FC2ブログ

20171230大休峠BC(夜間雪中行軍)

20171231_080531.jpg


新年あけましておめでとうございます。
本年も色々よろしくお願い致します。

2017年最後の登山は前年と同じく、12/31の大休峠になった。
大きく違うのは去年は俺はスノーシュー。
今年はスプリットボードになったことだった。
バックカントリーが楽しめる!
とても楽しみ!!
しかし、色々あってそうはならなかった。

2017/12/30 16:00美容室森加に集合し、
森加さんと香取登山口に向かう。
当初はどこかでラーメンでも食って、それから登ろうという話だったが、
日もまだ高く、天候もよかったためとっとと大休峠避難小屋まで行って、
それから考えようという結論に至り、
食材やら酒やらを買い込んですぐに登山口を目指す。
雪は少なく、気温も高く、風もなく、
楽勝の大休峠になると思っていた。
当初は。。。
大きなどんでん返しがそこから始まる。

20171230_164529.jpg

香取登山口から見たアーベントロートの大山北壁。
写真では伝わらない感動がそこにはあった。

サクッと登山モードに切り替え、がりがり登り出す。
初めは三時間程度の散歩山行になると思っていた。
大きな間違いだった。
とんでもない藪。
時間が過ぎるごとに見えなくなっていく山の稜線は、
恐怖すら感じた。
跋扈する獣の群れ。
10m先をイノシシが三頭走り抜けていった。

なにより慣れないスプリットボードでの歩行。
足運び、身のこなしがわからない。
途方に暮れてどんどん体力が消耗されていく。
17:00香取登山口
20:30大谷。
ここまではかなり順調ではあったが、
体力的にかなり消耗していた。
ここからが戦いだった。

大谷を越え、稜線沿いに一時間程度で大休峠避難小屋までたどり着けると
俺は考えていた。
考えが甘かった。
経験が浅すぎた。
夜間で何も見えない中で藪漕ぎもかなりの体力を消耗し、
結果論で言えば大谷から大休峠のルートから大きく逸脱し、
よくわからない山中に迷い込んでいた。
よくわからない谷を何度も越えた。
厳しい藪を何度も漕いだ。
自分一人ではどうすることもできないような
厳しい山がそこにはあった。
幸い先導が経験者の森加さんであったため、
自分が何度も弱音を吐いたが、
それを叱咤し、さいごまで先導してくれた。
かなり体力的にしんどかったが、
先導してくれたのが森加さんで本当に良かったと思う。
何度もくじけそうになった。

23:30。無事、大休峠避難小屋に到着する。
ボロボロだった。
寒い。
途中フリースを着こんだが、それでも寒かった。
何より空腹だった。
小屋に入り、最初に食べたのは100円のクリームパンを
食い漁ることだった。
クリームパンがおいしかった。
なんて甘いのだろう。
それから持って上がったホルモン鍋グッズを煮込んで
ツェルト鍋を作って食べる。
ビールがおいしい。
-2度の避難小屋の中だったが、
肉を食っただけで温まった。

20171230_234334.jpg

酒も食い物もほとんど食べなかった。
すぐに満腹になり、すぐに酔った。
最後に雪を取ってきて煮込んでお湯にし、
ナルゲンのボトルに詰めこんで湯たんぽにした。
それを寝袋に詰め込んで寝た。
とても気持ちよく、あたたかな寝床だった。
俺の寝袋はモンベルの三番で1度までしか耐えられない仕様のはずだったが、
湯たんぽがあるだけで快適に睡眠がとれた。
三時間経ったら湯たんぽがぬるくなってしまったので、
起きてもう一度沸騰させてボトルに入れ、
再度寝袋にくるまった。
熟睡だった。

7時。
大休峠避難小屋で目覚めた。
気持ちの良い目覚めだった。

20171231_080531.jpg

2017/12/31の大休峠避難小屋。
雪は少ない。

早々に朝食を取り、
8時には下山を開始した。
下山途中、スプリットボードに大きな異変がある。
インターフェイスについているねじが二本取れていたのだ。

20180101_151313.jpg

あまりに激しい登山だったからだろうか。
ねじロックもついてたインターフェイスだが、
ねじが取れた。
これではビンディングが板につけれず、
歩行ができない。
板を抱えてのツボ足での下山を覚悟した。
たまたまツェルト用のロープがいっぱいあったので、
インターフェイスをロープでぐるぐる巻きにし、
なんとか歩行できるようにしてそのまま降りた。
最後にちょっとだけ滑走もでき、BCらしいBCになった。

怖かった。
下山後、すぐにホームセンターに行き、
M6の10㎜ボルトを買い足して
ポジションをしっかりとり、ねじロックで頑丈に締めこんで固めた。
バックカントリー、簡易工具と予備のねじ、ナットは必須だと実感した山行になった。
すごい勉強になった。

よい思い出になった。
しっかり修行をしての下山だった。

下山後、雨が降っていたがTの墓参りに立ち寄る。
その日がTの一周忌だった。
空の上でみんなの山をしっかり見届けていてくれるだろうか。
スポンサーサイト



2018-01-02 : バックカントリー : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

Hiroshi

Author:Hiroshi
-MENU-


初めまして、こんつは。
Hiroshiと申します。
どうぞよろしくお願い致します。
私生活を脈絡なく綴る
日記ブログです。

○登山・・・鳥取県大山中心に
・まだまだ初心者です。
・米子クライマーズクラブに所属。


○バイク・・・たまにツーリング
・愛車:CBR250R 2013年式
・バイク歴は7年くらい

○カメラ始めました:
・愛機:Pentax K-70

○キャンプ・・・
・最近は登山&キャンプ、
ツーリング&キャンプの合わせ技が多い

島根県在住

月別アーカイブ

ランキング

以上のランキングに登録しております。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

ブログ内検索

PHOTOHITO

PHOTOHITOブログパーツ

アクセスカウンター


現在の閲覧者数: