FC2ブログ

呼称の多様と自己認識


 これはあくまで私の主観でしかありません。しかしケースを変えれば、あなたの主観にもなりえます。おそらく、確実に。


 
 最近思ったことですが、(ってか結構前から気づいてましたが)私の呼称は人それぞれかなり違ったりします。とりあえず大学の周りにいる人たちは私のことを

山、山さん、山くん、山本君、山本さん、山本先輩、山本、じぃじ、Hiroshi、Hiroshi君、Hiroshiちゃん、しゃんべん、あにき

などと呼びます。だいたいこれくらいでしょうか?とりあえず思い出せるだけ。実家をあわせるとさらに増えます。

ひろっさん、ひろまん、やまもっちゃん、もってぃ

 だいたいこのくらいでしょうか?なんか思い出したらさらに増えそうです・・・ちなみに後ろに行けば行くほど少数派。前の方に書かれている呼称で呼ばれることがほとんどですね。しかし、少数派の人は今でもこんな感じで私のことを呼びます。ちょっと私自身聞いてて面白いです。なんで一般的な呼び方をしないんだろう・・・みたいな。
 呼称についてはだいたいどこに行っても同じように呼ばれるという人と全然違う呼ばれ方をするという人の二通りがあるように思えます。私の場合は場所、年齢、性別などによってかなり違います。だから呼称がたくさんあります。
 これらの呼称は私の本名とかなり乖離して一人歩きをしていますね。それは私が認識している私ではない部分なのではないでしょうか。例えば私は私のことを本名で認識していて、それに付随して「私は優柔不断だ」とか、「私は泣き虫だ」などというように私自身を定義付けしているとしましょう。しかし、私のことを"山"と呼ぶ友人Aは私のことを「Hiroshiは頑固だ」とか、「Hiroshiはすぐ怒る」というふうに認識していて、それが"山"という呼称に投射されているのかもしれません。人それぞれがHiroshiという人間はこうだと思い、それを呼称に投射しているのだとすれば、Hiroshiという人間の認識は本当に多様であるように感じられますね。
 もっと切り込んでみて、私のことを"山"と呼ぶ人間と私のことを"山本さん"と呼ぶ人間とにはそれぞれになんらかの共通点を見出すことはできませんか?例えば"山"と私のことを呼ぶ人間は私のことを「頑固だ」と共通に考えていて、"山本さん"と呼ぶ人間は私のことを「泣き虫だ」と共通に考えているというようにです。どうなんでしょう?
 このように考えていくと不思議な気分になります。私という人間は私一人なのにも関わらず、誰かから見た私と他の誰かから見た私は大きく違ってきていませんか?もしくは私から見た私と誰かから見た私でもいいかもしれません。どれが本当の私なんでしょう。
 私は私でしかありません。ゆえに私の認識は私がします。しかし、私は多様だったりします。そのような多様な私を認識しなおし、新たな私を考えてみるとさらなる私が見つかるかもしれないですね。


私が誰であろうと、あなたが誰であろうと、それらは全て私次第。
スポンサーサイト



テーマ : 雑記
ジャンル : 政治・経済

2006-06-12 : コラム : コメント : 8 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

おばあもあるよ
2006-06-13 14:05 : 狩人S URL : 編集
ジョハリ
ジョハリの窓っていうのをやってみたら面白いかも♪
ジョブカフェのワークショップでやったこともあるし,多分数人の身内でもできると思うよ☆
それこそ
“いろんな自分を発見しよう!”
みたいな^^
2006-06-13 17:39 : むっく URL : 編集
>狩人S
 ・・・あんまおばあとは呼ばれない気が・・・さらに少数派だなぁ

>むっく
 今度みんなでやってみるのもいいかも☆
2006-06-13 20:00 : Hiroshi URL : 編集
一歩引いてみると、

基本はあなたの名字があるところからきているわけです。

ということは、周りの人はそのイメージから抜けきれない人か、抜けきれる人かという違いもあるわけですよね。
そして、自分のことを自分が一番分かっているか、というのも、それはそれは怪しいわけで。

というふうに、迷宮入りするのが好きな私でした。(笑)

人に対するイメージは結構タイミングだったりするような気もします。
2006-06-14 10:14 : few URL : 編集
呼称の多さは人気のバロメーターですよ。Hiroshiさん自分の存在の必要性を信じましょう!
2006-06-14 12:31 : 大納言 URL : 編集
>fewさん
 おぅ!!書き込み恐れ多いですm(__)mちなみに私の担当教官も見てたりするんで(たまに書き込みあるんで)念のために言っておきます(笑)
 タイミング・・・その概念はよくわからんですねぇ・・・ちょっと興味深いです。
 私の場合名字から抜けきって呼ばれる場合が多いです。名字で呼ぶ人もいますけど。どうなんですかね?呼称と信頼関係は比例するんでしょうか?でもずっと名字で呼んでたら慣習化してる部分もあったりして。面白いですねぇ・・・

>大納言
 そんなお前もすばらしい仲間だぜ!!!最高な仲間に乾杯!!!!
2006-06-14 16:09 : Hiroshi URL : 編集
お初です。
今更ながら・・・お初です。
いつもコメントありがとうございます。
・・・ってか、Hiroshi氏にはそんなにたくさんの『呼び名』があったとは・・・知らなんだv-356
「じぃじ」とか、はじめは誰のことかわかんなかったしねぇ(笑)
2006-10-26 19:03 : まぴー URL : 編集
>まぴー
お初ですm(__)m
ちなみに「じーじ」は私が寒がりだからです。
個人的にはfewさんのタイミング論が一番面白いと思いますよ☆
2006-10-27 13:52 : Hiroshi URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Hiroshi

Author:Hiroshi
-MENU-


初めまして、こんつは。
Hiroshiと申します。
どうぞよろしくお願い致します。
私生活を脈絡なく綴る
日記ブログです。

○登山・・・鳥取県大山中心に
・まだまだ初心者です。
・米子クライマーズクラブに所属。


○バイク・・・たまにツーリング
・愛車:CBR250R 2013年式
・バイク歴は7年くらい

○カメラ始めました:
・愛機:Pentax K-70

○キャンプ・・・
・最近は登山&キャンプ、
ツーリング&キャンプの合わせ技が多い

島根県在住

月別アーカイブ

ランキング

以上のランキングに登録しております。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

ブログ内検索

PHOTOHITO

PHOTOHITOブログパーツ

アクセスカウンター


現在の閲覧者数: