FC2ブログ

日中関係改善のための情報統制はすべきか

 ・・・おぅ、ヒット数がめちゃあがっている(汗)昨日カテゴリー分類のときに連続アップしたからだろうか・・・
 基本的にこのブログは一日一回更新です。(たまに二回とかになりますが・・・)

中国、日本政府に報道規制要請・日中関係改善に向け
日経新聞  2006/1/10


 中国側が日本に情報統制を求めてきたらしいです。情報統制、資本主義ではありえません。社会主義と資本主義は政治、経済システムでは互いに折衷している部分もあるんですが、情報という面に関しては大きな隔たりがあります。内政ですらかなりの批判を浴びせる資本主義のメディアは一党独裁という社会主義の政治体制では理解できないというところがあるのでしょう。日本のメディアが情報規制をする必要はありませんし、政府がそれを強制する権限もありません。(憲法にも表現の自由がありますしね)
 問題はそれらのメディア(なるべく客観的なもの)を私たち日本人がどのように解釈し、その後その情報をどこへ持っていくのかというところにあります。それらを客観的に分析し、外交面でどのように活かしていくのかというところが重要なのです。
 ちょっと別の記事で例をあげましょう。増税に関する記事でそれをどのように処理するのかという問題です。

中川自民政調会長、消費税率上げ「想定の半分へ努力を」
日経新聞  2006/1/10


 消費税増額、どうなるのでしょう。これに関しては二通りの議論があります。

1、増税すべき
2、増税は留まるべき

 当たり前ですね・・・増税に関しては大小の主張の違いはありますが確実にこの二つに集約します。では、この問いになぜ増税すべきなのか?という疑問を付け足してみましょう。

1、赤字国債があるから
2、日本の税収は少なすぎるから

 私が考えられる理由はこのくらいでしょうか。私は現時点での大幅な増税は反対なので増税すべきという主張の理由はよく知らないです。主張に「なぜ」という概念をいれて考えていくと論が完成していきます。
 中国の情報統制の要求は日本では考えられないことでしょう。しかし、現在の日本人は様々な情報を客観的に解釈していないように感じます。なぜ、それが問題定義として成り立つかということを論として完成させる能力を身につける必要があるでしょう。
スポンサーサイト



テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

2006-01-10 : 外交・安全保障 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Hiroshi

Author:Hiroshi
-MENU-


初めまして、こんつは。
Hiroshiと申します。
どうぞよろしくお願い致します。
私生活を脈絡なく綴る
日記ブログです。

○登山・・・鳥取県大山中心に
・まだまだ初心者です。
・米子クライマーズクラブに所属。


○バイク・・・たまにツーリング
・愛車:CBR250R 2013年式
・バイク歴は7年くらい

○カメラ始めました:
・愛機:Pentax K-70

○キャンプ・・・
・最近は登山&キャンプ、
ツーリング&キャンプの合わせ技が多い

島根県在住

月別アーカイブ

ランキング

以上のランキングに登録しております。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

ブログ内検索

PHOTOHITO

PHOTOHITOブログパーツ

アクセスカウンター


現在の閲覧者数: