。
どうぞよろしくお願い致します。
私生活を脈絡なく綴る
日記ブログです。

○登山・・・鳥取県大山中心に
・まだまだ初心者です。
・米子クライマーズクラブに所属。


○バイク・・・たまにツーリング
・愛車:CBR250R 2013年式
・バイク歴は7年くらい

○カメラ始めました:
・愛機:Pentax K-70

○キャンプ・・・
・最近は登山&キャンプ、
ツーリング&キャンプの合わせ技が多い

島根県在住

月別アーカイブ

ランキング

以上のランキングに登録しております。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

ブログ内検索

PHOTOHITO

PHOTOHITOブログパーツ

アクセスカウンター


現在の閲覧者数: