FC2ブログ

靖国についての私見

 また参られましたね、小泉首相。すさまじい討論が巻き起こっています。

小泉首相が靖国神社参拝 終戦記念日は初
Sankei Web
中華人民共和国外交部声明  小泉日本首相靖国神社またも参拝したことに強く抗議
人民網日文版--トップページ

日中関係史を専門に歴史を勉強しているHiroshiですが靖国の歴史に関してはまったくの無知です。いかんですね。一つ言えることですが、

「歴史認識に関しては歴史家に任せる」

というような小泉首相の発言は少しおかしいように感じます。歴史家はそんなことはしません。"認識"という主観が入った研究は歴史家の本文ではなく、客観的な事実のみを探求するのが歴史家の仕事であると私は考えています。(まだまだ未熟ですが…)認識についてまる投げするつもりはないですが、現在の世論を見てもわかるように認識は政治的手法(プロパガンダ、教育etc...)によって左右されるところが大きいです。靖国参拝に関しても現在、「参拝してよかった」と言う世論が51.5%。増えましたね。

次期首相の参拝44%反対 靖国で世論調査
共同通信社

 このように現在行われている靖国参拝はむしろプロパガンダとして大きく機能しているようです。それに順ずるようにメディアが報道するので日本国内では様々な議論が沸き起こっていますね。このプロパガンダは政治の右傾化にも大きくつながっているように感じます。

 的知識がないのでここでは靖国云々の歴史的考察はできません。力不足です。しかし、ここで政策論として私の私見を提示することができます。政策は

1、所得再分配
2、資源配分
3、経済安定化

の三つの機能を持っています。例えば経済政策や金融政策、外交政策などもこれらの機能を持っています。(公定歩合調査、ゼロ金利政策、諸外国との外交交渉etc...)
 では、靖国参拝はこれらの機能を果たしているといえるでしょうか。どこで所得が再分配されており、資源が分配されており、経済が安定化しているでしょうか?客観的な数値を出すことは至極難しいのですが、していませんね。
 つまり私の私見はこうです。

「靖国参拝に政策的な効果はない」

ここでは「日本国民としての誇り」などに順ずる感情的な意見は一切入っていないものとします。感情をコントロールしても国益は生まれません。

 ぜひ、このような政策論的な立場に立って靖国参拝をもう一度考察していただきたく思います。そしてその意味とは何か、効果とは何か、考えてみてはいかがですか?
スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 政治・経済

2006-08-17 : 歴史認識 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Hiroshi

Author:Hiroshi
-MENU-


初めまして、こんつは。
Hiroshiと申します。
どうぞよろしくお願い致します。
私生活を脈絡なく綴る
日記ブログです。

○登山・・・鳥取県大山中心に
・まだまだ初心者です。
・米子クライマーズクラブに所属。


○バイク・・・たまにツーリング
・愛車:CBR250R 2013年式
・バイク歴は7年くらい

○カメラ始めました:
・愛機:Pentax K-70

○キャンプ・・・
・最近は登山&キャンプ、
ツーリング&キャンプの合わせ技が多い

島根県在住

月別アーカイブ

ランキング

以上のランキングに登録しております。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

ブログ内検索

PHOTOHITO

PHOTOHITOブログパーツ

アクセスカウンター


現在の閲覧者数: