FC2ブログ

「あなたは、何を愛していますか」

   「あなたは、何を愛していますか?」


 ・・・え?僕?・・・え、なんで?
 よくわかんないけど、強いて言えば国?だって内政干渉してくる諸外国があるしさ、軍事費も拡張するし、信じられないし。
 でも、僕は死にたくないよ。だから皆守って!国を守って!!どんどんお金使って僕たちを守って!!ぼくだとか、僕の家族だとか、友人だとか、恋人だとか、領域だとか、国土だとか、その他全部、絶対守って。僕は死にたくないから、だからあなたが守って。例えあなたが、死んだとしても。



 安全保障。この概念を否定することはできません。このことを考える際、私たちは何を守っているのでしょう。誰に守られているのでしょう。この疑問をもっと慎重に視野に入れるべきです。また、詳しい数値は明日提示するとして、少なくとも一つの大きな疑問に対して私たちは誰しも答えなくてはいけません。


    「あなたは、何を愛していますか?」
 
スポンサーサイト



テーマ : 時事
ジャンル : 政治・経済

2005-12-08 : 小話 : コメント : 9 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

“守る”
こんにちは^^
“‘守る’為,とか‘守った’とかいう言葉が釈明や理由づけの時に出てきたら,注意してくださいね”といわれたことがあります.“何を守る”のか,それは戦争でも外交でも個人レベルでも考えるべきだと思います.
“守る為”といって“自衛権だ”といって,干渉戦争だとか,いわゆる“自衛のための戦争”って起こっていますよね.そもそも個人や集団が何かを守ろうとする心理っていうのは,掘り下げていったら脆弱が炙り出されてきそうな気がします.
2005-12-08 18:02 : むっく URL : 編集
個人?国家?
 こんつは!!
 そうですね。この守る、極めて不明瞭です。今日行ったある先生も言っておられました。
 でも、とにかく今日は眠いです。(更新もできそうにないし・・・)なんか新天地のようなものも見えてしまったので今日はちょっと調べてみます。
2005-12-09 16:53 : Hiroshi URL : 編集
hiroshiさんの愛すべきものは何ですか?
2005-12-10 01:51 : unhiroshi URL : 編集
よくお国の為に死ぬと言う発想が、出ますが、あれは、結局、自分の大切な誰かを守る為の口実だと思うんですよ。国は、あくまで個人の集合体にしか過ぎない(過激に言えば)。自分が死ぬ事によって、大切な誰かが守れるのならば、喜んで・・。ただ、ダイレクトに言うのは、恥ずかしいので日本の為にといってしまいそうです。
2005-12-10 01:57 : taka URL : 編集
 おお、たくさん書き込まれてる・・・

>unhiroshiさんへ
 私と反対意見をがんがん教えてください。それが新しい私の視野となるはず。もちろん、unhiroshiさんにとっても。
 何を愛しているのか、私の場合まだ愛するものを探しているという段階なんでなんともいえません。ただ、たいていの人がこの「何を愛しているのか」という疑問と向き合っていないように感じたのでここに書きました。不明瞭な答えでごめんなさい。

>takaさん
 うん、現代のことろ諸個人の集合体である国家が個人を裏切りすぎてる。・・・そんな風に私は感じています。とりあえず、具体的な数値を今日書いておきます。
2005-12-10 16:04 : Hiroshi URL : 編集
“お国の為”
takaさんに便乗して.
新聞の投書欄に載っていたのですが,何かのTV番組で
“日本が戦争をすることになったらあなた達はどうしますか”
ということを,司会者が芸能人ふたり(男性)に問い,
“愛する人を守る為軍に入って戦います”
と答えたそうです.その発言に会場は拍手をしたそうです.その投稿者は
“愛する人を守りたいなら,軍に入って戦うのではなく,軍に入って戦わなくてすむような国であり続けられるように努力を払うべきだ”
と言っていました(要するに日本が戦争を起こさないように国民としての義務,出来る事をすべきだ,ということかな).自分の命と引き換えに愛する人を守れた,と思いながら死ねるなら幸せかもしれないけれど,本当に愛する人が生き延びたか幸せかということは死んじゃった本人には解りませんよね.そんな(傍から見たら)哀しい死に方をする人が一人でも少ない社会を可能な限り実現させるということが,その投稿者の言っていた国民としての義務なのかなぁ.
2005-12-12 13:36 : むっく URL : 編集
むっくさんへ
確かに投稿者の方の意見に私も激しく賛同します。私も危険な状態にならないように、例えば、自分以外の大切な人たちを危険にさらさないようにするのが、私たちが取るべき最良の策だと思います。
しかしながら、この投稿者の方は、大変な見落としをしているのでは、ないかと思います。国家単位の有事などは、あくまで個人どうこうの世界では、なくなっているからです。
軍に入るかどうかは別にして、自分の意志とは無関係に、自分の大切な人に危害が及んだら、人は、命をかけてでも守りたいと言う気持ちになると思います。
絶対救えるかは、解らない。しかし、その可能性を少なからず、増やしたい。このまま、行動を起さずに、一生悔やむくらいなら、今ここでと考えるのではないでしょうか。
2005-12-12 19:22 : taka URL : 編集
おおおお!!?!
 激論が飛んでいますね・・・いいことです。
 例えば60年前の戦争中、なぜ日本兵が「お国のために!!」と叫びながら特攻できたかというと、一因として考えられるのが教育という名の洗脳ですね。さらに、現代の私たちの大半が「戦争撲滅」といえるのもやはり戦後教育という名の洗脳によるところが大きいです。
 メディア(至極広い範囲です)は常に私たちを洗脳します。それは確実でしょう。(あなたの大好きな隣人もその一人ですよ)そんな中、なにが正しいのか、どうなるべきか、客観的に判断する能力が必要ですね。
 この個人と集団の問題は至極面白いです。また書こうかなぁ・・・
2005-12-12 21:01 : Hiroshi URL : 編集
うんうん
実際の有事においてという視点は,確かにその投稿にはなかったと思います.まぁ,新聞の投稿なので字数制限もあるし,新聞社がカット&まとめてしまう部分も多々ありますし,ね.でも多分あの論調だとカットされた部分にもそういう視点はなかったと思う.
E.フロムの『自由からの党争』読みました.“現代人(1940年代だったと思うけど)は,自らの意思で選択しているように思い込んで,実際には完全に洗脳されて生きている”というような事が書いてあった.何が自分の意思で,何が周囲に影響されたもので,自分の意思とは何処が影響されたもので何が独自のもので,しかし意思とは影響されて教育されて構築されるもの?うぅん,考え始めると奥が深いです.深夜3時の盧溝橋に突っ込みそうです.
またこういう議論しましょう♪
2005-12-13 20:56 : むっく URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Hiroshi

Author:Hiroshi
-MENU-


初めまして、こんつは。
Hiroshiと申します。
どうぞよろしくお願い致します。
私生活を脈絡なく綴る
日記ブログです。

○登山・・・鳥取県大山中心に
・まだまだ初心者です。
・米子クライマーズクラブに所属。


○バイク・・・たまにツーリング
・愛車:CBR250R 2013年式
・バイク歴は7年くらい

○カメラ始めました:
・愛機:Pentax K-70

○キャンプ・・・
・最近は登山&キャンプ、
ツーリング&キャンプの合わせ技が多い

島根県在住

月別アーカイブ

ランキング

以上のランキングに登録しております。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

ブログ内検索

PHOTOHITO

PHOTOHITOブログパーツ

アクセスカウンター


現在の閲覧者数: