FC2ブログ

平和の定義、安全の定義 

「将来の戦争の種をひそかに保留して締結された平和条約は、決して平和条約とみなされてはならない」
  -カント 『永遠平和のために』 第一章 第一条項より抜粋-


 周りは誰も信用できない。いつ攻めてくるかも分からない。怖い、怖い・・・。
  
 もし誰かが攻めてくるのなら、危険があるのなら、予防しないと、守らないと。そうでないと、攻められちゃうよ。

 さぁ武器を取って。平和を守るために。私たちの平和を守るために。

 でもおかしいよね。守らないと攻められちゃう。守らないでも攻められちゃう。じゃあなにをしたらいいの?

 例え矛盾しているようでも、それも一つの平和の機能。




 何が平和なのでしょうか。何をもってそれは言えるのでしょうか。攻撃されないことが?皆で守りあうことが?本当にそうでしょうか。何が本当でしょうか。あなたは、答えられますか?
 例え一度の引き金で何十発でも撃てる銃でも、刃渡り数センチのナイフでもそれは、きっと同じ。

スポンサーサイト



テーマ : 雑記
ジャンル : 政治・経済

2005-12-21 : 小話 : コメント : 6 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

問題提起には答えていないけれど
“小型武器の最も良い面は,相手が死に行く感覚をナイフで殺すように自身が抱く必要がないという点である”

みたいなお話を聴いたことがあります.

今回のお話とはずれてますが,思いついたので書いてみました.
2005-12-21 17:28 : むっく URL : 編集
素晴らしいブログですね^^
こちらの情報もぜひ!
2005-12-23 21:59 : TAKA URL : 編集
武力によって平和は守られてます。
自衛隊 は隊員数20万人 戦車千両
戦闘機250機 などなどの戦力を保有しています。
目的は「侵略行動の抑止」です。

単純な話ですが安全保障というものはそういうものなんです。

まず銃を向ける。
それから話し合う。
それが国際社会ですね。

2005-12-24 21:08 : しゃも(鶏) URL : 編集
返信遅れてごめんなさい
 返信遅れてすいませ~ん。最近放置気味でした・・・今日からは更新していきたいと思っています。よろしくお願いします。

>むっくさんへ
 小型武器に関しては、ちょっと残酷ですよね。今発展途上国の開発の勉強をしている知り合いの○ちゃんは小型武器が少年兵に及ぼす影響について考えててそれを抑止することに夢中です。話を聞いてみてください。かなり面白いですよ。

>しゃもさんへ
 こんにちは、書き込みありがとうございます。さらに返信遅れてごめんなさい。
 まぁまず銃を向けたら日本の場合リスクの方が大きいです。アメリカの影響下にあるとはいえその判断は少々軽率かと・・・まず、話し合うことから始めるというのが私のスタンスです。
 例えば勢力均衡論や集団的安全保障論なんてのをあげれば確かにそれはそうでしょう。でも、矛盾してませんか?まず、考えてみてください。武力によって平和は守られているとしゃもさんは言っています。しかし、そのあと"安全保障"という単語にすりかわっています。これは果たして同質でしょうか?まずは単純に辞書を引いてみましょう。すると明らかに矛盾している部分があります。それが具体的にはどのように矛盾しているのか、今の私の課題はここから始まっています。
2005-12-25 14:03 : Hiroshi URL : 編集
えーとですね。
基本的にですね。

正しくない奴がゴネるんですね。

例えば アメリカとか中国、果ては北朝鮮。
矛盾を指摘されてブチ切れないように武力で抑止する必要があるのです。

あなたの周りにいませんか?
議論に負けると大声か暴力でやり過ごそうとする人種。
(田島陽子のような種類)

矛盾を産まないことは大事ですが
それを平気で無視する国家があるのが国際社会なのだと思います。

長々と失礼しました。
2005-12-25 18:45 : しゃも(鶏) URL : 編集
>しゃもさんへ

 そうですね、国際社会は矛盾だらけです。たぶんそれは世界単位で見るだけでなく国単位、地方、地域単位、個人的な単位、全てにあることでしょう。
 上記していることなんですが、そこには確実に矛盾があります。では、そのファクターとはなんでしょう?単純に国力でしょうか?国力であるとしたらそれはなんでしょうか?まず手段としては軍事や経済や政治があげられます。では北朝鮮はアメリカと同等の軍事力や経済力などを持っているでしょうか?それは確実にNOですね。
 では、なぜ六カ国協議が開かれていて、なぜ北朝鮮を五カ国で取り囲んでいる状態を作っているのでしょうか?
 そんな感じでなぜ?なぜ?と問いつづけてみてください。たぶん、そんな矛盾を抱えている六カ国協議のファクター、なぜそんな会議をしているのか、という部分が見えてくると思います。私も現在挑戦中です。
 なんか本題とずれてしまいました。ここでは"平和"と"安全保障"の違いについて考えています。これに関しては私もまだ勉強中でわかりません。ただ、この二つは似ているようで決定的に違う部分があります。まぁそんな感じのことが言いたかったわけです。
 こちらこそ長々とすいません。また来てください。
2005-12-26 19:36 : Hiroshi URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Hiroshi

Author:Hiroshi
-MENU-


初めまして、こんつは。
Hiroshiと申します。
どうぞよろしくお願い致します。
私生活を脈絡なく綴る
日記ブログです。

○登山・・・鳥取県大山中心に
・まだまだ初心者です。
・米子クライマーズクラブに所属。


○バイク・・・たまにツーリング
・愛車:CBR250R 2013年式
・バイク歴は7年くらい

○カメラ始めました:
・愛機:Pentax K-70

○キャンプ・・・
・最近は登山&キャンプ、
ツーリング&キャンプの合わせ技が多い

島根県在住

月別アーカイブ

ランキング

以上のランキングに登録しております。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

ブログ内検索

PHOTOHITO

PHOTOHITOブログパーツ

アクセスカウンター


現在の閲覧者数: