FC2ブログ

無知の恐怖

 浜辺でいじめられていた亀を助けた浦島太郎はそのお礼にと亀の背中にまたがり竜宮城へ行きました。そこはまさに桃源郷のようなところで、浦島太郎はおいしいものをたくさん食べ綺麗な着物を着て時間を忘れてそこで暮らしました。最後に陸へ帰るときになると決して開けてはならないと一つ、玉手箱をもらいました。陸に帰った浦島太郎は唖然としました。自分の住んでいたところがまったく変わっていたからです。おどろいた浦島太郎はなにを血迷ったのか開けてはならないと言われていた玉手箱を開けてしまったのです。玉手箱の中から煙がふきだし、浦島太郎はあっというまにおじいさんとなってしまったのでした。
 と、ここまでは普通の浦島太郎の物語です。ここで質問です。浦島太郎は、なぜ浦島太郎となりえたのでしょうか?
 長期の堕落でしょうか。日常との乖離でしょうか。感情的であったことでしょうか?なにが浦島太郎を象徴しているのでしょう?ここで定義してみた三つはあくまで私の私見です。
 
 ①長期の堕落
 長い間竜宮城で遊びまわっていたことにより生きているという緊張感を失ってしまった。よってなんらかの欲求(知的、活動的、生産的etc...)を失った。長期間刺激のない環境にいると人は刺激に麻痺してしまう。
 ②日常との乖離
 日々の習慣、ライフサイクル、それを壊してしまったことによる反動。これが浦島太郎だったのではないか。
 ③感情的であった
 開けるなと止められていた玉手箱を開けてしまった。そこで感情的になってしまった。これは浦島太郎の怠慢ではないか。
 
 これらが私の私見です。なぜこのようなものを書いたのかというと私自身、浦島太郎状態だからです。ここ2週間、海外にいることが多く日本のニュースをほとんど見ませんでした。勉強もちょっとやってないです。この前上海から帰ってみたんですがいろいろなことが起こっていました。衝撃でした。なぜこの様なことが起こったのか、そしてなぜそれらを認識できないのか。その理由として浦島太郎、つまり上記した三つが考えられます。なにが浦島太郎なのかというのはその切り口です。いかんですね、ちゃんと連続的に勉強しましょう。無知はやはり恐怖ですよ。
スポンサーサイト



テーマ : 日記
ジャンル : 政治・経済

2006-03-31 : コラム : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Hiroshi

Author:Hiroshi
-MENU-


初めまして、こんつは。
Hiroshiと申します。
どうぞよろしくお願い致します。
私生活を脈絡なく綴る
日記ブログです。

○登山・・・鳥取県大山中心に
・まだまだ初心者です。
・米子クライマーズクラブに所属。


○バイク・・・たまにツーリング
・愛車:CBR250R 2013年式
・バイク歴は7年くらい

○カメラ始めました:
・愛機:Pentax K-70

○キャンプ・・・
・最近は登山&キャンプ、
ツーリング&キャンプの合わせ技が多い

島根県在住

月別アーカイブ

ランキング

以上のランキングに登録しております。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

ブログ内検索

PHOTOHITO

PHOTOHITOブログパーツ

アクセスカウンター


現在の閲覧者数: