FC2ブログ

日中貿易額からみる日中関係の展望

 日中貿易額が7年連続で過去最高額を更新しています。しかしグラフを見ていただければわかりますが実質1990年からのび続けておりマイナスに転移なるのは1998年だけです。1998年は1997年に起こったアジア通貨危機のあおりを受けてマイナスなったと考えるのが一般的です。さらに一時期政府が貿易を引き締めたことがあるためとも考えられるでしょう。それ以外は順調に日中貿易が成長していっているということがわかるグラフなのではないでしょうか。クリックしてでかくしてくださいね。
20060225182557.jpg

ジェトロ - 日本貿易振興機構
http://www.jetro.go.jp/news/releases/20060221412-newsをもとに作成

 大きな変化は輸入出の伸び率が近年下がってきているということです。今年は3年ぶりに輸入の伸び率が前年度を下回りました。輸出に関してもここ二年、少しずつではありますが拡大のペースがダウンしています。
 とはいうものの日中貿易が拡大を続けているというのは事実。輸入はすでにアメリカを越えて一位ですし、輸出も年々一位のアメリカに迫る勢いがあります。ちなみに今年、中国の輸出額と香港の輸出額を足すとすでにアメリカを抜きます。
 気になる方はジェトロのHPを確認してみてください。細かい指標まで載っています。
 ブロガーのほとんどの方が排他的アジア主義で少し残念です。しかし、現実は日中関係は切り離すことができないほど親密であるという事実を忘れないでください。その上で様々なところに弊害があるのも事実。例えばいつ中国バブルが破裂するのか、反日デモのときのように暴言を吐かれるのかといった不安と怒り。過去の歴史に対する困惑。私自身、自分たちはいつか中国にやられるのではないかというような一種の心理的なゼロ・サムゲームを行っているようにも感じることがあります。しかし、近隣諸国との関係がそんな陳腐である必要のないのではないでしょうか。陳腐であればあるほど日本国にとっては危険であるという事実もあります。(突発的な軍事行動を行ったり、経済的な障壁を作りやすい。現に日本領界を中国潜水艦は通っている)関係が薄いため強くものをいうことができない、言っても信頼関係がないため交渉すらできないというのが現状のように感じます。ここはまず中国と友好関係を築き、互いの意思疎通を確認したうえで様々な交渉に移る方が建設的ではないでしょうか。
スポンサーサイト



テーマ : 外交
ジャンル : 政治・経済

2006-02-25 : 外交・安全保障 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

最近、日本人のほとんどは、「主義をもたない」と思うようになりました。
主義が判断基準というよりは、「自分の感傷」が判断基準なのかなぁと。
「こうあるべきだ」ではなく、「自分がこう思うから、この方が良いから」という判断、日本人に論理性が足りないといわれる所以かなぁ。
言い換えれば「自己主義」?
論理的引きこもりかなぁ(他を見ない論理だから)。
だから、日韓共催のワールドカップで韓国の試合を応援したり、「嫌韓流」で韓国嫌いになったり。

PS:「嫌韓流」、非常に都合のよい言葉。「嫌い」なら論理はなくてもかまわないからねぇ。
2006-02-26 11:34 : D.M.Blue URL : 編集
>D.M.Blueさんへ
 
 うぉう、「嫌韓流」、あんなの科学じゃない!・・・とはいうものの面白い本だというのはよく聞きます。一応事実が書いてあるんで。ただあのような事実には韓国版と日本版があるはず。韓国版を見たなら日本版も探さないと意味内容に思う今日この頃。
 別に私はあまり重視してませんがこれは根本的には「ナショナリズム」の問題かなぁ、と。ナショナリズムとは何かと聞かれると答えに窮しますが少なくともスポーツ観戦や漫画一冊で左右されるような安っぽいものなら、それは本当に「自己主義」なのでしょうね。
2006-02-26 11:59 : Hiroshi URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Hiroshi

Author:Hiroshi
-MENU-


初めまして、こんつは。
Hiroshiと申します。
どうぞよろしくお願い致します。
私生活を脈絡なく綴る
日記ブログです。

○登山・・・鳥取県大山中心に
・まだまだ初心者です。
・米子クライマーズクラブに所属。


○バイク・・・たまにツーリング
・愛車:CBR250R 2013年式
・バイク歴は7年くらい

○カメラ始めました:
・愛機:Pentax K-70

○キャンプ・・・
・最近は登山&キャンプ、
ツーリング&キャンプの合わせ技が多い

島根県在住

月別アーカイブ

ランキング

以上のランキングに登録しております。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

ブログ内検索

PHOTOHITO

PHOTOHITOブログパーツ

アクセスカウンター


現在の閲覧者数: