FC2ブログ

ほんとにネタがなかったので・・・三国志ネタ

 三国志占いをしました。結果・・・

諸葛瑾!!


 ・・・まにぃですなぁ。諸葛亮の兄貴で呉、蜀の外交に力を注いだ人物ですなぁ。(諸葛瑾は呉の外交官ですので・・・)

 ここで中国について。中国が中国と認識されるようになったのは20世紀、中華民国が成立してからです。多くの方が三国志=中国と思われがちですが、このころは特に国家の定義は不安定でした。その後晋、隋、唐、元、明、清など、中国大陸を統一、もしくは部分的に統一した国はありますが、それでも中国という概念はまだ生まれてきません。その頃は国単位で例えば魏、呉、蜀と外部のものは認識していました。(他にも明とか清とか)
 それが1912年、袁世凱が中華民国成立を宣言しています。これが中国という概念の作っています。袁世凱は清朝の国土を"一つの中国"と呼び中華民国の国土と定義しました。これが中国という概念を生み出します。中国といった場合、とっさに台湾、モンゴル、チベットの含まった中国という地域を連想されるのではないでしょうか。それが中国です。
 この中華民国成立に対し、当時の日本の学界は至極激怒します。当時は日本の介入によりかなり国力を低下させていた中華民国が自らを「世界の中心の華やかな民の国」と称したのです。そこで日本の学界は英語のChinaからとって中華民国を"支那"("しな"と読みます)と称するようになります。これを見てもわかるように、日本の学界の感情により単純に英語のChinaのローマ字読みではなく、侮蔑の感情が含まっていることがわかるでしょう。支那は客観性を無視した蔑称です。当時の中国研究はかなり衰退したものだったのではないかということが推移できます。
 
 ちなみに三国志クイズもやりました。上級で7~8点。冠位は「宗正」、九卿のひとつらしい。・・・あまりに難しすぎます(涙)お暇ならやってみては。↓

三国志クイズ
スポンサーサイト



テーマ : 雑記
ジャンル : 政治・経済

2006-02-27 : 小話 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

レベル4「兵卒」でした(笑)
2006-02-27 18:55 : しゃんべんへ URL : 編集
 ・・・兵卒。一番始めに死ぬ兵士のことじゃねぇかぁ!現在でいう2等兵くらいだぞ!!敵に突撃していって武将とかに斬られて終わりで台詞とか「うわぁ~!!」とかって画面の端に書かれてるくらいの雑兵のことだぞ!!もっと気合出して修行するんじゃ!三国志道はまだまだ険しいぞ!!
2006-02-27 21:40 : Hiroshi URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Hiroshi

Author:Hiroshi
-MENU-


初めまして、こんつは。
Hiroshiと申します。
どうぞよろしくお願い致します。
私生活を脈絡なく綴る
日記ブログです。

○登山・・・鳥取県大山中心に
・まだまだ初心者です。
・米子クライマーズクラブに所属。


○バイク・・・たまにツーリング
・愛車:CBR250R 2013年式
・バイク歴は7年くらい

○カメラ始めました:
・愛機:Pentax K-70

○キャンプ・・・
・最近は登山&キャンプ、
ツーリング&キャンプの合わせ技が多い

島根県在住

月別アーカイブ

ランキング

以上のランキングに登録しております。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

ブログ内検索

PHOTOHITO

PHOTOHITOブログパーツ

アクセスカウンター


現在の閲覧者数: