FC2ブログ

盧溝橋の一発は誰が撃ったか

 盧溝橋事件は60年前、日中戦争(当時支那事変)勃発の契機となった事件です。これは有名な「盧溝橋の一発」、つまり先制攻撃の一発は日本側が撃ったのか中国側が撃ったのか、という問題で現在もなお研究中の問題です。よく、「盧溝橋の一発」は中国側の一発であったという論がネットワーク上で一般化されつつありますが、それには大きな語弊があります。 
 盧溝橋事件は1937年7月7日北京郊外の盧溝橋で夜間演習をしていた日本軍が、なにものかから銃撃を加えられたことで始まった日中両軍の軍事衝突のことです。この銃撃が誰のものかでその真相はいまだはっきりしていません。一説によると7月7日夜10時40分前後、竜王廟(昼間中国軍が駐屯していたと思われる場所)付近から2発の銃撃を受けたとされます。しかし、もう一説は3発の銃撃を受け、その後清水節郎大尉の集合号令、そして両説ともにその後始めの銃撃とは別の方角から数十発の銃撃を受けています。
 ここでの不明瞭な点は何発打ち込まれたのかというものだけではありません。銃撃はここで突然やんでいます。なぜでしょう。
 ここで一人の二等兵、志村菊次郎が登場人物としてあげられます。彼は始めの銃撃の少し前、伝令として中隊を離れています。そして銃撃後、中隊に合流しました。彼はどこに行っていたのでしょうか。
 ここまででわかっていることは、銃撃したのは今の時点では日本軍側でも、中国軍側でも、ましてや志村菊次郎でもない、ということです。銃撃したのは個人、もしくは小隊"A"でしかありません。
 まず、始めの数発の銃撃が加えられ、その後清水節郎大尉の集合号令がかかります。この集合にどれほどの時間がかかったかというのが問題1です。この中隊は135人で編成された部隊でした。この集合にかかった時間の長さが"A"が始めの発砲地点から次の発砲地点へ移動できた時間になります。もしくは、"A"のほかに個人、もしくは小隊"B"の存在があり、"B"が始めから次の発砲地点で待機していたのでしょうか。こうなると、少し策略という感じがしますね。
 さらに、集合後、数十発の銃撃を受けています。この銃撃を受けた時間はどれくらいだったでしょうか。数分ならわかりますが、数十秒なら当時の武装でそんな短い時間で数十発の連射は不可能です。前者なら分かりませんが、後者なら個人"A"、もしくは"B"が犯人であるという概念は消えます。
 また、ここで発砲は突然止まっています。なぜ、二度も発砲しておいてここでぴたりと止まっているのでしょうか。 
 もう一歩踏み込んでみましょう。当時、日本側も中国側も日中戦争の拡大を望んではいませんでした。泥沼化した戦争中、日本は対米関係の改善を図らなければなりませんでしたし(アメリカから経済封鎖を受けていました)、当時は中国からの軍の撤退論が主流でした。また、中国国民党側は中国共産党などの国内問題の混乱を収拾しなければいけませんでした。この一発は両国にとって本当はあってはならなかったのです。では、一体誰の意図だったのでしょうか。
 もちろん、ここでは誤射という概念を無視しています。実は、これが一番有力なのかもしれません。さらにそれが日本、中国どちらの誤射だったとしても(策略かもしれませんが)、それを口実に日本は中国を侵略した、これは消すことのできない事実です。

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

アフィリエイトはエーハチネット
フリースタイル決定版フリーボード

スポンサーサイト



テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

2005-11-30 : 歴史研究 ~北東アジアの追及~ : コメント : 6 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

カラフルな広告が気になる・・・。
文章とのギャップも。
まずは、人を集める方法を考えては
2005-12-01 01:38 : えいちゅけ URL : 編集
 なるほど、微妙に私も思いました・・・(汗) 
 助言ありがとう(^O^)お互い気合出しましょう!!
2005-12-01 09:26 : Hiroshi URL : 編集
疑惑の銃弾
あれ 爆竹って説もありますよ。だから、すぐに止んだ。
ソースは失念しましたが劉少奇がそう言って「日本軍ははめられた」とバカにしていたそうです。共産党の革命のために、戦争が利用されるのはよくある話です。劉少奇もほら吹きなので真偽は不明ですけど・・
ちなみに長谷川慶太郎氏の「歴史的頭脳を持っているか」にそのような記述があります。ではまた来ます。
2005-12-01 15:37 : SAKAKI URL : 編集
・・・どうですかね
 それ、私も不思議に思ったんですよね。何十発もの銃撃があったにも関わらず、死傷者が出ていない。夜だったから?それとも当時の武装の精度の問題でしょうか?これもまた一つの問題定義ですね。
 ただ、私の読んだ資料では兵は実弾かどうかの違いが音で分かったそうです。また、その少し前まで軍事訓練で空砲を鳴らしています。そこで爆竹を鳴らしたとしてもそれに対しどれだけ反応を示すでしょうか。
 とはいうものの、一因として考えなければならないでしょう。資料をあさって見ます。
 また暇があったらいらしてくださいね。
2005-12-01 15:47 : Hiroshi URL : 編集
こんばんは♪
あちゃ~^^;
Hiroshi さんごめんなさい^^;
お話についていけなくて(汗)
よ~くお勉強されてますよね~
え?普通は知ってるだろ?!って
聞こえたような・・・(笑)

オススメの本を載せられたんですね!
本はワタシも大好きなので、参考にさせて頂きます*^^*

毎度記事に関係のないコメントで
すみません。
2005-12-01 17:33 : かおきち URL : 編集
 かおきちさんこんにちは☆
 いえいえ、こんなマニアックなことは大学生とか学者とかが勉強してればいいことだと思いますよ。実際バイトとかしてるときはこんな知識まったく使いませんし・・・(苦笑)ってか勉強しない大学生ってのはちょっと問題だと私は思いますからね。
 なんかノリでアフィリエイト始めちゃったんですよ!!どうなんでしょうね?マジで儲かるのかな?(笑)どんな本が皆好きなのかすごく気になります。それによって貼り付ける本も変えたいし☆
 コメント、ほんとになんでもいいです。していただくだけで感謝感激ですよ。ありがとうございます。また来てくださいね。
2005-12-02 15:37 : Hiroshi URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Hiroshi

Author:Hiroshi
-MENU-


初めまして、こんつは。
Hiroshiと申します。
どうぞよろしくお願い致します。
私生活を脈絡なく綴る
日記ブログです。

○登山・・・鳥取県大山中心に
・まだまだ初心者です。
・米子クライマーズクラブに所属。


○バイク・・・たまにツーリング
・愛車:CBR250R 2013年式
・バイク歴は7年くらい

○カメラ始めました:
・愛機:Pentax K-70

○キャンプ・・・
・最近は登山&キャンプ、
ツーリング&キャンプの合わせ技が多い

島根県在住

月別アーカイブ

ランキング

以上のランキングに登録しております。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

ブログ内検索

PHOTOHITO

PHOTOHITOブログパーツ

アクセスカウンター


現在の閲覧者数: