FC2ブログ

現代の日本の貿易相手

 現在の日本の輸出相手(2004年調べ)
1、アメリカ 22.5%
2、中国   13.1%
3、韓国   7.8%
  計    43.4%

 現在の日本の輸入相手(2004年調べ)
1、中国   20.7%
2、アメリカ 13.7%
3、韓国   4.8%
  計    39.2%

 これを見ていただければ分かると思いますが上位三国だけで日本の輸入出の約40%を占めています。もしこれらのどこかの国と関係が切れたらどうなるか、危険な状況だとは思いませんか?

参考資料:ジェトロ - 日本貿易振興機構
http://www.jetro.go.jp/indexj.html

スポンサーサイト



テーマ : 経済批評
ジャンル : 政治・経済

2005-10-26 : 現在経済状況 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

本当ですね。。。
自給自足をしないこと=グローバリズム化、のような構造に
なっている事が、危険を孕んでいますよね。。。

全く、その通りだと思います。。。
鎖国をしていた江戸時代では、うんこが宝でした。
まあ、素敵ですw。
現代人のうんこは、添加物だらけで使い物にならないそうです。
コンビニの影響大ですね。。。
2005-10-27 17:00 : 神新二 URL : 編集
はじめまして。その手の理屈はよく聴きますが、ひとつ大きな誤解があります。GDPに占める輸出額の割合は、9%以下です。これは世界的にみても低く、アメリカ(7.5%)と同じくらいの水準です。世界2位の経済大国であり、輸出品のほとんどが資本財であることから、アメリカとならいざ知らず、中国や韓国と手切れしたところで、すぐに他の市場が代替します。韓国や中国は対外依存度が国富の四分の1ですから、もし、貿易が途切れたら、再び通貨危機に晒されます。日本は世界で有数の内需主導型=他国の景気動向に左右されにくい 経済構造なのです。ただし、エネルギーと食料問題があるのでアメリカとはがっちり組まなければなりません。
2005-10-27 22:58 : UNSUI URL : 編集
皆さん、はじめまして
皆さん、始めまして。書き込みありがとうございます。返信が遅れてしまって申し訳ないです。ここのところパソコンを構ってなくて・・・

神新二さん
  初めまして。そうですね。でも、私は思うのですがグローバリゼーション=自給自足をしないというのには少し補足したいです。(経済
的にいえばそうなのかもしれませんが・・・)社会学的にいえば文化の多様性を侵害するものと言われています。(ギデンズという社会学者が言ってました)
 10月13日の日記でそんなことを少し書いてたりします。参考にしてみてください。

 UNSUIさん
  初めまして、書き込みありがとうございます。なるほど、そういう見方もできるわけですね。ただ、私の見解はちょっと違うみたいです。他国の景気変動に影響されにくいというのは少し疑問に感じます。1997年、アジア通貨危機の翌年、1998年に日本は戦後二度目のGDPマイナス成長を記録しています。当時、タイと(アジア通貨危機はタイのバンコクから始まっています)どのくらい交易していたかというと、(輸出しかわかりませんでしたが)8位でそのシェアはたったの3,5%です。
 まぁ、アジア通貨危機の場合は”通貨危機”が含まれているんでなんともいえませんが、それでもたった3,5%が日本に甚大な影響をおよぼして現在に至っています。
 それに、中国や韓国で通貨危機が起こったら確実に日本に甚大な被害が広がるでしょう。いろいろ多面的に考えないとこれはやばいなぁというのが私の結論です。

 お二人とも書き込み本当にありがとうございます。また来てくださいねm(__)m
2005-10-30 15:23 : Hiroshi URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Hiroshi

Author:Hiroshi
-MENU-


初めまして、こんつは。
Hiroshiと申します。
どうぞよろしくお願い致します。
私生活を脈絡なく綴る
日記ブログです。

○登山・・・鳥取県大山中心に
・まだまだ初心者です。
・米子クライマーズクラブに所属。


○バイク・・・たまにツーリング
・愛車:CBR250R 2013年式
・バイク歴は7年くらい

○カメラ始めました:
・愛機:Pentax K-70

○キャンプ・・・
・最近は登山&キャンプ、
ツーリング&キャンプの合わせ技が多い

島根県在住

月別アーカイブ

ランキング

以上のランキングに登録しております。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

ブログ内検索

PHOTOHITO

PHOTOHITOブログパーツ

アクセスカウンター


現在の閲覧者数: